認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 種のベッド作り / 放射能勉強会TOP自然農 ≫ 種のベッド作り / 放射能勉強会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

種のベッド作り / 放射能勉強会

自然農をその後も楽しんでいますが、なかなかここに書けません
今のところ、作業も、人との出会いも楽しくてしかたがありません

自然農の畑や田んぼはかわいいし優しいので
まるで抱かれているように気持ちが和らぎます

バイクでさっそうとやってくる素敵な方(女性)が、畝を立て直した畑を見て、
「ああ、いのちが・・
(=畝を立て直すときに、土の中の(微生物等の)生き物の命がたくさん失われてしまった・・)
と言うのを聞いて、不思議な気持ちになりました
たしかに・・慈しむ気持ちが自然にわいてくるような農法です


下のもじゃもじゃしたものが、畝立てを終えたばかりの畑です(3月)
真ん中と右側の畝がうちに割り当てていただいた区画です
(右側の畝はまだ作業していないときの写真)

自然農2 003

土の中の状態はなるべく保つようにするとのことで、草を取るときには根を残します
写真のようなのこぎり鎌を使うと、地表を境に草の上と下を切り離すのに便利です
取った草はまとめておき、あとで畝の上にお布団のようにかぶせます

自然農 011

かえるくんも応援

自然農 013

自然農の会では放射能勉強会を開催し、
畑、田んぼの土壌、収穫物の検査結果をもとに、
リスクをはっきりさせた上で対応策を提示してくださり
おおまかな見通しを持つことが出来ました

具体的な結果を知った上で、どう自分は判断、行動するか?
主体的に決める機会がもてるのは嬉しいです

実際のリスクと、自分が思う「価値」を考慮し、
最終的に自分が選んだ判断、行動に対しては責任を持つ気になれます

写真が無いのですが、もう田んぼの溝堀り、苗代づくりを終えました
自然農では田んぼの一角に直接種籾(たねもみ)を蒔きます

種の赤ちゃんを寝かせる場所作りが面白かったです
鳥よけの天蓋もつけて素敵なベッドが出来ました
また後日写真を撮ってきまーす

※写真が上手に貼れませんでした
関連記事

Comment

編集
自然農、いいですね~。
あ~、あたしもそういうことしたいなあ。
実際は、お花育てたりするの下手なんですけどね(笑)虫がついてたりすると、
ウキ~ッ!ってなっちゃうから。鳳仙花についてた、でっかいでっかい
蛾の幼虫をお箸でつまんで捨てようとして、ピクピクッ!i-191って
怒られた時には、2メートルくらい恐怖で跳び上がった(笑)。

『畑、田んぼの土壌、収穫物の検査結果をもとに、
リスクをはっきりさせた上で対応策を提示してくださり
おおまかな見通しを持つことが出来ました

具体的な結果を知った上で、どう自分は判断、行動するか?
主体的に決める機会がもてるのは嬉しいです

実際のリスクと、自分が思う「価値」を考慮し、
最終的に自分が選んだ判断、行動に対しては責任を持つ気になれます』

これこれ!これが今の政府にはないんですよね。
徹底した情報開示とリスクの説明。それを聞いてもらって熟慮したうえで、
個々人が自分の生きる道を選択するということが出来るようにするということ。
その支援を手厚くするということ。

民間でできるのに、なぜ、権力もお金もある政治家は出来ないんでしょうね!^^

えっと。写真を小さくしたいのなら、自分の『過去の記事の管理』
のところに戻って、この記事を選んで『再編集』出来ます。
いつも記事を書く『本文の編集』のところで、

<a href="http://blog-imgs-15.fc2.com/c/l/u/.jpg" target="_blank">
<img src="http://blog-imgs-15.fc2.com/c/l/u/" border="0" width="560" height="420" /></a>

…写真を示すこんなのがあるでしょ。そこの、
width="560" height="420" という数字を、大きくしたり小さくしたり
することで、一度アップした写真の大きさも変えられます。

ちなみに、私が『春憂』という最近の写真短歌で使っている大きさは
この横560、縦420 というサイズです。
hasutamaさんのこの記事の写真は、たぶん、640、480の大きさなんじゃないかな。

自由に簡単にサイズ変えられるから、やってみてね♪^^

ふふ。ちょっとおねえちゃんらしいこと出来る、かナ?(笑)





2012年04月18日(Wed) 11:17
やった~♪
編集
簡単に写真が小さくなりました!!
ありがとうございます

そうか!虫のこと心配するの忘れていました
「虫を敵とせず」(by 自然農)などと、すずしい顔を保てるのかしら・・i-229

勉強会はすごく刺激的でした
刺激的過ぎて倒れそうな内容もありましたけど
(なぜか・・幕末ロスチャイルド暗躍説や、
核の可能性を捨てた場合、中国から侵略されるかも?
などというお話)
もしかして、再稼働派の方の中には
そういうこと心配している人もいるのですかね~

気持ちの萎えることの多い昨今ですが、
ブログのお姉さまやお友達には、いつもたくさんエネルギーをいただいています 
最近つくづくそれを実感し有難く思いますi-228
Thriveも見てみますね♪
2012年04月18日(Wed) 13:53
編集
写真。よかった!^^

これから、自然農法のご報告、楽しみにしていきますね~。
子供の成長と同じで、植物がぐいぐい育って行くのを見るのは、
何にも替えがたい楽しみですね。
私もね、自分のとこの草木についた虫さんたちを駆除することがちょっと躊躇われるんです~…
鳳仙花の蛾の幼虫、たぶん、ベニスズメという蛾の幼虫だったかなあ。
でっかいんですよ!
ピキピキッ!i-191って怒られて、鳥肌立てながら、お箸でつまんで
ポリ袋に入れて、歩いて2分とかからない裏の川原の草むらに
放してやりました~。あ~、怖かった!(笑)
でも、同じ青虫なのに、クチナシに毎年つくアゲハの幼虫は、
まあ、可愛い!撫でてもいいわって思うんですから、現金なものですね。
クチナシの葉っぱが丸裸にされても、いいわいいわ、って許すんですから。(笑)

原子力開発をどうするか、という問題は、実はとても難しいですね。
廃炉にはやはり技術者、専門家が必要だし、54基もある原子炉の
今後を考えると、まったく技術をゼロにしてしまうことは出来ないし。

ふ~う…

Thriveは、とても示唆に富んでいます。怖いけど。^^
2012年04月18日(Wed) 23:29
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月19日(Thu) 16:19
(・・?
編集
ご名答~i-234
・・って、もしや?i-100
ねこちゃんのパパですか!?
いや意味不明ですねi-229
2012年04月19日(Thu) 16:48
彼岸花さまへ
編集
ありがとうございます!

去年は原発事故で庭に出る気も失せましたけど、いかに大地や植物に自分の心身が支えられていたか、あたりまえすぎてわからなかったことに気づかされました 客観視できないほどに自分と一体のものだったのでしょうね

実は私の母の生家は島根の山奥で水がとても美しいところです 人糞も使い、牛を飼って完全に自給自足していたようですが、母は農業が大嫌いだったそうで・・i-229 私が生まれる前に亡くなってしまったおばあちゃんは、稲穂が実るのもお蚕さんも、かわいいかわいいと言って育てていたのだそうです・・ 私がそうした暮らしに憧れるのを、母はどう思っているのか・・皮肉なものですねi-201

応援いただけて嬉しいです!作物がちゃんととれるのかどうか心配ですが、また報告しますねi-239






2012年04月19日(Thu) 18:37
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月20日(Fri) 08:49
編集
わーi-237写真つきでよくわかります!

自然農を勉強したことがないので
びっくりなのですが

畝立てするときに土を掘り起こさないのですか?
中に肥料をいれないのかなあ?

ひよっこも鍬で根っこをを残すようにして草取りをしていましたが(根の周りには微生物やいきものたちがいっぱい住んでいますものね。)
畝立てするときには、いつもミミズさんたちにごめんねと言いながら掘り起こしていました。そして迷惑だろうなあと思いながらも元肥を入れていました。

昨日掘り起こしたところからは、かわいい亀のこどもが産まれてきました。だからいつもこの季節は、
どきどきはらはらしながら土作りをすることになりますi-201

刈り取った草は、堆肥作りに利用したり、乾燥しするまで置いておいていっぱいたまったら燃やして土に戻しています。

連休までに種や苗を植え終わりたいと思っています。
まわりの人たちはもう土作りも終えているようで、あちこちでトマトやナス、いろんなお野菜が登場し始めています。

ふかふかベッドの続きが楽しみです。
きっと野菜たちも居心地が良くてうれしいでしょうね^^
2012年04月21日(Sat) 08:43
ひよっこさま♪
編集
ありがとうございますi-239

そうなのです 耕さないのだそうです
だから畝の幅を変えて、畝数を増やす作業をするにも気を使います

溝を作った箇所の土をブロック状に取ってそ~っと移動させたりしてi-201
畝の形を整えるにも、土をひっくりかえさないように
表面だけ引っ掻いてみたり
そうは言っても、それじゃあらちがあかず、
てきとうにごまかしてしまいましたけれどi-229

肥料はぬかをまくのと、草を上に置くみのようです
放射能対策のため、今年はぬかを西日本から取り寄せて、
いつもより多めにまくことにしたようです
カリウムが足りないと、植物がセシウムを取り込んでしまうからとのことです
自然農でありながらも、大事なことはちゃんと考えてくださって、尊敬してしまいます

カメさんの赤ちゃんですか!かわいいでしょうね~i-80
作業していたらいろいろな子に出くわして、お互いびっくりしました
なめくじさんでもないのに、なんだかぬめぬめ~とした子はいったい誰なのか?

そうか!植えなくちゃいけないのですよね
ベッドだけでかなり満足していました
連休前までに、わたしも蒔きますね
ひよっこさんと一緒に頑張れて、とーっても嬉しいですi-228
2012年04月21日(Sat) 14:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。