認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 自由意志vs合法則性TOP認識のさんぽ ≫ 自由意志vs合法則性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

自由意志vs合法則性

今、種の発芽実験にはまっている

去年は、発芽さえうまくいかなくて、
畑の収穫物は大根数本だけだった

タイミングよい発芽
今年はそれが一つのテーマである

毎日毎日、種や双葉を観察していると
いつのまにか、植物達に話しかけている自分に気がつく
「わーい、種子ちゃん達、ママですよ~ おはよう!」
「この子ったらまだ出てこないつもり?
 いったい何が不満だって言うの!?」

え~、別の話になるが、
シュタイナー氏の哲学書『自由の哲学』をちびちびと読んでいる
どうも先に進めないので、もう一度何にひっかかるのか調べたところ、
彼が言う「自由意志」という言い方というか、その概念に、
違和感を覚える気がした

それは本の中心テーマなのだから、
ここにひっかかってみるのは、必要な停滞だと思う
意志が、自由or不自由とは?
意志という言葉そのものの中に、
自発的であることが含まれているんじゃないかと思うのだけど!?
「自由意志」?訳の問題?

そんな私に、双葉君からのメッセージ
「ちなみに僕たちには、自由意志はないんですよ
僕たちは、合法則的に生きているのです」


そこで、通りかかった夫に
「ねえ、聞いて聞いて!植物には、自由意志はないの」
夫「え?・・そ、そうだね~」(作り笑顔で)

階段を駆け上がって、絵を描いている娘に
「ねえねえ、植物には、自由意志はないのよ
常に法則性の中で生きているの」
娘「うーん それは・・間違いないね」

法則に沿うということは、自由意志で行うということではない
植物は人間よりも理論に忠実と言えるかもしれないが
それは自由意志によるのではないから、
理論、法則に完全に従属して、その生があるということ

ん?じゃなくて・・
そもそもセンサーはあっても、意識は無いのだし
従属とか、自由とか、関係ないよね
植物は、法則的生命というか、理論そのものが生を持ったもの

(理論→理論としての生命→生命としての意識→意識としての理論・・?)

とりあえず、いくつかのヒントが与えられた気がした
双葉君たち、どうもありがとう


おしまい




関連記事

Comment

編集
コンニチワ!

風のような自然な想いですね~。
とっても気持ちよくなりましたよ~。
2013年02月28日(Thu) 18:28
なりびとさん♪
編集
そうですか?ほんとに?嬉しいです~i-239植物と魂は、一緒に考えてみると面白いような気がしています
シュタイナーさんが言う人間の自由意志は、植物の成長点みたいな部分じゃないかなーと、思いました
なりびとさんの魂胆図も、魂の成長点の天気図のように思えてきます(勝手にこじつけて考えてすみませんi-201
魂の成長点における自由は、不安をともないますが、そこが未来、偶然、世界、あるいは、神のようなもの、私とワタシi-236の接点なのかも?・・なんて
いただいたイメージが、つながりそうな時って楽しいです♪
いつも有難うございます!

2013年03月02日(Sat) 06:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。