認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 認識素材で作る世界の妄想TOP認識のさんぽ ≫ 認識素材で作る世界の妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

認識素材で作る世界の妄想

このブログは「認識のさんぽ」日記でーす

どうしてそれを今言うの?

えーっと

今自分がどこにいるかがわからないと、道中記というのは書きにくい

最近それが把握できないことが多い

認識世界の「道」はどこよ~

くじ引き装置の玉になって飛び出して、
それから・・

目を開ければ、空があり大地がある、上下左右があることは
有難いことですね

でもここに何かを書くのも、何かしらの存在の気配を感じるから?

形になりかけているものに、さらに形を与えるとしても
何に形を与えるのかという意思を見つけなくては

まずは、ある程度の素材が必要である

グルグル混ぜて、どろのしずくをたらすにしても
どろや水や空間が必要だ

何をどろとし、水や空気とする?

道が出来るのは、何億年後かな



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。