認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 現実を直視し、思考力を失わない強さを持とうTOP認識のさんぽ ≫ 現実を直視し、思考力を失わない強さを持とう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

現実を直視し、思考力を失わない強さを持とう



中途半端な言い方をされるほうがストレスで
きっぱりと言ってくれたほうが
頭は冴えてくるというもの・・

ここからはじまるしかない未来に
守るべきものを守る意思を持ち
腐った脳味噌から世界を奪還すべく
粘り強く思考していくしかない
関連記事

Comment

粘り強く思考していくしかない
編集
原発事故は収束したわけでもなんでもないのに、原発から国民の意識を逸らそうとしているような空気を感じます。
そのうち、大多数の人は原発のことなんて考えなくなるだろうと、そんな風に思っているのでしょうか。

でも、もう今までのように国民を騙せないと分からせるためにも、hasutamaさんが書かれている通り、「粘り強く思考していくしかない」。

ヘレンさんの言葉を聞いて、何故、これほどまでに恐ろしいものに手を出してしまったのか、そしてなおも、使い続けていこうとするのか、本当にそういう思考をする人たちの脳みそは腐っているとしか思えないですね。
2011年11月30日(Wed) 20:17
愛希穂さんへ ♪
編集
愛希穂さん、有難うございます!

私はいつも愛希穂さんのブログ記事から「粘り強く思考する」意思のエネルギーをいただいている・・って気がつきましたi-239

最近いろんな意味でがっかりすることが多く、思考回路もショート気味なのです・・ところが、一番大変なはずの子育て中のお母さんたちの、絶対に子どもを守る!そのために現実を直視して行動する!という、賢くしなやかな姿を拝見する機会に恵まれ、とても力をいただいています(助けるどころか、完全に助けられていますi-201

一番ひどい事実も、きちんと知らなければ方向性も定まりませんよね

やはり若いお母さんに教えていただいて最近読んだ「ぼくとチェルノブイリのこどもたちの五年間」という本にも、とても励まされました 現実を見れば悲惨なことがいっぱいですが、今日という日が、明日を創り出していくのもまた事実だということを、子どもの甲状腺がんの手術に携わった著者の経験談が教えてくれます (そうだ、もし出来ることなら愛希穂さんのブログで、本の紹介を読みたいな~・・なんてi-179

意識を持つ、思考する・・人間が持つこの能力をどう使っていくかに、大げさでなく人類や地球の未来が、かかっているのかもしれませんね

   

2011年11月30日(Wed) 21:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。