認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 「宗教の理論」つづき・・資本主義の神々?TOP読書 ≫ 「宗教の理論」つづき・・資本主義の神々?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「宗教の理論」つづき・・資本主義の神々?

バタイユさんが「宗教の理論」で示してくれる世界は
言葉のイメージをちゃんとつかまないと
全部わけがわからなくなりそうです

食べる動物と食べられる動物の関係は
水の中の水同士、大きな波が小さな波を飲み込むようなもので
人間が考えるような主従意識は無く
その「お互い様」な関係(その意識もない)を「内在性」と言っているようです

鉱物は独立して存在できるけれど
有機物となるとこうした関係性抜きに存在することは出来ない

これは被害者とか加害者というようなことではなくて
無意識に、あたりまえの状況としてあるのである

彼によれば、儀式としての「生贄」というのは、
そうした内在的な関係を取り戻すためのもので
わざわざ「何かの役に立つ」という但し書きがついた「事物」として
意識的に区切り、よそよそしく存在することをやめる・・ということか?

hasutama NOTE

供犠執行官は次のように呟いている

「内奥においては、私は神々の至高の世界に属している。

強烈な力が荒れ狂う、利害や打算を離れた推量の世界に属している。

私の妻が私のさまざまな欲望に属しているのと同じように。

生贄の獣よ、私はおまえを今いる世界から引き戻す。

おまえが(何かの役に立つ)事物の状態にされてしまった形でしか存在できず、
内奥の本性にとって表面的な意味しか持てないような世界から
おまえを引き戻すのだ。

私はおまえを神的世界との親密な交わりへと、
あるいは全て存在するものの深い内在性との親密な交わりへと立ち返らせる。」



「推量の世界」って何でしょう?推量=想像?

この神々というのは推量の世界に荒れ狂う力=欲望?
その中に自意識なくはまりこんでみれば
役に立つもの、意味付けという罠からのがれることができる
内奥の本性に合体できる?

イメージするのに一苦労します

なにか・・
DV夫の話につきあっているような気がしてきましたけれど

人間特有の意識、意味づけをやめて
内在的なありように「横滑り」することが
彼の言う神々の至高性、内奥の本性と合体することであるということ・・
で、あっているのかしら?

これは、リービさんが言っていた「言葉にすることの暴力性」の話と
つながるところがあるのかないのか?

彼の言う「欲望」について、もう少し詳しく知りたいな
打算や利害を離れた・・荒れ狂う強烈な力・・神々とは?
その荒れ狂う力って、欲望なのか?
欲望は内在性の中では打算や利害ではなくて、神々?

気になってしまうのは
食べる側に都合のいい話な気がするところです

これが今の日本なら?
放射能の被害はあっても
お互いが日本経済という有機物の機構内のことだから
被害、加害の関係じゃないでしょ?みたいな?

ん~、公には言えないかもしれませんが
実際には、原理としてそういうことがある?

個人が蹂躙されていることに
無頓着でいるのはそのためで
内在性というのはいったん個々のものがはっきりと自意識を持つなら
暴力と感じられるようなことも
内内のことにしてしまいます

というのも、そもそも資本主義を有機体と考えると
食べられるものと食べられるものがいることは
有機体である以上当然ということになります
資本主義にとっての荒れ狂う力の神々の世界なのですから
個々のものたちは水の中の水同士
どっちに転ぼうと同じことです

日本自体が個別性を打ち出そうとしたとたん
内在性回復の生贄になるんだったりして

なんて?

全然理解していないのかもしれません
とりあえず、この本で
バタイユさんの言うことの全体像を見てみないことには

この内在性という偏った見方をすることの意味は
あとでわかるよ!とバタイユさんは言っているので
この観点から見える彼の世界をもうちょっとのぞいてみまーす







関連記事

Comment

編集
hasutamaさん、お久しぶりです~!^^

このところの御記事は、哲学倫理学宗教学論理学の素養がまったくない
私には難しすぎてチンプンカンプン。コメントに手が出せないでおりました~。(笑)
でも、この記事の後半部分は、わたしにもちょっとわかるかなっi-201
資本主義経済の中での放射能のこと。
私などには、この、経済の大きな仕組みの中では、多少の犠牲を
末端の個人が背負ってしまうのはしかたが無い、という経済至上主義の人々の物言いに、
すっごく抵抗がある。それで反原発の言動をしているようなものなんですが、
長い地球の歴史、大きな宇宙の運行の中、世界経済の止めようもない流れの中では、
個々人の価値などちっぽけなものなのかしら、という深い疲労感徒労感に襲われてしまいます。
福島原発事故は、原発推進をなにがなんでもしたい経済界の人々には、
なにほどの意味ももたないのだろうか…と。

あ。やっぱり…バタイユの著作と何の関係もなさそうなコメントになってしまいましたね。^^
2012年05月31日(Thu) 13:25
編集
僭越ではありますが、酒井健氏の文章を要約してみると、

バタイユの言う「欲望」について、

この欲望は、
フロイトのエスに関連しているようです。
超自我→自我←エス
のエスです。

秘められた無意識下で、荒れ狂う(非道徳的)エネルギーの大海が『エス=Es=It』だとすると、

その上に浮かぶ理性、小島が『自我』、

上からは過剰な道徳性、行き過ぎた理想の象徴である『超自我』が覆いかぶさってくる状況が
フロイトの示唆するところみたいです。

打算や利害を離れた・・荒れ狂う強烈な力・・神々とは?
その荒れ狂う力って、欲望なのか?
欲望は内在性の中では打算や利害ではなくて、神々?


バタイユは
この非道徳な荒れ狂う力強いエネルギーである『エス』に着目していて、単に欲望だけを指しているわけではないとおもいます。

無意識下にあるものを崇拝しているのかもしれません。だから、非理性的に『叫ぶ』のかも?授かるために。

Es=聖なるもの=人間のばかばかしく怖ろしげな闇
=低い物質

力=フォルスForce

2012年06月02日(Sat) 01:06
彼岸花さん(^^/
編集
愛する彼岸花さんi-228

えーそんなご謙遜を・・私こそ素養が皆無なのですよi-202
世の中のことだと複雑すぎてわからないので、すでにひとまとまりになっているものを認識してみようとすることでごまかしたいのですi-179

今って、欲や力むき出しの世界が無意識どころか、法や民主主義のはずの政治や科学やジャーナリズムや・・に浸透して現代の神々となっている、そんな気がします 

人間の体に流れる赤い血、社会に流れるお金・・それを人間はどうすることが出来るのでしょうね
衝動に任せるのか、それとも・・?

なんて、またまた妄想につきあわせてしまってごめんなさいi-201

ついつい妄想が頭の中で空回り・・彼岸花さんのブログを拝読し、「心」、今ここにあるものとしての思い・・を取り戻させていただいている私ですi-80いつもありがとうございます!

2012年06月02日(Sat) 10:21
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月02日(Sat) 17:46
kappamamaさま
編集
きゃ~(嬉しい叫び)、kappamamaさん!i-179
有難うございます

Es=聖なるもの=人間のばかばかしく怖ろしげな闇
=低い物質

なるほど~!!

低いものでも欲望でも、人間にとって把握不能な(内部の?)領域にあって人間に強い影響力を持つものなら、「それ」なのですね・・ちょっと日本の神に似ていますね?

その闇のすごさからして、人間の把握力対する絶望(不可能性)があって「叫ぶ」なら・・逆に西欧の人は人間に対する相当の信頼があるのだなと思います 

「叫び」はそれまでの人間語の通じる世界ではないところでの会話方式としてあるのですかね?人間語世界の亀裂として?

ちょっぴりバタイユさんの景色が見えてきたような・・あ~面白いですi-239











2012年06月03日(Sun) 08:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。