認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 夫の(小)江戸っ子気質のことTOP未分類 ≫ 夫の(小)江戸っ子気質のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

夫の(小)江戸っ子気質のこと

車に乗ったところ、夫が入れていたCDは落語でした
夫の親の育った街は小江戸と呼ばれているところで
横丁などに分け入ってみると
垣根越しに聞こえてくる会話の口調が
まるで江戸っ子です!
夫はだから落語が好きなのではないかと思います
懐かしいというか
良くないのはしゃらくさがるところですね
なんでもいいから、とっととやりやがれ的な・・

私「ねえ、お庭に放射能が降ってしまったかもしれないから
お庭仕事が楽しくなくなちゃった!どうすればいいの?」
夫「そんなもん、枯葉剤まいちまいな!」てなもんで・・

神秘学徒と小江戸っ子との相性って・・

(追記)

ふと・・「すっとこどっこい」てどういう意味?と思い、調べてみたら
すっとこ=裸で どっこい=どこへ?
裸でどこへ?=ヘンテコな野郎 ということでしょうか~


関連記事

Comment

ご無沙汰しております。
編集
まるで、私と主人の会話のようです。。。

私が出口の見えない探求状態にハマっていると、主人は「ねぇ、どうしたの?」と聞いてきます。

私はいつもこう答えます。
「どうも、こうもないよっ!」

主人は、「そうかぁ~そうだよね」と、何故か納得しています。

私はそんな主人をとても有難く思っています。
こうやってコメントを書かせていただける自分があるもの、主人のおかげでもあります。

私曰く「すっとこどっこい」って、このトンチンカン野郎!と言った感じで認識していたりします。ちなみに「おとといきやがれ~ぃ!」と主人に言ったら、「何その日本語?」と言われました。

これでバレちゃいますね。
私の方が口が粗いってことが!(^_^;)

(追伸)
ブログURL変更しました。
いつもとっちらかっていて恐縮です。
気が向いたら・・・どうぞよろしくお願いします♪

2011年12月13日(Tue) 22:43
fusa☆様 (^^/
編集
コメント嬉しいですi-228

う~ん、人によって生まれ持ったリズム、テンポってあるのでしょうかね~?
その時々の気持ちによっても、変わるのでしょうけど・・

私は夫からすると「寝てるのか?」ぐらいの勢いでi-201
さらにだんだんへそまがりになってきて、
夫のいるときは、わざとぼ~~~としてて、
いないときにだけ、急にサササと動いてみたりして・・
ゴキブリじゃあるまいしね~
夫婦っておかしいですよね!

fusaさんの新しいブログ、もう拝見しましたよ~i-239
霊と脳のお話、とても共感しつつ読ませていただきました
これからも更新楽しみにしています!

こちらこそ、全然シュタイナーも進まなくて、支離滅裂ですけれど・・
宜しくお願い致しますi-80








2011年12月13日(Tue) 23:45
No title
編集
あ~、可笑しい!
もう最高に笑っちゃいました。
いいですね~。hasutama さんとご主人さま。
すっとこどっこい、ってそんな意味だったんですかぁ!(笑)
一度人に使ってみたいなあ。身の回りに誰かいないかな♪
あ~、楽しかった!
2011年12月14日(Wed) 01:27
彼岸花さん(^^
編集
コメント有難うございます!

そうですか?彼岸花さんが微笑んでくだされば、私もうれしいですi-239
夫の両親は、川越の町に深い思い入れのある方々で、人生の思い出が街と共にあるというか・・

私は親が転勤族で、ここが出身地と言える場所もないのが寂しく
話し方や気質を共有する人達や、愛すべき場所があるなんて、とても羨ましいです~i-228






2011年12月14日(Wed) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。