認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 路傍の土TOP認識のさんぽ ≫ 路傍の土

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

路傍の土

アスファルトの道の端っこにある
吹き溜まりのようなところの土(砂)には注意が必要です

埼玉でも、この土のベクレル数が万の単位となっている

これを、行政の人とか科学者とかではなく
また東電の方でももちろんなく
小さな子どもを持つお母さん達が発見し
測定しているのが現状で

私なんかすっかりへたれているのだけど
お母さん達は頑張りを継続している

うちの近所で「路傍の土」が見つかったところは
長女が赤ちゃんの頃、よく遊んでいたところで
なかなか立ち上がらず、その公園の中でもハイハイしてしまい、
まるで犬の散歩みたいだった

小さな子なら手をつくようなところに
何万ベクレルのものがあり
まだ何の対応もされていない

身近なところに恐ろしいものがあるような現在
この状況を作ってきた過去を振り返り
せめて生活の安心、安全を、守れるように
未来を託すことのできる政党、政治家を・・

いやとりあえず、目の前の汚染に対応する可能性のある人を
選挙で選ばないと・・
犬の散歩さえ安心して出来ない
公園で座ることも躊躇する
道路を疑心暗鬼で歩行する
でもそんなことしていると風評被害と言われ
世間から孤立してしまう

NHKのニュースキャスターは
本当に痴漢行為をしたのかな?
以前反原発活動をしていた市民が、同じように逮捕されたんじゃなかったかなと
「酔っ払って電車で痴漢」て、はめられるパターンじゃないの?と想像し
すぐに謝罪をするNHKにも、不信感を持ってしまった

なんてことばかり考えているから
調子悪くなるのよと家族に怒られつつ・・

ホラーな現実を変えよう!
後悔しない一票を!

(支離滅裂ですみません



関連記事

Comment

編集
こんにちは。
ほんとに、そのような現実はどこかに押しやられ、またぞろ原発推進の政党が、権力を奪回しようとしている。今、テレビが盛んにとりあげているような政党は、いずれも原発推進。
もう、あの池田信夫氏などは、小躍りして自分のブログに勝利宣言みたいなこと書いています。
あのような信じられない事故。それはまだ、こうして継続中だというのに、人々の体をむしばみ続けてるというのに、こんな政治しか選べないなんて、信じられませんね。
hasutamaさんが、お体の具合悪くなさるのもわかりますよ…私も、何もかも忘れて、自分の好きな世界、美しいものだけ見て暮らしたい…

どうか、ご無理をなさらないでくださいね。
この状況では、日本はもう、行くところまで行ってしまうのでしょう…どこが政権をとっても、ねじれは続く。たぶん、事実上の大連立という形で、望ましくないことがどんどん決められていく政治が今後数年続くのだろうと思います。・・・・・・
その時になって、国民がどういう選択を再びするか…それを待つしかないのだろうな、というふうに思っています。
元気の出るコメントでなくってごめんなさい。i-201

お嬢さまたち。すてきですね。
若い人はいいなあ…!^^
2012年11月19日(Mon) 12:30
彼岸花さんへ
編集
俺にはコミック雑誌なんかいらない・・って歌がありましたけど、ホラー映画もいらないですねi-201
なんて、甘えて愚痴れるのもお姉さまが理解してくださると安心しているからです

身近な人に路傍の土のことを、
この人なら!と思い切って話してみても、「それは以前の核実験のときのものでしょう?」などと、ピンとこないみたいですi-282

興味を持って自分で知ろうとしていないと、わからないのですね
でも、もし森本アナウンサーが痴漢だと報道されれば、すぐに信じるのか・・

こういうの、ほんとに気味悪く、恐ろしく思います

一事が万事というか
民族魂刺激策で安倍さんがヒーローに・・

キツネにだまされるほうが、やっぱりよかったなi-100

いつもいつも、素晴らしい記事を読ませていただき有難う御座います!



2012年11月19日(Mon) 20:27
編集
ほんとほんと。きつねの方がどれほど上等か知れないわ!^^i-100
2012年11月19日(Mon) 23:49
彼岸花さんへ
編集
それともキツネもエリート化して、電通に入社しているのかもしれませんねi-201








2012年11月21日(Wed) 09:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。