認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ あなたは境域の守護霊さん?TOP認識のさんぽ ≫ あなたは境域の守護霊さん?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

あなたは境域の守護霊さん?

境域の守護霊さん・・
すごいネーミングですが・・

この方は、神秘学徒がある地点まで歩んで行った時に
ある境界から外へ踏み出す際に立ちはだかる方なようです

この話は面白いけど、いまひとつピンと来ないものです

この方はとてもおぞましい様子をしているようなのですが
実は今までの自分自身の姿なのだそうで
そういうものに、自分が対面させられるということのようです

自分の過去おばけみたいなもの?

・・・て、どうしてこの話をするのかといいますと
今自分が実生活で出会っている現実の方が
なぜこんなにも私の前に立ちはだかるのかしら?
・・と、思っていたときに思い出したのが、この境界の方のことです

基本、神秘学徒にとって現実の生活は、自分自身の鏡のようなものだと思うので
仮に、その視点に立って見るならば、もしかしてそうなのかもしれないと思ってみて、
その出会いに対する、自分の中の責任を考えてみたいです

でも、もしそうなら、自分は今どこからどこへ踏み出そうとしているのか?
ということも問題になってきます

で、ちょっと予測しているのは
自分=非自分みたいな、そういうことが楽しんで出来るところへ
入っていけそうな気がしていることです
だからこのことは、少し積極的に取り組んでみたいテーマです

というのも、その立ちはだかる方は常に、非自分を恐れてまわりを批判したがる方で
それがあまりにも度を越しているので、みんなに呆れられてしまっていますが・・

自分ではすごく世のため人のため、真心と真実で生きていて
信心ぶかいつもりで、神様のお札まで職場に持ってきて(ちょっと、こわいです・・)
自分には神がついている・・・って

そういうところは、多かれ少なかれ誰にでもあるのかもしれませんが・・(?)
誰しも自分がかわいいし、人のためになっていると思いたいし、
つらいときには神がついていると思いたい

でもいくらなんでも、みんなが全部悪くて、自分は全部正しいと
そこまで勘違いしてしまって、そのうえ神がついていると思ってしまったら
かわいそうだけど、漫画になってしまいます

あ~もしかしたら、これが過去の自分の姿のカリカチュアなのか?みたいな
ちょっと、心当たりが無いでもなく・・
シュタイナーみたいなものを読んでる人の陥りがちな・・
もしそうだとしたらショックだけど・・

もし、私がそれを直視してみることができるなら
そしてそれを越えるものを自分の中に築くことが出来るなら
その方はその悲しい役割を終えることが出来る・・??

これがまったくの妄想だとしても、何かしら得るものはありそうな・・?

ちょっと実験してみたいです
関連記事

Comment

vs自分
編集
ソクラテスがはっきりと断言していたことは
「自分は無知であることを知っている」でした。。
周りの環境やら。。圧力やら。。諸々に押しつぶされそうになりながら。。
自分を知ることが出発点ということは。。真理?なのかと思います。。

なんの根拠もありませんが^^;
境域の守護霊さんみ出会えた時の自分の心の持ち方みたいなものが。。
その先の道標になるのでは?とか思いました。。

hasutamaさんが。。自分の内としっかり繋がるということに繋がるのかな。。
2009年11月29日(Sun) 20:05
自分を知る
編集
これは究極の目標ですね

自分を知るものは全てを知る・・・って、誰の言葉だったか

どうやって自分を知るのか、わからないけど

日々の違和感からも、自分の姿が見えてきます

そう思うと、何もかもにワクワク出来そうですi-239i-260
2009年11月30日(Mon) 23:21
初コメよろしくです。
編集
何となくですが思い当たります。
自分が正しいって思いこんでた時期があります。
自分は頑張ってるし、こんなに考えてあげてるって。
今は、何この人やな人・・・って、この時期の私だ~
じゃあ、きっと根はいい人ね、なんて、なんだか恥ずかしくなります。
話が薄くてごめんなさい。
2009年12月01日(Tue) 13:25
こちらこそよろしく!
編集
まーしゃんぴんさん!
コメント有難うございます
そんな、全然薄くなんかないですよ~
みなさんがコメント下さって、もう1度よくよく考えてみて・・発見してしまったのですが
これは過去ではなくて、いまも自分はそのままだ!・・と
自分は正しくて人のためになっていて神がついている・・って心の底の底では思っている気がします
たしかに、恥ずかしいのですが、でも反省するべきなのかどうかわからなくて、もしかしてそれはそれでいいのかもしれません
まったくそうでない人が、はた迷惑なときだってあるでしょうし
自分を正当化してなきゃ生きられないし、自尊心も大事だし~
違うのは、そういう自分を把握できたということで、そうすれば自分の行動に自覚と責任が持てるi-179
・・・って、いつまでもごちゃごちゃ考えるのが好きな私ですが、まーしゃんぴんさんの、とても賢く繊細でいらして、しかも率直で飾らない雰囲気が大好きですi-237
今後ともよろしくおねがいします!
2009年12月02日(Wed) 07:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。