認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ アーリマン撃退法・・丁寧な思考 / 放射能汚染水TOP認識のさんぽ ≫ アーリマン撃退法・・丁寧な思考 / 放射能汚染水

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アーリマン撃退法・・丁寧な思考 / 放射能汚染水

twitterを新しいテンプレートにくっつけるのを忘れていて、
またもとのものに・・

それから、武田さんの記事を転載します

マスコミ報道、パフォーマンス・・
しかし、一つのことをちょっとでも丁寧に考えてみれば、本質は見えてくるはず
その能力を、人間は与えられている
即断するのではなく、印象に惑わされるのではなく・・
粘り強い認識、判断を、大切にしたいです

以下、転載

武田邦彦 (中部大学):
 野蛮国・ニッポン 園田政務官44歳 汚物を飲む


44歳の園田政務官は処理した放射性物質汚染水を飲んで、
汚染水の安全性をアピールしたと日本の報道は放送した。
こんなことを報道するぐらい日本は野蛮国になったのだろうか?

セシウム137の経口致死量は0.1ミリグラムで、
青酸カリの2000倍程度の毒物だが、
園田政務官が飲んだ水のセシウム137の濃度は
おそらく0.1マイクログラム以下で、致死量には遠く及ばない。
政務官は致死量から遠く離れた汚物を飲むことを知っているので飲んだ。
実に狡猾だ。

「致死量からかなり離れて少ない毒物が入っているものを飲んでも死なない」
ということは野蛮国でなければ、社会は知っている。
だから、園田政務官は絶対に汚染水を飲んでも死なない。だから飲んだ。

汚染水が危険かどうかは、園田政務官が64歳になるまで
汚染水を飲み続けてガンにならないかどうかだ。
しかも、その確率は100分の1以下だから、
44歳の官僚が100人飲んで、
20年後にその汚染水が安全かどうかが判る。
100人に一人ということは1億人の日本では
100万人が危険に陥るということを意味している。
福島の子ども達は汚染された給食を食べ続けているのだ。バカにするな!!

・・・・・・・・・

なんで政務官ほどの人がこんなに野蛮で、
ピエロのようなことをしたのだろうか?
日本国民はそれほどアホなのだろうか?
今、お母さんが心配しているのは、
5歳の子供が15歳で病気になるかどうかということであり、
飲んだらすぐ病気になるなどと考えてはいない。
政府の注水にる人はお母さんの心配を知らず、
その不安になにも答えていない。

狂牛病の恐れのある牛肉をほおばる議員、
汚染されたほうれん草を食べる都知事、そして汚物を飲む政務官・・・
それはなにを意味するのだろうか?

それとも安全だと錯覚させ、
日本の大切な子供を病気にさせたいのだろうか??
むしろ、「汚染水を飲まなければならないということは、
危険が迫っているのだな」と不安を煽る効果があるだけだろう。

指導者には指導者の出処進退、尊敬される言動が必要である。
私は、日本人として日本がこれ以上辱められ、
野蛮になることは耐えられない。

(平成23年10月31日)

追記↓・・アーリマンとその撃退法!


アーリマンとは・・硬化させるもの・地の力(hastamaの解釈)

「社会には生きた人間の能力とか関係とかを、冷酷な数字で表し、その数字に基づいて人間を 区別するような仕組みがあります。そして、初めは抵抗していても段々に、自分もそういう仕組みにはまり込み、血の通った人間とは思えない機械のような反応 をし出す人もいます。そうした仕組みそのものや、心の暖かみを失った人は、アーリマンという霊的存在の力のもとにあるとシュタイナーは言います。アーリマ ンの影響は人の考え方から生命を奪い取り、物質的なことばかりに向かわせる働きをするのです。ですから、お金や物に対して執着し、この世以外の世界などに かかわることを馬鹿にする人も、この力のもとにあるのです。」
シュタイナーの悪魔論~「路」さんよりお借りしました

「わたしたちが地上で獲得する健全な判断力はアーリマンにとって恐ろしいものであり、健全な判断力のまえにアーリマンは逃げ去ります。わたしたちが自我意識の健全な修行をとおして達成したものが、アーリマンは大嫌いなのです。アーリマンは、わたしたちが健全な判断力をとおして発展させるものとは遠く隔たった領域に属しているからです。わたしたちが地上において獲得する健全な判断に出会うと、アーリマンは大変な恐怖を感じます。アーリマンにとって全く見知らぬものであり、それゆえに大きな恐怖を感じるのです。」
シュタイナー「カルマ論」より
関連記事

Comment

No title
編集
おはようございます。
ほんとにばかげた行為ですね。
なんでも、フリーランスの記者とのやり取りの中で意地を張って
やったらしいですが、ほんとにほんとに恥ずかしいほど馬鹿馬鹿しい。
…日本人はよくこうしたことをやりますが、こういうの、
外国のかたもやるんでしょうか。
その時一回きり食べたり飲んだりして見せて、安全をアピールする。
…そんなの誰も信じちゃいないし、無責任な行為です。私は昔から、
このパフォーマンスが大嫌い。
こんなの信じる人がいるのでしょうか…ほんとに野蛮な…

健全な思考力。丁寧な思考…。
国民が、努力して、それを培っていくしかないですね。日本人は
まだまだだという気がします。経済的発展はしたけれどそれだけ。
実は先の太平洋戦争の頃からほとんど変わっていないのではないでしょうか。
政治を自分のものと思っていない。自分たちが歴史なんだ!
ということを認識していない。
偉い人に何でもお任せ。寄らば大樹の陰…
政治家もそんな国民をバカにしている。
国民は、『一票』でしかないのでしょう。『一票』をまだ持たない子供たちには、
存在の価値さえ感じていないのかも。
お母さんたちが、『知らなくちゃいけない、正しい知識を、
判断力を身につけたい!』、と勉強し始めたのは、大きな力ですね。
日本はそうしたところからいい方向に変わっていくのかもしれません。

さあ、わたしも、休んでないで、また書いていかなくちゃなあ。
hasutamaさん、ありがとう~♪
2011年11月03日(Thu) 09:18
彼岸花さん(^^
編集
こちらこそいつもありがとうございます!

しばらく前に放送大学をなんとなく見ると、社会リスクという授業で狂牛病の事件のことを検証していました あの時も、イギリスの農業大臣が牛肉を孫娘と一緒においしそうに食べるパフォーマンスを行ったそうです しかし後に、安全ではないと証明され、その時には大臣は、食べることを拒否したのだとか・・ パフォーマンスを見て食べてしまった人に対し、責任をとるつもりがあっての振る舞いなのか?それどころか肉の会社からお礼をもらっての行為であったりする?また、このときの教訓は、学問として研究されていながら、なぜ今回のことに生かされていないのか・・i-201

「悲の器」の主人公が嘆いたように、学問など現実の力関係のなかでいいように利用されるだけのものなのでしょうかね バカバカしすぎますが、大切な命がかかっている、笑えない話です

こうした現実を見るのか、それともテレビ教を信じるのか・・i-230今までの自分、考えない庶民というのも、無責任に加担しているのと同じなのでしょうね・・

難しすぎてなかなかついていけない私ですが、努力だけはしたいと思いますi-183
2011年11月04日(Fri) 19:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。