認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 日本人のお金はどこにゆく(・・?TOP認識のさんぽ ≫ 日本人のお金はどこにゆく(・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

日本人のお金はどこにゆく(・・?

情報がいろいろあってわからなくて、それに諦めモードで
ぼんやりしている頭にも
おぼろげながら見えてくる風景は・・
「蝿の王」の島かな

瓦礫処理のこと、頭がついていきませんが
リンクさせていただいているNECOPさんのところで拝見したこれ↓
http://miyakeneko.up.seesaa.net/image/gareki.pdf
漫画なのでわかりやすい

まさに虫の走光性みたいですね
走金性・・

税金に群がるハエ君達
国民はスプレーを持って立ち上がらなくてはならないでしょう!

でもこれ国内だけのことなのでしょうかしら?
国外のこととなるとさらにちんぷんかんながら・・

たとえば
日本からIMFに4.8兆円ってどうなのでしょうか?
そのせいか・・?野田さんはワシントンポスト紙に褒められ・・

私が知らないだけで、国民の納得は得られている?

一月には
「IMF局長、消費税率15%に 日本に要求」という記事も見かけました
財政再建ちゃんとやりなさいということらしかったですけど

日本人の働いたお金、大丈夫なのかな(??)
防虫剤つきのお札を発明しなければ!?

政治家は日本人の為にちゃんと働いているのでしょうね?

わからないなりにも不安に思います






関連記事

Comment

編集
欧州ならデモが起来て当然の出来事も、日本では黙認されることが多いですね。情報が正確に開示されていないこともありますが。

NECOPさんの漫画の説明にある放射能汚染物質もこわいですが、六価クロムは自然界に存在しない毒性を有していますのでこちらも怖いです。説明なしでの処理は勘弁していただきたいですね。

世銀やIMFはアメリカの経済戦略の一翼をになっているような気がしてなりません。

晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘をとりあげるというカンジですかね。
2012年04月23日(Mon) 04:01
編集
瓦礫を遠くに運ぶのは労力もお金もかかり大変なことだし、汚染物が絶対に大丈夫なんてありえないなあと思っていました。

なんでもお金もうけや経済発展につなげないでほしいですね。

大切なことをほんとうに考えていたらもっとより良い道があり、日本はもっと良くなっていくでしょうに残念なことが多すぎますi-240
2012年04月23日(Mon) 08:22
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月23日(Mon) 08:32
kappamamaさま
編集
コメントありがとうございます!

金庫番が泥棒の一味になることを防ぐにはどうすればいいのか・・
でも、合法的な泥棒なら防げないかなi-202

蝿の、蝿による、蝿のための世界?i-179

現実を直視するには、バタイユのような強靭な思考力が必要かもしれません

ニーチェ、バタイユ・・とても興味深いです
過去の発想から制限されず、自分の感覚に素晴らしく自信を持っているところに、いい意味で感銘を受けますi-239
2012年04月23日(Mon) 21:30
ひよっこさま♪
編集
コメント有難うございます

ひよっこさんに悲しい思いをさせる時点で、もう世の中間違ってる!・・私はそう思います!

この際、いっしょに木星紀に移住しましょうi-100
あーでもそれじゃあ地球の仲間達が寂しがりますしねi-201

せめて気づくこと、知ろうとすること(霊界でアーリマンと交渉すること)・・
私にはそれぐらいしか思いつきませんが・・いっしょに頑張りましょう!
2012年04月23日(Mon) 21:54
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月24日(Tue) 09:04
編集
こんにちは。^^

ほんとに考えれば考えるほど、理解に苦しむことばかり。
今の政権は、というより、世界は、単純に考えて『この方がいいでしょ~』
ということの、反対にばかり行っている気がします。
特に今の日本の政治は。
私も、なんだか、4月に入ってから特に、「もうこれ駄目じゃない?」
って思って、絶望して、無気力になる一歩手前まで行ってます。

国民はどんどん賢くなっていっている。
でも、その国民の想いが上には伝わっていかない仕組みががっちり
この国には出来ちゃってるんですね。しかも、私の予感では、
ますます悪くなっていきそうな気がします。それについては、近々また書きます。^^

なぜ、一部の富裕層や政治家の欲のために、大多数の国民が苦しまなければ
ならないことになってしまうのか…。歴史的にそうなって行ってしまったんで、
こりゃもうどうしようもないわなあ、…、そうあきらめたくもなるけれど、
子供たちが生きていく世界。それを少しでもましにしとかなくっちゃって思うんです…。
個々に声を上げるのではなく、世界の考える人が一斉に声を上げ
行動に移すといいんですけれどね。
出来ないことでもないと思うんだけど…



2012年04月24日(Tue) 15:16
彼岸花さまへ
編集
コメントありがとうございますi-239

瓦礫利権て、そういう体質は今にはじまったことではなくて、今それが見えやすくなっているということなのでしょうね 姿が見えたら、あまりの気持ち悪さにギョッとしますね でもこれ、歴史を見れば理にかなっている・・じゃなくて「利にかなっている」?なんちゃってi-229

あまりにも歴史を知らないので、今さらながら色川大吉さんという方のジュニア版戦争史を読んでみたりしています 一番印象に残ったのは、日本も他国の戦争で経済が潤い、おなかが満たされたということ・・i-227 まぬけなもの、弱いものの血を吸うシステムがさらに洗練され「民主的」「合法的」に行われているってどうすればいいのでしょうi-201

ただ希望としましては・・賢い方々は確実に繋がりを広げていますね 「放射能から子どもを守る会」の親御さんたちは、大きな不安に負けず冷静沈着に行動を続け、今では市を越えて手をとり合おうとされています みんなで協力して情報収集し、行政、企業への働きかけを具体的にされ確実に成果を上げています 一方疎開した方も新しい価値観を持って暮らしを見直し、同じ考えの仲間で集まりを持っていらっしゃるようです その暮らしぶりの素敵なことi-228・・まったくみんなどれだけ賢いんだ!と驚きます

中沢さんのグリーンアクティブどうなっていきますかね~ 今日お金を振り込んでみようと思っているんですi-265



 
2012年04月25日(Wed) 09:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。