認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 最近気になった話TOP認識のさんぽ ≫ 最近気になった話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

最近気になった話

カフカが言ったそうだ
「将来にむかって歩くこととはぼくにはできません。
将来に向かってつまづくこと、これはできます。
いちばんうまく出来るのは、倒れたままでいることです。」

それから、ブータンの国王の、国の未来のビジョン
リービ英雄さんの本で見つけた
マッカーサーは日本に対して東洋のスイスという夢を抱いたけれど
ブータンの国王は、自国に対しそれを望んでいない
勤勉な国というものをイメージしてはいない
国王は言う
「私達は、遊びやゲームやレジャーが好きなのです」

娘が教えてくれた話
星野道夫さん「旅をする木」の中で
アンデス山脈の探検隊
荷物を運ぶために、現地の方たちがシェルパとして雇われた
しかしあるところで、止まったきり動かなくなってしまった
どうして動かないのか?
お金のためのストライキと思いきや、
「私たちはここまで速く歩きすぎてしまい、心を置き去りにしてきてしまった。
心がこの場所に追いつくまで、私たちはしばらくここで待っているのです。」

昨日職場の帰り道に、近所のお友達と出会って立ち話をした
「死ぬのは怖くないの、でもそのときに蛇に出会うのだとしたら怖いわ」

この話たちが好きなのだと思う
なぜ好きなのだろう?

おしまい

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。