認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ つながり/自分のための横軸TOP認識のさんぽ ≫ つながり/自分のための横軸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

つながり/自分のための横軸

昨日は、住んでいる市内で、
「子供を放射能から守る」グループの
小さな集まりに、はじめて参加させていただきました

グループのメンバーは
まだ出会ったばかりの5~6人なのだと思うけど
そこにいらしていたのは3人ほどで
うちお二人は小さなお子さんがいっしょで
おなかの赤ちゃんも一緒に参加してしてくれていました

皆さん、品良くおだやかなたたずまいなのに
行動は素晴らしく迅速です

9月に図書館で開かれた
生活クラブ主催の講演会に参加したときに出会った人が、
その後一回集まっただけだというのに
その一度きりの集まりで
市への放射能対策の要望書を提出され
さらに今は、11月の講演を予定していて
昨日はその打ち合わせでした

小さな子供の様子を見守りながら
講演の細かい内容をつめていったのですが
かえって日ごろのストレス(?)が飛んでいくような
楽しい時間を過ごさせていただきました

そうか・・単純な話、
縦軸だけでは、安定して立っていることは出来ない
心にきちんと空間を設け
外からの音を響かせるなら
人と本当の意味でつながる事が出来るのかもしれないし
そのことで私自身も、
バランスをとる横軸を持つことが出来るのかな

帰り道にそんなことを思って
家についてからメトロノームを鳴らしてみると
あいかわらず頭蓋骨に響いたけど
心なしか響きが小さくなったような・・?

大きな病院に行くのは
もう少ししてからにしようかな・・
関連記事

Comment

No title
編集
横軸。縦のつながりだけでなく、横に、同時代に生きるものとしての
共感で繋がっていく…。
きっと大切なことですね。
私もね、そういうことが必要な時期に来てるのかなあ、って思ってます。
でも、なにか一歩を踏み出せないでいます。
2011年10月16日(Sun) 12:50
彼岸花さんへ♪
編集
ん?彼岸花さんは、すでに同時代の方々と共感で結びついていらっしゃると思いますよ!まるで鶴の恩返しの機織のように、心をけずってブログの記事を書いてくださり、人の心に寄り添い、強く結びつけて下さっていますi-239
 
実は、行ってみたものの、皆さんの素晴らしさにただただ感嘆するだけで、お手伝いどころか自分が癒されていてi-235

この会は、今は人数が少ないので、まだ個々の思いを受け止めあうことが出来ているようです 何かをするのも大事かもしれませんが、気持ちをわかりあえる仲間に出会えたことが皆さんにとって何より良かったとうかがいました

またその後を報告しますね!


2011年10月16日(Sun) 14:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。