認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ ビオディナミ/ママと密着TOP認識のさんぽ ≫ ビオディナミ/ママと密着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ビオディナミ/ママと密着

今年もあと数日・・
だらだらと思いつくことを書いてみよう

自分にとってのこの一年を振り返って集約すると
一文字で「苦」としか言いようが無い

しかし、今この瞬間に未来に対して思いつくのは
意外にも
「夢」という言葉である

外からの「苦」が面白い作用をして
表面的に納得しているふりをしていた私を壊してくれた
それは確かに苦だけれど、
自称神秘学徒ならそれを新しい「目」にする必要があり
だとすると、今までに無いほど、すごい目が出来そう

            

今年最後に注文した本が届いた
「ワイン 天から地まで」~生力学によるワイン醸造栽培~
 by ニコラ・ジョリー氏

まだ読んでいないけど
パラパラめくってみたら中ほどに
因縁の「渦巻き」の図形がでかでかと描かれており
その解説として

「エネルギーの螺旋降下
大宇宙が小宇宙になる。
周囲に広がっている界が、一点に集中する。
非物質の要素が物質になる。生命の具現化。」



とある
面白そう!

「結末」の章には、

昔の人間には直観力とさまざまな知覚力があったので、
物質的感覚ではっきり知覚出来ないものでも
感知し予知することが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの田舎の老人は、地球が目に見える物質であるだけでなく、
生きた惑星でもあることを本能的に知っていました。

ですから、農業に関しても、
必ずこの目に見えない本質に基づいて行動していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな農作業にも、一見大したことの無い行為でも
大変重要な行為でも、常に、広大な生きた世界とつながっていることを
自覚しなければなりません。



このような考えを真剣に押し進め、
バイオダイナミック農法による葡萄からワインを醸造し
「ビオディナミの伝道師」と言われているニコラ・ジョリー氏
(ビオディナミと言うのはフランスだから?)

「何々農法」がドグマのようになることは、あまり好きになれないけれど、
この方のように、その本質を理解し、人間と植物、動物、地球との、
調和的な関係性を求めるとしたら、なんと素敵なのだろう?

生きた惑星である地球、
その見えない本質・・に触れるには、
挑むというより抱かれればいいのではないだろうか?

そもそも、ママから隔てられている気がすることに、
不平を述べたりぐずったりしてもいいのであって、
だからこそチェット・ベイカーのように
けだるくやる気をなくしてみるとしてもそれは
ママへの求愛の一形態なのである
(つまり社会的でないとしても宇宙社会的な関係を求める行為)

ママとの密着度が強まれば
兄弟に対してももっと親切に出来る

とにかくママがいなくちゃはじまらない!

おしまい






関連記事

Comment

No title
編集
hasutamaさん、こんにちわ~♪

今年は、hasutamaさんとお知り合いになれて、嬉しかったです
来年も、どうぞよろしくお願い致します

よいお年をお迎えくださいませ

記事と関係のないコメントで、ごめんなさい

2011年12月30日(Fri) 14:35
お世話になりました
編集
hasutamaさんへ

こんばんは。

私の未熟さから、いろいろとご迷惑をおかした面もありましたが、このような形で落ち着くことができて良かったなと感じています。

私は子どものころから、地球の悲鳴を感じてしまうことがありました。これは錯覚かもしれませんが、地球が汚染されてダメになるくらいなら、その汚物を地球に押し付けている人間である自分が死ぬことを選択して生きてきたようなところがありました。

いつでも来い!みたいなおかしな感覚がありましたかね。

かといって、何を活動しているのでもないのですが・・・おそらく、何かしらの認知の歪みなのかもしれません。。。

でも、「感じること」が非常に大切になってきた時代に生きているように感じています。

特異な能力はありませんが、それでも感じることの大切さは感じているとでもいいましょうか・・・。

だいぶ尻切れトンボ気味で恐縮ですが、hasutamaさん、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。今年一年、ありがとうございました。

感謝を込めて・・・。

2011年12月30日(Fri) 17:33
No title
編集
hasutamaさん。私もお知り合いになれてほんとによかったと
思っています。力強い同志でしたよ~!(笑)。
そしてとっても実は可愛らしい。^^
hasutama さんのユーモア感覚、嵌まります!(笑)
きっと可愛い奥さま、お母さまでいらっしゃるんだろうなあ…

娘のことでも、本当にありがとうございました。
ふしぎですねえ。見に行っていただいたんですものね♪
本当に感謝いっぱいです。
私もね、来年は少し勉強会とかにも顔出してみたいです。
来年が反原発にはとても大事な正念場、という気がします。
他にもいっぱいしたいことがあります。でもなんだか、やたらいろんなことに
要領が悪くなって、することが遅いんですよね~。
まだ、片付け完全にすんでないし、年賀状も作っていませ~ん!
どうしよう!(爆)

hasutama さん。どうか、来年も仲良くしてくださいね♪
いいお年をお迎えくださいね♪
ご一家の皆様のご健康とお幸せ、心からお祈り申し上げます。
2011年12月30日(Fri) 22:11
Lily姫様(^^
編集
わーん、ちょっときつねつき系の私にそのようなお言葉、ありがとうございます!

Lily姫さんのさりげない優しさを、私も見習わなくてはi-228

こちらこそ来年も宜しくお願いいたします!

2011年12月31日(Sat) 01:29
fusa☆様、こちらこそです♪
編集
Fusa☆さんのブログ記事、いつも楽しみにしていますi-228

感じることの大切さ・・本当ですね!
なぜって、きっと、私達は知っているのでしょうね

人間が何かを明確にしようと意思するとき、そこには必ず大天使ミカエルが舞い降ります・・なんて、シュタイナーなら言いそうですi-179

こちらこそ有難うございました!

ぜひ来年も宜しくお願い致しますi-261




2011年12月31日(Sat) 02:34
彼岸花さーん!
編集
いや~i-201もう全然同志のレベルじゃないですよ・・すぐあっちの世界に行っちゃいますからi-100
彼岸花さんに頼りっきりで、もっとしっかりしなくっちゃ!

お嬢様の個展は、行かせていただいて本当によかったです
彼岸花さんも、お嬢様も、お会いしたことは無いのに、ブログの言葉や作品からいただいたイメージから、
この地上に、生きる意思を持ち続けよう!っていつも励まされていた気がしますi-228
それ、私にはどちらかというと欠けている部分だと思うので、感謝・・というか、いなくちゃダメだったといいますかi-235

赤の力は、人間を死の力から守ってくれるのかな・・
霊と肉体の結びつきを、魂の力として強めてくれる「炎」が生きる力なのかも
それに渦巻きが加わって、来年はもう最強ですよ~
炎でっかく燃やして行きましょうv-42

こちらこそ来年もいっぱい仲良くしてくださいね!


2011年12月31日(Sat) 11:12
No title
編集
は~い♪
よろしくお願いいたします♪

hasutama さん。ほんとに可愛い。
lily 姫さんもそうなんだけど
hasutama さん、妹にしちゃうぞ!(笑)。
2012年01月04日(Wed) 00:16
わーい!
編集
ちょっとバタバタしておりました

あ~今年はその日暮らしさんももどられて、彼岸花さんと兄弟の杯も交わさせていただいて(??)良い一年になりそうです!

んー・・ただ、私は今年はますます風変わりな方向性に傾きそうな予感が・・

しかし、もし皆さんに呆れられても、それが自分のせいだと気がつく客観性だけは保ちたいと思います

i-6×i-204i-80(←皆さんが私を許容したくなってしまう呪文)

皆々様の新年が祝福と共にありますように!
2012年01月07日(Sat) 16:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。