認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 「イメージ→お買い物」に気をつけるTOP認識のさんぽ ≫ 「イメージ→お買い物」に気をつける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「イメージ→お買い物」に気をつける

色々な角度からの情報を見たいと思い、
ラジオ・イランのニュースをのぞいてみた

今日見ると、日本はアメリカから兵器のお買い物をするようだ
兵器のお買い物
このニュースは、日本では知らされているのか?

ちょっと前まで北朝鮮がミサイルを発射すると言って
テレビでは「ミサイル、ミサイル」と・・
衛星ロケットだが、しかしミサイルなのだということで
ミサイルという言葉を十分に印象付けていた

それで、何を買うのかというと、もちろんミサイル防御システムで
お値段は、4億2100万ドル♪

4億2100万ドルというと、日本円では・・
え~換算してみると
3兆6400億円



こうしたお買い物は、どのような手続きを経て行われるのでしょう?

イメージの植え付け→お買い物

普段の消費行動においても
国家のお買い物においても

誰のお金で、どんなイメージにより、誰にお金が渡るか?
そのお金の行き先の方が、お金を得るためにイメージを作っていないか?
そんな漫画のような、オウム事件のようなことが、
国際的な規模から、日常生活にまで、人類全体をおおっているのではないか?

一人ひとりの人が自分の持つイメージに対し受動的でいることが、
どれだけのことを許してしまうか
受動的でいることが、十分「野蛮」でさえあることを
自覚しなくては・・


きつねにだまされた人は、きれいなお姉さんのいるおうちによばれて、
素晴らしいご馳走を食べておなかいっぱいで寝ていると
通りかかった人に起こされ
実は寒い野原の真ん中で、馬糞をほおばっていたことに気がつく・・
などというのがパターンなよう
きれいな人とかご馳走とか・・きつねはつぼを押さえている

私たちは科学的な、論理的な時代に生きていて
迷信の時代を、笑い飛ばすほど利口なのか?

増税してまで集めるお金の行方を、
意識をはっきりさせて見張らなければまぬけすぎる

今日もアーサー・ビナードさんの講演を聞いてみました
2010年の講演で、今日の日本のことを完全に見通している彼に驚きます




関連記事

Comment

編集
こんにちは。
アーサー・ビナードさんのお話、いいですね。とても分かりやすいです。

アーサー・ビナードさんが、憲法を生かすために、憲法をミイラ化してはいけない、と言われていますが、同じようなことを、むのたけじさんも仰っています。「憲法はぞうきんのように使え」と。私たち一人一人が憲法をもっと身近なものとして、生活に生かせるように使えていけばいいのでしょうね。

このアーサー・ビナードさんの映像、私もブログで紹介させて下さい。今、憲法に関する本を何冊か読んでいて、そこに書かれていることとつながることがあります。
2012年12月29日(Sat) 14:51
愛希穂さんへ
編集
もめ事を起こしておいて、そのもめ事こそ現実なのだから、現実に沿った改正が必要などという「ペテン」がまかり通ってしまうなら本当に情けないですね
そもそも憲法は「理念」のようなもので、理念を現実に生かすことが必要なのであって、現実に理念が引きずりおろされるなら、その国民は憲法など持つ資格はない気がしてしまいます
そもそも憲法とは何なのか?そこから学びなおし、愛希穂さんがおっしゃるように普段から憲法を身近に生かす努力が必要なのでしょうね
ぜひぜひ愛希穂さんのブログで、たくさんの方にご紹介下さい!
2012年12月29日(Sat) 20:17
編集
hasutama さん。新年のご挨拶申し上げます。
今年もどうぞ仲良くしてくださいね!^^

考えれば考えるほど馬鹿馬鹿しく、まったく理解不能な今度の選挙。
そのショックからまだ立ち直っていない彼岸花です。

『私たちは科学的な、論理的な時代に生きていて
迷信の時代を、笑い飛ばすほど利口なのか?』

hasutamaさんのこの言葉がすべてを表している気がします。
『原発を稼働しないと日本の経済が駄目になる』…
『TPPに参加しないと、日本は世界経済の動きに乗り遅れる』…
『原発やめるというのなら、核のゴミの問題考えてから言え』…
『中国や北朝鮮が攻め込んできたら、おとなしく無抵抗で首を差し出すのか』…等々等々…

これらは一見賢そうな論理的でありそうなもの言いです…。
彼らは、原発にやみくもに反対しTPPお化けをも恐れる人々を、
虚妄の輩でもあるかのように見下した言い方をします。
現実に目を見開け!
自虐的歴史観は非論理的だ!ただちに原発ゼロなんて虚妄だ!……

でも無知蒙昧はあなたたち。

畏れ、というものを知らない人間は怖いです。

アーサー・ビナードさん。大好き。
この映像。持って帰ってゆっくり見せていただきますね~♪

hasutamaさん。今年もいろいろ教えてくださいね♪^^
迷彩服を着た似非賢人より、あたしもいつも頭が疑問符でいっぱいの
子きつねちゃんでいたいわ♪ ね?^^






2013年01月03日(Thu) 01:14
彼岸花姉さん!
編集
こちらこそ、こちらこそです
妄想癖のある妹を、宜しく御願いします!
アーサー・ビナードさんも、彼岸花さんも大好き♪
言葉の力で、魂を温めてくださるからです

ビナードさんはこの講演では笑顔が少ないですね これほどの内容を言うことに、緊張されているのか??甘いマスクに、やわらかい言葉・・しかし、お話は、震撼せざるを得ないような内容ですよね

核開発に国民のお金を使ったことへの言い訳に日本に原爆を投下したというお話、東西冷戦は核兵器製造にお金をつぎ込むことを正当化するために示し合わせていがみ合っていたというお話・・どうなのでしょうね?今の日本を見ていると、全然ありうると思えますけれど・・ でも人間の歴史が、そこまでとてつもなくひどすぎる場合・・唖然として気持ちがうつろになってしまいますi-201

本当の世界、人間の姿を、はっきりと見てみたい・・でも、見ることに耐えられないこともあるかも・・i-282

しかし・・もしそうならそうで、もう開き直って、逆に自分に自信が持てそうな気もします 生き方にはどこか素っ頓狂なほどの決意が必要だよと、自分にも子どもたちにも言いきかせたいですi-100 

 

2013年01月03日(Thu) 19:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。