認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 絵本ともだちTOP絵本 ≫ 絵本ともだち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

絵本ともだち

昨日の朝、愛犬と散歩していたら
登校班の集合場所に走って行く、小学生の女の子とすれ違った

女の子は急いでいると思ったのに
ちらりと私を見ると、こっちに向き直って
目の奥のほうがきらっと光るような・・不思議なまなざしで
私を見つめるのですね

何?と思ってよく見ると
あ~!大きくなっているのでわからなかった!
私の絵本ともだち♪
「いってらっしゃい!」と言うとニコッと笑って走って行った

私は絵本を集めるのが好きで
それから、好きな絵本の面白さを誰かと共有したいと思っていて
何年か前に、近所に小さな女の子がいるのに気がついて
押し付けがましいと思いつつ、何冊かの本をプレゼントした

それからしばらくたって
あの本たちはすごく面白いですねと
お母さんが言って下さって、私も嬉しかった

調子に乗って、お母さんに
「あの中に、豚のお話はありましたか?豚が旅に出るお話なのですが
 豚ちゃんがつかまってしまって、
 でもドアの下のすきまから飴をもらったりする・・」
(しばらくたってしまったので、自分で渡したのに忘れている
それは無かったとのことだったので
「それもすごく面白いの!またポストに入れておくね!」
そのとき、女の子は、
読んだ本のことを私と話したく思って駄々をこねてくれたのだが
もう夕方で、暗くなっていたのでゆっくりお話できなかった

ところが、そう言ったものの、家を探してみると、
出てきた本は表紙がすごく汚れていて
えーどうしよう、これじゃいくらなんでもかわいそう
なんて思っているうちに日が過ぎて

あるときその女の子と道ですれ違ったら
私のほうを、とても悲しそうな目で見るではありませんか!
いけない、いけない!とあわてて本屋さんを回って絵本を発見し
他のお奨めの本と一緒にポストに入れておいたの

どうだったかな?
あの目からすると、楽しんでくれたのかも?

心の中で人と素敵なものを共有できるって
なんて楽しいのでしょうか
目と目だけで、お互いの思いがわかるんです!
(私だけの思い込みでなければね)

登場人物(いや動物)たちの、なつかしい姿♪↓
こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21)こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21)
(1988/06/25)
ビアトリクス ポター

商品詳細を見る


ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1975/10/20)
ウィリアム・スタイグ

商品詳細を見る











Comment

No title
編集
絵本はいいですね。
ほんとに世代など超えて、目と目で理解しあえる…
そんなきっかけを与えてくれます。
絵本には国境も年齢差も時代の違いも無いのが嬉しいですね♪
残念ながらこの両方とも見てないけれど、ビアトリクス・ポターの絵は大好きですし、ウイリアム・スタイグの絵も、いいですね。
瀬田貞二さん!なんて懐かしいのでしょう!この方の訳した児童文学にはずいぶんお世話になりました!
神宮輝夫さんなどのお名前と共に、とても懐かしいです!
2012年10月27日(Sat) 12:35
彼岸花さん♪
編集
コメント有難うございます\(^▽^)/

だいたいが、私などは頭の中がぽーっとしていまして、情報処理能力も少ないので、絵本ぐらいが一番安心できますi-229
あまり複雑なことになってくると、どっかの回路がショートしているのが実感されます
でも、どんなに複雑に見えることも、時間的、空間的に、ものすごく俯瞰すれば、物語みたいなものなのかもとも思います

そういえば、テレビなんかでは、いいように演出が行われて物語が創出されている気がして仕方が無いです
かけがいのないひとりひとりの物語が無視され、安っぽい漫画みたいな世界に巻き込まれるなんて最悪ですね 

ビアトリクス・ポターさんの物語は、平凡な出来事の描写のようでいて、辛辣さというか、毒が含まれていて、それなのに美しくかわいい絵で表現されているので、ますます可笑しいです そんな高級な皮肉を、小さなお友達と一緒に楽しむことが、とても愉快ですi-239

子ども達はみんな遠くへ行ってしまったのに、自分だけが絵本のお部屋に取り残されてしまったような気がして寂しいですけれど・・絵本の世界に入り込む楽しさを教えてくれた子ども達に感謝です

彼岸花さんの、あの小さな女の子は最近どうされていますかしら?・・また続きがあると嬉しいですi-100

2012年10月27日(Sat) 22:04
こんばんは
編集
わたしも絵本が捨てられなくて
たくさん置いてあるのですよ^^
場所を取るからもう処分したらと言われながら
絵本のなかに入り込んだ思い出が蘇ってくると
過去を消さないように
本棚のとっても良い席に置いてあるのです。

女の子にプレゼントした本のなかに
きっとhasutamamoも登場人物になって入っているでしょう^^


2012年11月19日(Mon) 23:43
ひよっこさんへ
編集
やっぱりひよっこさんも?
ひよっこさんのブログも絵本みたいに
生き物達の楽しい物語がいっぱいですね
だから遊びに行くと心が思いっきり深呼吸できます♪

hasutamamoは太っているように見えて
小さな隙間からも入れるので
おや?というようなところに登場します

ハリネズミおばさんの洗濯したハンカチの上でお昼寝したり
ほわほわ森で迷子になってみたり
絶望したロバのリュートに潜んで旅に出たり^^

2012年11月20日(Tue) 19:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。