認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ TPPを学ぶ/おサルTOP認識のさんぽ ≫ TPPを学ぶ/おサル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

TPPを学ぶ/おサル

サルでもわかるTPP

SOS!私にもわかるのか?みなさん一緒に見てみませんか?
関連記事

Comment

編集
こんにちは~。
これ、いいですね。
ほんと、わたしでもすごくよくわかりました。

いや、実は原発のことと同時に、このTPP問題も気にしてたんです。
というより、日本の農業林業などが崩壊するのを恐れていた。
前のブログで、原発のこと書いてた時、「食の自給率をたかめること」
つまり、日本の農業を守ること、というのも、大きな課題だと考えて
いました。原発と関係ないようでいて、実は深いところで繋がっていると
感じていました。
原発の立地を許した町村は、大抵がどこも、従来の農業や林業、漁業だけで
生活が成り立たない貧しい地域です。そこを札びら切って原発誘致させた。
いってみれば、本田靖春さんの記事でも書いたように、原発は、
日本の農林業政策の失敗の落し子のようなものでもある。
私が今一つ前から心配していたのは、水の問題です。
この、奇跡的に水資源の豊かな国。海外の多くの国から見れば、
垂涎の的です。TPPであらゆる貿易の障害が取り除かれるようになれば、
アメリカ大手の水産業会社が乗り込んでくるでしょう。
インドで、それでなくても乏しい庶民の無料の水道を、アメリカの
大手飲料会社資本と結びついた政府が結果的に奪ってしまったように。
アメリカはほんとにひどい国。個人は立派な、いいひとが多いときっと思う。
でも、大資本家は本当に悪。モンサント社などは、悪魔のような企業だと
思えてなりません。

TPPについては、漠然とした不安であったものが、これを読ませていただいて、
すごくよくわかりました。私も是非、これ、ブログで引用して、
少しでも拡散したいと思います。

hasutama さん。いつもありがとう~。
2011年10月22日(Sat) 13:41
彼岸花さま(^▽^)/
編集
いつもあたたかいコメント有難うございます!

実はわたし、TPPっていまだによくわかっていないんです~i-240でもこれはイラストが面白いですね~ ボスざるみたいなのが太っていく・・地球がサル山に思えてきます

 自由競争って何なのでしょう?経済の自由・・ちなみにシュタイナーは経済の友愛ということを言っていました 経済の自由って弱肉強食がお金の価値で行われてることなのかも?しかも命尽きないものは際限なく肥え、際限なく無慈悲に強大に凶暴になっていくとか・・?すごく気味悪く思います

出来ることとしては、やはり・・暮らしを徹底的に変えていきたいと思うのですが、いったい何をどうしていいのかわかりません 
個人がもっと尊厳を持って生きられる社会ってどんなものだろう?と想像します

問題は間近に迫っているのに、必要なのは非常に大きな変革なのかも知れず・・i-183

なんとか気を落ち着けて、しっかり考えていきたいです







2011年10月23日(Sun) 19:45
編集
こんにちは。

私もTPPは反対です。
先日、財務官僚から民主党衆議院になった1期生の国政報告会に行ってきました。
その人はTPPについて熟知している方なのですが、その方も、今の状況では反対だと言っていました。
で、その方が言うには、
もし、日本のTPP参加をアメリカが実現させることができたら、次回の選挙でオバマさんの当選は確実となるそうです。
そこで、アメリカとの駆け引きを少しでもスムーズにするために、TPPをのむという選択肢もあるかもしれないと・・・。

野田さんはアメリカの言いなりなので、どうなるかすごく不安ですが、TPP反対の議員さんたちに頑張ってもらいたいです。
2011年10月24日(Mon) 14:15
愛希穂さんへ
編集
コメント有難うございます!

ふむ~そうですか・・って、いやいや・・まずはTPPそのものをまだよく理解していない私ですi-201ですが何かの駆け引きや、状況判断で、国全体が影響を受けることが、どんどんわからないうちに進められてしまうだけでも「ちょっと待って~!」と言いたいです 原発だって、そんなふうにどんどん決められて流されてきたのではないだろうか?と危惧します 少なくとも、国民側からあがってきた話ではないのではないかしら?どんな暮らしを望むのか、何を守りたいのか・・意思を持てるようになりたいです
2011年10月24日(Mon) 20:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。