認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 読書メモ 津野幸人氏「小さい農業」よりTOP読書 ≫ 読書メモ 津野幸人氏「小さい農業」より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

読書メモ 津野幸人氏「小さい農業」より

筋トレルームでまだ頑張っている夫を待っている間に読んでいたら、すごい洞察だと思ったのでメモメモ・・

この巨大な資本主義体制下で、われわれが日常生活で否応なく直面するのは大衆社会の形成がもたらすもろもろの問題である。資本主義の発展が独占の段階に移行するのに伴い、教養と財産を有する市民階級という同質基盤に立った公衆の理性的共同体が崩壊し、大衆デモクラシーという装いで少数のエリートによる支配が強化されて、大衆は受動的、非合理的傾向を深めていく。社会の仕組みが大きく複雑になり合理的になったのに引き換えて、他方では人間の主体が失われ、疎外され、情緒化される。とくに、知識人、科学者は論理性や職業倫理から次第に遠退き、矮小化された自分の空間に閉じこもり、合理性よりも情緒的思考を強めてきたと思われるのである。この傾向はすでに第一次世界大戦の後で顕著になり、オルテガ・イ・ガゼットは『大衆の反乱』でこれを論じている。すなわち、大衆社会を人間の充満(人口激増)という点から出発し、「大衆とは自らをおしはかろうとせず、皆と同じであることに快感を抱く人間類型」とし、大衆イコール労働者ではないと論じた。むしろ、専門家、科学者を教養の喪失という点から大衆的人間の原型として捉え、模倣欲望の一般化をこそ大衆の本質と捉えた。
このオルテガの鋭い洞察力は正確に的を射ているように思える。現在、、大衆的人間と化した専門家は、その専門性を官僚に切り売りして、それが科学、学問の名で大衆操作に利用されているのである。大衆操作といえばマスコミも同列で、世論を誘導する場合には予見される意見を目的に応じて配置して、それを専門家の口を通して流すという手法をとっている。

こうした大衆社会からの脱出を図り、自分を取り戻すという行為が、現代社会を生きる者めいめいに差し迫った課題として投げかけられているのである。ここに、大衆社会の特質を列記すると以下のとおりである。
1、あらゆる組織の巨大化と官僚制度の進行。
2、大量生産による物財の供給で、生活が画一化・平準化した。
3、マスコミの発達で、間接的接触や経験の世界が極大、拡張した。その結果大衆はメディア環境のなかに放置されるので積極性を失い、受動化して大衆文化や大衆娯楽の激流に翻弄される。
4.・・・・



これが『小さい農業』副題“山間地農村からの探求”・・という著書の中に書かれているなんて!
ヘーゲルまでとりあげつつ農学を語る方が日本にいらっしゃるとは、 
なんとかっこいいのでしょうか!?
津野幸人(ゆきんど)氏の著書をもっと読みたいし、
オルテガ・イ・ガゼットのことも調べたい

でももう今日は眠いです
おやすみなさ~い



 


関連記事

Comment

お久しぶりです!
編集
久しぶりにお邪魔して、あちこち拝見いたしました。
すごく刺激的です。あ~、たまらないっ。

「大衆とは自らをおしはかろうとせず、
皆と同じであることに快感を抱く人間類型」ですか。
こういう言葉でバシッと整理されちゃうと、
自分が「大衆じゃない」ことを前提にして、
快感を感じちゃいますね。
その辺りが私が大衆たる所以なのかもしれません(^_^;)。

こないだ、「自由の哲学」の読書会で、
「一人ひとりが自分で立ってはじめて
周囲とつながることができる」
という意味のことを先生がおっしゃってて、
当たり前だけど、「なるほど!!」と納得しました。
とすると、大衆は横とはつながれないのかもしれません。

自分で立つ。自らに由る。自らを律する。
漢字も日本語も、言葉って不思議ですね。
2012年02月01日(Wed) 05:19
オキツさま(^^/
編集
おいでいただき嬉しいです!

この文章、途中間違えていて訂正しましたi-201
『社会の仕組みが大きく複雑になり合理的になったのに引き換えて、他方では人間の主体が失われ、疎外され、情緒化される』
・・赤のところ、「地方では」にしていました 一時違いでも相当意味違いますよね ごめんなさい

間違えておいて言うのも恥ずかしいですが、この一文も面白いです 私が一番気になるのは「情緒化」です イメージとしては・・金正日氏が亡くなったときに放送された「泣いている国民」を思い浮かべます 個々の思考は麻痺して、感情的な同調が押し付けられるような・・ 思考の停止と情緒化は関係するのかな

「情緒的思考」については、シュタイナーも物質主義的な文化の特徴として「思考が感情に仕える」ということをあげていたけれど、何に書いてあったのか忘れてしまいましたi-229

なんにせよ・・自分で考える過程をぜひ楽しみたいですね

オキツさんのブログはいつも楽しく拝読させていただいています 
お嬢さんのお人形、最高i-80ヴァルドルフ人形よりもずーっと素敵です!

またいつでも気軽においでくださいね!

追記・・オキツさんのブログをリンクさせていただいていいですか?
(実は・・もうリンクしてしまいましたi-235

2012年02月01日(Wed) 17:06
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年02月02日(Thu) 10:46
ありがとうございます♪
編集
素敵なアイデアですね
深いところでつながる・・結果はすぐには見えませんが、
何を愛するか?って重要ですよね
ではでは
2012年02月02日(Thu) 19:59
編集
 こんばんは。

 まあいろんな興味深いところへ「散歩」に出かけられます。こっそりとですがお供させてもらっています。

 高橋和巳「非の器」を読まれたのですね。「わが解体」は、今も時々読み返します。昔のことですが、高橋・吉本対談が実現すると知って落ち着かない想いをしたことを想い出しました。

 さて、この国のありかたとして、小さな「農」を中心とした「農型社会」への転換を密かに期待しています。原発事故を体験して、農的暮らしこそが自然と調和した豊かな生き方だという想いを一層強くしました。若い頃からボンヤリとそういう想いを抱き、子どもにも「農」にちなんだ名前をつけていますが、僕はまだ「貸農園」で遊んだ経験しかありません。

 「農」は「哲学」であると知人も言います。津野さんの著書、是非どうぞ!
2012年02月03日(Fri) 23:55
その日暮らし様(^^/
編集
わあ!嬉しいお言葉・・さんぽでうろうろしすぎて道に迷っても、独りじゃないのですね?独りかな?誰かいるのかな?っとキョロキョロしないで、元気にずんずんさまよってみましょi-239

「悲の器」のテーマは、問題が大きすぎて私には難しいですけれど、問題への向き合い方が今とは違っていることを感じます・・大きな力の前ではどんな価値も無意味になってしまうだけでなく、道具として都合よく使われる以外の存在形式は許されない・・悲の器の主人公はそれを苦悶しつつ退行してしまっても、自覚というものがありました それならまだましで、自覚できないままに、はじめから退行していて幸せなのが今なのかな?と不気味に思います(その中に自分も含まれています)  

実は今年は、何らかの形で「農」に関わってみたいと思っています 放射能の心配もあり悲しいですが、土にまみれつつママ宇宙の声を聴きたいのです♪ ママは何を思って種を発芽させてくれるのか、その思いを身体を使いつつ直に感じてみたいです 津野さんの本、シュタイナーの本を片手に頭でっかちなまま、畑は草ぼうぼう・・やる前から想像がつくな~i-201 
2012年02月06日(Mon) 08:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。