認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 子どもから元気をもらいました(笑)TOP未分類 ≫ 子どもから元気をもらいました(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

子どもから元気をもらいました(笑)

お昼休みに家に帰り
愛犬とお散歩をしてからお昼ご飯を作っていたら
九州の高校に行っている娘から電話がありました

昨日の電話では(しょっちゅう電話で話してます
日曜日に馬術の大会があり、サラブレッドに乗ったのはいいけれど
気の荒い馬で、振り落とされて障害の柵に激突
全身が痛い~!とのことだったのですが・・

今日は今日で学校のロードレース大会で14キロを走ったそうで、
しかしそれでも全校女子中5位だったけん!とのことで
すっかり九州弁になっているし、
たくましく過ごしているようでよかったな~

数えてみたら、三女が九州に行ってから9ヶ月です
馬術部で、二年の先輩がいないせいか女子のキャプテンなのだそうで
部活なんかすごい早さで挫折してしまっていた私の子どもとも思えない頑張りです
親バカそのものですが、三人とも私の子ども時代に比べても、今の私に比べても
全然しっかりしています

話を聞いていると、馬術部は何が大変って、
やはり馬たちのお世話のようで
かなりの体力が必要な様子です
重い水の桶を運んだり、ぼろ(糞)を片付けたり
あと、どんな天気であろうと必ず運動をしないと、
腸が癒着したりからまったりしてしまうそうです
馬は思ったよりも体調が悪くなりやすい動物で、
あっという間に、亡くなってしまうこともあります

娘が夏休みに帰省している間に、
かわいがっていた白馬が亡くなった連絡が入り、泣いていたっけ

馬の性格はかなり様々で、それなのに大会の競技では
いつも乗っている馬ではなく
いきなりあてがわれた馬に乗ることも多いようです

馬の特徴をつかんで制御することが、非常に重要なのです!

なんて言って、まだ一度も娘が馬に乗っているところを見ていません
あ~でも心配すぎて見ていられないかもしれないから、
まだ見ないほうがいいかも

めまいがしたりして、気分が沈んでいましたが
果敢に頑張っている子どもから、すごく元気もらいました




関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。