認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

え~、つまりこういうことではないか?

自分はぐるぐる回るくじ引き装置から、
ポロっと答えの玉が飛び出してきて、
それを見ればいいのだと、対象化して考えていたのである

しかし実際は、自分が玉だったのであって、
目が回っていたのは、そのせいだった

私は玉自身として、飛び出していった

どこに?

多分、この地点に

何か前と違うかな?

違うことに心当たりはある

でもその話はもうちょっとこの地点に慣れてから

つづく・・

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。