認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 美しい天草の・・苦海・・浄土(><)TOP認識のさんぽ ≫ 美しい天草の・・苦海・・浄土(><)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

美しい天草の・・苦海・・浄土(><)

昨日のNHK「クローズアップ現代」、
昨今のデモのことを取り上げてくださるようでしたが
どうだったのでしょう?

夕べは、上司に教えてもらったラーメン屋さんを探して
夫と一緒にさまよっていたら思いのほか遅くなってしまい
見そびれてしまいました~

ただ、その前の日のクローズアップ現代は、
偶然見ることができました

水俣病訴訟での被害者認定の線引きが
まるで原発事故後の同心円による避難区域の設定にも似て
実態に即していない
そのため病に苦しむ方たちが、長い長い年月をかけて
訴えていかなくてはならなかった

汚染されたお魚を、子どもの頃毎日のように食べていた
その証明が必要だという
お父さんが漁を行っていたところが汚染地域だったのだから
漁の許可証に、海の領域を示す地図がついていることで証明できるのでは?
ところがそれではダメなのだそうで
食べたことの証明をどのような形で行えばよいというのでしょう?

天草の自然は本当に素晴らしく、
私は、あんなところに住めたらな~と
ただただ憧れていたのです↓

写真 (2)

水俣病のことを、なんとなく聞いたことはあっても
なんだか怖いし、過去のことだと思って
よく知ろうとしなかった

実際自分が旅した美しい場所で
そのような恐ろしい出来事があったと
やっとはじめて、自分のことのように感じられました

もしかしたら、私自身のこの他人事のような感覚が
地方を打ち捨ててきたことが
その気持ちの蓄積が
原発に行き着いていたのかも?とも感じられます

考えてみれば・・私の母の故郷、島根県の山奥にも
鉱毒による汚染があり
私が今住んでいるところの近くにも
足尾鉱毒事件を封印した渡良瀬遊水地があります

正直、そういう事件は過去のことだと思っていました

でも、内山節さんがおっしゃる「文明の災禍」は
過去から現在にかけて、ずっと続いている
問題の本質は、同じだという気がします
日本だけでなく地球のどこかかもしれない
優雅に見える生活の裏側で、どこかに醜いものを垂れ流してきたし
今も垂れ流し続けている

今回の原発事故で、自分の食べるものや吸う空気、飲む水、歩く大地に
汚いものが混じって、それを恐怖し
はじめて垂れ流された側の気持ちに、少し寄り添うことが出来たのです
自分だけは美しい側にいるから安心・・というこの心こそが醜いもので
バカなのです(自分です

クローズアップ現代にゲスト出演された石牟礼道子さんの言葉で
特に印象に残ったもの

半世紀を経て思うこと
患者たちと東京によく行った。
患者は「日本という国はなかった」と言う。

「東京まで行っても日本という国は、どこにあるかわからなかった。」

↓は、ネットでは確認できないのですが、放送で言われていたように記憶している言葉

「この海の汚染を前にして、すべての宗教は滅びた・・と感じた」

しかし・・「全てを許す・・チッソも、国も、差別をしてきた人たちも・・」
とおっしゃりながら、亡くなっていった方のお話もありました

浄土と言うのは、この方達の心のことだ・・と感じますが
そんなことを私が言える立場でもありません・・

身をもって、災禍を引き受けてきた方たちがいらっしゃるということ
この、深すぎる絶望を、原発の事故が起きて初めて
ほんの少し理解できる気がする・・というのも、まったく失礼な話です

いったい私に何が出来るのでしょうか





関連記事

Comment

こんにちは
編集
日本では、ほんとうに大切なことを
見て見ぬふりをするような
ことがあちこちで起こっているのですねi-241
日本の国は、まだまだ貧しい国なのかもしれません。
そういうところにもちゃんと目がいくようになったらほんとうに豊かな国と言えるのでしょうね。

自分の生活に精一杯で
ほんとに身近なことになってから声をあげるようではいけないのでしょうね。
でも自分にできるところで
少しずつでも
大きな力になりますようにと願いを込めて
毎日の生活を送っていることで
いつかそういう日本に近づいていくのじゃないかなあと思ってみたりしています。


hatutamaさんのブログには、いつも一貫したものがあって心がこもっています。
伝わって来るものがあります(^^♪
暑い夏、お体には、くれぐれも気をつけてくださいねi-236
2012年07月28日(Sat) 11:50
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

お久し振りでございます。懐かしい画面…。

僕はすべてを手放して来月移転します。子どもたちも
楽しみにしています。ほとんどジプシーみたいな感じです。

また、ゆっくり訪問しますね。では、また。お元気で^^
2012年07月29日(Sun) 20:46
ひよっこさんへ(^^/
編集
え~っと・・
単純な発想で、九州=安心みたいに思っていて、それから、九州でもそんな事件が?安心じゃないの?・・そーゆーふうに翻弄される自分って、なんだか嫌だなi-201と思います

被害者的発想だけではなくて、創造的にあるべき価値を築くことに参加できたらと願います 
ひよっこさんの畑のみなさん、川辺に集う鳥のみなさん、クリちゃん・・みんなが大事な存在で、一緒にいるから楽しいi-80多様な者達との豊かな暮らしを表現してくださるひよっこさんも、新しい価値の創造者ですね その願いは絶対大きくつながっていきます!

私も自分の大好きなものを大切にしながら、願いを膨らませることが出来たらなi-100

諦めず、模索してみますi-201

2012年07月30日(Mon) 18:35
すー様!?
編集
キャー本当に、すー大使様ですか!?
やっと、お帰り下さったのですねi-237

「綾」は以前よりネットで拝見し、注目していました!
九州の大きな大きな力(ママ宇宙的)に、今、三女も育んでいただいており、
なんだかすごく身近な気がして、勝手に嬉しくなっていますi-228

ブログ、ホームページからの発信、ものすごーく楽しみにしていますi-80







2012年07月30日(Mon) 19:49
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年07月30日(Mon) 22:22
鍵コメ様
編集
おいでくださり、有難うございます!

世の中の現実に直面するのはつらい作業で、自分が壊れてしまうのが怖くて、つい顔を背けてしまいます・・i-227
今回の原発事故を見守る中で否応無しに、それを客観視するだけでなく、その中に生きなければならないことの苦しさを、ほんの少し理解した気がします

苦しさを与えた側は、はじめからそれを理解する気など無いなかで、苦しさの中にいる側が、それを相手に知らせたり証明する労力をかけなければならない・・とはいったいどういうことなのか?手続きとしてはそうでしかあり得ないとわかっていても、おかしな気がしてしまいます

でも私がそう思うのであれば、私自身が苦しさを与える側にいないとは言い切れないことについて、今よりも真剣に向き合わなくてはいけないのではないかとも感じます

石牟礼道子さんがおっしゃっていた、「私たちは代わりに病んでいる人たちから許されて生きている。罪なことですね。 日本人の代わりに病んでいる。」という言葉の重さを、どう受け止めていいのか途方にくれます・・

先日でかけたデモでは、福島の方たちを含めたくさんの方がキャンドルをかかげ、原発反対を訴えていました なんとかこうした流れが新たな価値観の時代へと結びついて欲しいと願います

内山節さんという哲学者が、これを個人の健康被害だけの問題にしてはいけないとおっしゃっています 健康被害だけをとっても、とんでもなく大変なことなので、その意味が把握しづらいですが、文明のあり方、国ぐるみの方向性のありかたということにも帰結する、大きな見方に立つことも必要なのかもしれませんi-201

とぼしい能力に限界を感じつつも・・皆様から学ばせていただければと思います!




2012年08月01日(Wed) 10:26
編集
こんにちは。
水俣。福島。沖縄…皆同じですね。
そこに、人間へのまなざしがない。あるのは企業の論理と、『国』という、見えない存在の論理。

今までも数々の公害事件があって、国や企業と戦ってきた人々がいるわけですが、
今の政府はとりわけひどいですね。
心が感じられない。なにかヌル~っとしたドジョウのような(あ、そのままか!)
ゾンビのような、不気味さを感じます。ドジョウに例えるのはドジョウに失礼だ。

政局が大きく動いています。どうなるのでしょうか。私は社会保障を置き去りにした
消費増税には反対。とりわけ増税して浮いたお金をまたぞろ昔の土建体質むきだしに、
道路などにつぎ込もうとしている自公と結託した増税には反対。
野田政権を引きずり下ろしたいです。
でも、後に来るのが、また自民党?維新の会?今の無能な民主党?
と思うと、ガク~っとしてしまいます。
私たち国民は、こんなものしか育ててこなかったんでしょうか。
水俣や、広島・長崎から何を学んできたんでしょうか。悲しくなってしまいます。

九州はどうでしたか~~~?^^
2012年08月07日(Tue) 17:42
彼岸花さんlove♪
編集
彼岸花さん、お元気ですか?i-261
いつも記事を拝読し、ものすごく勉強させていただいています
本当に有難うございますi-228

私はこのごろになって、やっと鬱から抜け出したような気がしています
体調も、ずっとどこかがちくちく痛くて、放射能?と思っていたのが
ほとんど無くなりました
思い切って自然農の会に入ったのがよかったのか?
庭いじりもぼちぼちやってみたり・・
でも福島ではどうなのでしょうね
様々な関係性を考えると、生活を切り替えることも簡単にはできないのではないかと思います

九州へは家族で行ったので、気ままさは無く家の延長のようでしたi-201
ただ、私はカフェに行くのが趣味なので、いくつかの目指すカフェには
ちゃっかり行って大満足でした
天草には、震災後埼玉から移転したカフェがあったので行ってみたのですi-239
とても素敵でしたよ~
ものすごく古く、捨て去られかけたものを
現代的に美しく生かし、ホッとできる集いの空間とするセンスに感動します

豪雨でがけ崩れした場所も通りました
昔のように、木の根が育つための手入れを行う人手が無いことも原因の一つでは?と
地元のかたにうかがい、考えさせられました
もっと積極的に、都会の人が田舎の人の暮らしを
守ることに参加させていただく試みが増えないと
たいへんなことになりそうな・・
もっと早くこういうことに気がつけばよかったと反省です
もしそれが出来れば、お互いにとってすごくいいと思うのですけどね♪

党ですね~i-201
緑の党を、みんなで育てられたらな~
今は双葉だから、どんどん応援したいです

今の政治、ものすごく気持ち悪いですね
心も無ければ、論理性も無い
むき出しの、ヴォルデモートi-282
まともに見ると毒気がふりかかりそう
でもそのシステムを自分自身も享受してしまいながら飼い殺しになるような気もし・・
子どもたちと一緒にいったいどんな方向を見つめればいいのかな?と思います

野田さんも、逆にそろそろ切られるのではないですかね~?
でもまだいくらでも替え玉がいるのだったりしてi-202
もうこんなんだったら専制君主制のほうがまだまし?
人ではなくて、お金が世界を牛耳っているのでしょうかしら

デモには、極力参加したいと思っています
意志を表明できる場があることが、有難いです
実は、先日はじめてこちらからデモに参加している方と出会い
今度いっしょにいかが?とお誘いをいただきました
少しずつですが、何かが変わっていく気がしていますi-201

あら?だらだらといっぱい書いてしまいました
理解してくださる姉さんがいてくださり、私は幸せです
さんざん愚痴ってしまったあとですが・・
とにかく、愛する彼岸花さん!
お体を一番に考えてくださいねi-80

2012年08月07日(Tue) 21:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。