認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ みどりおじさんTOP認識のさんぽ ≫ みどりおじさん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

みどりおじさん

今日は、つらつらと・・独り言してみようかな

人間には見える身体だけでなく
見えていない身体もあるとシュタイナーは言う

いくつかの
普通に考えれば気のせいのような、
でも自分では気のせいではないと感じている出来事から
その体はあるんじゃないか?と思う

見えない身体が、あるという方向性を持ってみると
今度はその方向性のゆえに
よけいそうしたことに敏感になるので
その体の実体について
現状や健康管理について
具体的に考える・・というか感じることが多くなってくる
(妄想の体系化である)

言葉にしてみるのは重要だ
言葉が輪郭となり実質となる
骨みたいな?
そこに感覚が加わる

さっきまでその体は、ぼんやりと漂い
濁って低くたれこむように床に拡散していたけど
洗いものをしながらハンガリー田園幻想曲を聴いていたら
フルートの音色に導かれ
楽曲の構造に支えられて
呼吸できる空間を見出し、
すっと直立した

お皿洗いに伴う、
流れる水や、お皿の、物質としてのありようが
私の感覚に伝わり
私が肉体を使って
それらと関わりを持つことで
そいつの体も、生き生きと躍動し始める

この人は音楽を含めた物質の秩序が好きなのだろうか?

でも私と彼の感覚は
分裂していて
やつはやつで独立して、自分への快感を感じたようだった
それはどういうことなのだろう?

彼は、秩序を自分の体に取り込むとして
その時私は、秩序外にはみ出してしまうのだろうか?

目を閉じ、ハリー・ポッターのように
必要なものにつながろうとしてみる
そのとき私は、彼になるのだろうか?

その彼は、シュタイナーの言うアストラル体?
それともエーテル体?

「みどりおじさん・・」
彼はそう呼んでもらいたいらしいから
エーテル体なのかもしれない

みどりおじさんが弱っていると
私はやる気が出ないのだが
彼はどこかで私を阻害しようとするから
あまり親身になれないのだ

しかし、とにかく
おじさんの存在に気がついたことは進歩である

関連記事

Comment

こんにちわ
編集
シュタイナーがお好きなんですね?
彼の著作は2~3冊しか読んだことがありませんが、私も精神世界系には大いに興味があって、クリシュナムルティやグルジェフなどを乱読してきました。

精神世界のグル達が共通して訴えていることは「気づき」だと思います。
原発の問題だけに限らず、人間が自らの愚かさをもっと自覚して、自分と世界を(本当の意味で)進化させていかなかったら、刻々と進行している破滅の道を止めることはできないのでしょう。

こちらもリンクを貼らせていただきました。
これからもよろしくお願いいたしますね。合掌
2011年08月31日(Wed) 12:18
うみそら居士様
編集
有難うございます!
「気づき」というのは、精神の能動性ではないかなと思っています
「なぜ?」という小さな問いをきっかけに、世界を変えることも出来ると信じます 少なくとも自分にとっての世界は変化します
今起きていることに関する「なぜ?」を、丁寧に拾い上げてくださっているうみそら居士様に、とても励まされます
どうぞ宜しくお願いしますi-260
2011年08月31日(Wed) 15:23
連想
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

今回の記事を拝読して、ふとアラン・タネール監督の
光年の彼方、という映画を思い出しました。一人の
青年が、クレイジーなそれで真実味のある爺さんと
出会って、世界の現象を日常から意識化していく
ものでした。例えば、朝起きて顔を洗うとき、水道の
蛇口から出る水が朝日を吸っている場面で、自己が
感じている何かを意識化して言葉にします。いい
映画でした。

深く入るのは瞑想と同じです。そこで観るのは
個々人に差はありますけど、本当に行くところまで
行けば、そこには真理があります。そしてそれを
実人生でどう使うかが問われているように思われ
ます。アストラル体の答え^^
2011年08月31日(Wed) 23:58
はなさかすーさんへ
編集
いつも有難うございます(^^

人間に与えられている認識の能力に制限を設けないというのが、シュタイナーが与えてくれているテーマなので、小さな発見を自分で尊重しようと思っています そんな素敵な映画を連想していただけるとは光栄です!

一般的な実生活にみどりおじさんがどう活躍するかは、目に見える形ではわからないのではないかと思うのですが、彼を見つけることが世界を理解するのには、役に立ってくれるかもしれません(?) 

生きた秩序とは何なのか、秩序の無さとは何なのか・・それを自分自身の身体から読み取ってみることが出来たら面白いかと思います

感覚や感情のようなアストラル体は、自由を与えられるために秩序に拘束されていないけれど、それは自分自身で選び取った秩序への意志を持つためかなと・・ きっと人間は、どこかで秩序や理念を愛していて、合体したいと願っている 日本人はこの過去に築かれてきた秩序というみどりおじさん(^^にすぐに合体してしまい、意志のないまま秩序に飲み込まれてしまいがち 自意識が秩序から除外されているのは意味があることなので、そう簡単に投げ捨ててはいかんだろと思います 

自意識の混沌は新しい秩序へのフリースペースというわけだから、そこには悪の入り込む自由もセットだったけれど、人間は少しずつそれを除外してきたつもりだった?しかし、過去の秩序は今にとっては必ずしも善とは言えず、未来の秩序は常に想像し創造しなくてはならない? 

あーでもない、こーでもないと
また妄想に終始ですi-235 

でも、あしたは市議会の傍聴に行ってみようかと思っています せめて議員さんが寝ないようにi-88 自分の住んでいる地域を知り、自治を取り戻すことに参加してみたいです (うそ、ほんとはイケメンの議員さんを見に行くのでーす)

わー!すごく長々と書いてしまいました
妄想につき合わせてごめんなさいi-229
2011年09月01日(Thu) 17:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。