認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ ぼんやり・・頭に浮かんだことTOP認識のさんぽ ≫ ぼんやり・・頭に浮かんだこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ぼんやり・・頭に浮かんだこと

うーんと・・今日のニュースを見て・・
前原さんの発言は「唐突」ではないのだろうか?
武器輸出を認めないという、
武器輸出三原則を見直したほうがいいなんて
急に・・
そうか、もしかしたら嫌なのかな
脱原発が盛り上がって、それが核廃絶や憲法擁護に結びつくのが
それを警戒する人たちが、いるのかもしれない
前原さんが武器輸出のことを言い出して
石破さんが、党は違っても応援したりする
武器の企業(?)や、原発の企業も、言ってもらいたがっているのか
それにしても、どうしていきなり武器輸出なのだろう?
私にはさっぱりわからなかった

それから、
プルトニウムやストロンチウムやトリチウム
これは、すらすらと言えるようになった!
セシウムだけじゃなくて、いろんな核種があるのですね
それらは色々いっぱい飛び出してきたことがわかって
それはだいぶん前に保安院が資料を出していたのに
気がついた人は少なかったという・・
そんなわけで、それらの物質は
身近なところにもあるかもしれないが
ガイガーカウンターではわからないから
土壌調査をして、拡散分布図を作らなくては安心は無いの
お庭仕事を楽しめるのかどうか?
でも、もうやっている人だっているのに遅すぎるけど
ずぼらな私だって、いっぱい葉っぱを片付けたし
草取りも頑張った

それぞれの物質の性質は?
植物に吸収される?
それがわからないのに、お野菜は大丈夫なのだろうか?
肺にプルトニウムが入ってしまっているかどうか
どうしたらわかるのだろう?
人体から排出するという薬は、どのように活用できるのか
安全も大事だけど、安心も必要です
わかりやすい調査や説明がないと
必要以上の不安なのか、必要な不安なのかわからない

先日歌のレッスンで、
発声練習を少ししただけなのに
目が回って気分が悪くなってしまった
無意識のうちに、いつも小さく空気を吸うようにしていたせいで
肺がびっくりしてしまったのか
貧血気味なので、脳に血が足りなくなったのか
運動不足なのかもしれないと思って、
夜に走りはじめたら、調子がいいです
でも身近な人から、聞いたことも気になります
いつになくずっと下痢が続いたとか
アレルギーが秋には出ないのに今年は出たとか

市内で給食がある中学校で、
一人お弁当を持たしているお母さんがいるそうで
「子供が浮いてしまうよね、
 わざわざ食材を取り寄せているんだって!」
そう職場の人が言うから、
「えーでもわかる!私も心配だもん」と言うと
「そんなの毎日のことなのに やってられなーい」って
うーん、毎日のことだから気になるとも言うが・・

その、お弁当を持たせているお母さんに会いたい
もしも杞憂なら、「ああよかった」と言えるし
杞憂でなかったなら、「そうしていてよかった」と言えるよね!って
このあたりは、案外いなかなのだな
人と違うことをすると「変なの!」と思われてしまって噂になる
時には先生だって、その仲間になってしまう

子供たちが中学校に通っているときに
学校生活は、精神的サバイバル技術の習得場かなと思った
みんなと同じ流れに、もし反していたとしてもちゃんと自分を保つ
権威あるものでも間違いを起こし
その責任を弱いものに押し付けることがある
でも、もし自分に志があるなら、
必ずよき師や仲間に廻りあうことが出来る

原発事故後の日本は、学校みたいになっている?
子供の気持ちがわかるかも
私は、ちゃんと志を持てるかな・・









関連記事

Comment

No title
編集
>武器輸出を認めない法律を見直したほうがいいなんて

武器輸出三原則は政府方針であって、憲法でも法律でもありません
たとえ武器を輸出しても憲法に違反しません
また武器輸出の議論はもう何十年も前からたびたび議論になってます

>武器の企業(?)や、原発の企業も、言ってもらいたがっているのか

原発(電力会社)と軍事企業は別です
武器輸出が可能になったとしても、電力会社の利益にはなりません
2011年09月11日(Sun) 11:23
ありがとうございます!
編集
はじめまして(^^

ご指摘有難うございました
こうしたことに本当に疎い私です
さっそく法律のところを訂正しておきますね

武器輸出三原則、日本の軍需産業とwikiを見てみると、少し知識が増えましたi-201
なるほど、なかなか興味深い内容です

原発事故ではじめて社会で起きていることに興味を持たなくては無責任だな・・と気がついたのですが、いろいろ知らないままで平気で過ごしていますので情けないです 
自分のこととして、この件についてももっと詳しく知る努力をしたいと思います

原発に関わる企業は、電力会社だけではないのでは?とは思って、日本の軍需産業を調べると、日立や三菱等、重なる部分もあるようですね?
民主党の防衛政策というのも、知らなかったので興味深く思います
色々な立場からの意見がネットにのっていますね

私はたぶん、平和憲法の理念をどう実現することができるか?という立場に共感するのではないかと感じていますが、世界の色々な出来事も含め、しっかりと見つめ考えを持つことが出来るといいなと思います

色々な方の御意見をうかがえることを感謝しますi-228
2011年09月11日(Sun) 20:39
競争
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

カーライル社が東京支社を出したのは、近年のこと
だと思います。ホームページでは、理事も分ります
から参考になると思います。資本主義下での競争
原理は、システムが変わらない限り続くのでしょう。

最近とても気になる直感があります。放射能を
分解する微生物がいるはずだ!と思うのです。
現状をよくするには、そこが鍵になるのでは?
と思い始めています。

hasutamaさん、草刈お疲れ様です。
残暑お見舞い申し上げます^^
2011年09月13日(Tue) 00:31
No title
編集
前原さんの発言のことは、私も書こうと思っていました。
でもなかなか、時間が取れない、気力が今一ないなど、書きたいことが
どんどん溜まっていってしまっています。頑張って書かなくっちゃ。

野田政権もなんだか、どういう政権なのか、見極めが難しいですね。
こういう動乱期であればこそ、国民は、しっかりと政治のありようを
見つめ、自分の頭で考えていかねば、ですね。
ところが、あまりに大きな動乱期には、人はかえって思考停止を起こし、
嫌なものは見たくない、という心理状態に陥りがち。
そうして、判断を人に仰ごうとしがちです。それも、つい、声の大きい者、
断定的にものを言う者に。
たとえそれが反原発の声であっても、盲従はまずい。
ましてそれが国をとんでもない方向に導いていく危険性のある声ならば。

本質を見極めるのは難しいですね。
表面関係のないように思えることでも、水面下ではきっかり繋がっていたりする。
そこを見抜くのは、やはり出来るだけ正確な情報。
これはもう勉強するしかないですね…。
あとは、直感かなあ…!(笑)
これが一番厄介。特に女性が本能的に抱く、命を脅かすものへの
不安と嫌悪感。これはなかなか論理的に人には伝え難い。
それでも、それってすごく大事なことだと思う。
私も日々、それを言葉にすることに苦闘しています。
何が正しいのか…
そもそも正しいことってあるのか…

私はあると思っています。
命を脅かさないこと。人の生きる権利を脅かさないこと。

前原発言は、その私の本能にやはり、???を突きつけるのです。
2011年09月13日(Tue) 10:22
はなさかすーさんへ
編集
コメント有難うございます
やっと「エンデの遺言」が届きました まだページをめくっていませんが、シュタイナーの社会思想も含めほんのちょっとずつ理解出来ればと思っています 気持ち悪いと思うのは、武器で儲かるとなると戦争は嬉しい、だから協力して戦争を始めようというような、オウム事件のような茶番だってありうる気がして、それが日本にも起こりうるとなったときに、今の日本ではそれを見抜くことも止めることも出来ないのではないかと・・ 妄想しすぎでしょうかねi-201妄想であればいいのですが

微生物!素敵ですね 教えていただいたフィチン酸は発芽の力なのですね 乳酸菌も人体で頑張ってくれるようですが、科学ではどのぐらいわかっているのでしょう? ネットで見ると菌で浄化するやり方は、一般の土壌汚染に対しては確立しているようですね!(日本では、既存のものに意地悪されて利用されていないようですが・・)お庭に乳酸菌まいてみようかしら?

それから・・ご家族の写真、とても素敵でしたi-80
2011年09月14日(Wed) 08:37
彼岸花さんへ
編集
彼岸花さん、ありがとうございます!

私はデモに参加できず残念でした 出来れば経産省を囲う中に入りたかったのですが
大江さんが頑張ってくれていて心強く思います 19日は参加できるといいな

お母さんは、命をちょっとでも脅かすものには、怒るのですよね!毎日毎日、心を配って育てて来たのですもの
自分に対しては、人間一回は死ぬのだしな・・と思うのですが、子供に対しては、なかなかそうは思えません「生きる」ことへ思いを寄せるところから、政治も行なって欲しいです 武器はやめて~!

菅さん、野田さん・・わからないことが多すぎて 野田さんの話は日本人の情に訴えるのでしょうね 個人的にはそういうのは苦手で、どちらかというと、政策、政策と言う菅さんのほうが理解しやすく思いました 松下政経塾、パナソニック?見えてないところでどんな力が働いているのでしょうね???国民の代表じゃなくて、みんな企業、お金の代表なのですかね 人間がお金を使うのではなく、お金が人間を支配!SFではなくて現実ですね 

知ろうとすること、考えること・・そのぐらいしか出来ませんが、(それだけでも大変)諦めずに続けたいです
2011年09月14日(Wed) 09:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。