認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 議員さんが脅迫屋さんを発注する?TOP認識のさんぽ ≫ 議員さんが脅迫屋さんを発注する?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

議員さんが脅迫屋さんを発注する?

昨日は地元のことを良く知っている友人にあったら
先日右翼の街宣カーがアジで攻撃したのは
地元の新しい議員のことで
古株の議員達が、議会でいつも居眠りしていることを指摘した為に
そのようなことになったのだと聞きました
「あの人は昔からやんちゃだったから
 一年生議員なのにやりすぎてしまったのね」と
指摘した人がいけないというニュアンスを感じましたが

・・そんなことがあっていいのでしょうか?
そこで、アジ攻撃されたという議員さんが所属している会派の
活動を調べてみると、市のお金の流れを
一つ一つ調査し始めていて
放射線の調査に関しても、地上1メートルだけでなく
保育園の土壌調査、必要な場合の除染
食品の安全の調査等々も要求してくれていて
まったく理にかなった、
市民のお金、命、生活を大切に考えれば
当たり前のことをやってくれているということが
わかりました

ほんとに憶測になるけれど
居眠りの指摘よりもそっちのほうが
つまりお金の流れを明らかにされたり
放射線の情報を市民に知らせたりすることを
なぜか面白く思わない人たちがいて
そっちのほうが
脅迫発注の本当の理由なんじゃないかと思いました

あ~まるでこれ、国の政治の縮図・・
もしかしたら、これはただの一致ではなくて、
そーゆー動きがあったらいつでも街宣カー出すからね!
みたいな、県や国のもっと偉い人たちとの友情が、
いやいや利害関係の結びつきがあるとか?

そういうことで戦車みたいな街宣カーが脅すとは
国として、いったいどういう状況なのかと恐く思います
やっぱり原発関係には、
国粋主義的な思想が関連してくるのかと思ってしまうし
もしあの街宣カーに日の丸や、あの朝日みたいな旗だけでなく
カギ十字もつけてくれれば
まるで対戦前のドイツみたいと
わかりやすくてよかったのかも?

攻撃された会派の議員さんたちは
ツイッターをされていて
市民からも応援のツイートが寄せられており
それを行動に移してくれているにもかかわらず
脅迫的な圧力をかけるのは
市民の言論に対する脅しと言ってもいいのではないかと
感じます(もっとはっきり言うなら「弾圧」です)

夫や家族に、ねえねえ、どう思う?としつこく言うと
夫「そんなもんでしょ、議員なんか、
  土建やでやくざもつるんでるんだし」
私「えー右翼はやくざなの?右翼思想は無いの~?
  そうか、じゃ、力のあるところやお金のあるところに
  雇われて出てくるのかな?
  でもそれじゃ使い走りの脅迫やさんじゃない!」
夫「そりゃそうだよ」
私「わ~ん!」
娘「もう、お母さんそういう話聞きたくないよ~」

おしまい







関連記事

Comment

No title
編集
おはようございます。

かなり前の話ですが、母の知人のご主人が、もう無くなった自民党の首相経験者と知り合いだったそうです。
その知人から母が聞いた話では、年始には、右翼も左翼も彼のところに挨拶しにくると。

その話を聞いたときは、びっくりしたのですが、hasutamaさんのこの記事を読んで、やっぱりそうだったんだ、って改めて思いました。
2011年08月14日(Sun) 08:23
愛希穂さんへ
編集
コメント有難うございます(^^

そうですか・・それをうかがうと、政治が政策や思想、論理と言うより、力やお金の結びつきの中で行われているのかなと感じますi-227

私の町は比較的静かなところで、20年以上住んでいますが、そういう車を見るのは初めてのことだったのでびっくりし、事情を聞いてみてもっとびっくりしましたi-230

世の中そういうもの・・以前ならそう割り切ってしまっていましたが、その態度こそが、それを助長してきたのかもと反省しますi-201
2011年08月14日(Sun) 17:23
No title
編集
申しわけないけれど、最後の方のご家族の会話、
ぷっと吹き出してしまいました。
hasutamaさん。なんだかかわい~い!(笑)

でも、本当はこれ、笑い事などではなく、わたしも、この国が
右傾化していくのではないかと憂えています。
大震災と原発事故の直後ね、一時、ネトうよと呼ばれる人たちが
ぱたっとおとなしくなったことがあったんです。
ネット上で右翼的な発言をする人は概して、反原発運動を攻撃する
人々だったんですね。ところが、あまりの事故の大きさに、
しゅんとなっていたようなところがありました。
でも、国会の菅攻撃がすざまじくなった5,6月あたりから、
またこういう人々が元気になってきたという気がしているの。
今は、言いたい放題で、とても勢いづいてるんじゃないかしら。
彼らは敏感に国の政治の風向きを読む気がします。
我が家は近くに彼らにとっての聖地の一つがあるんです。
だから街宣車は多いです。

昔から、たぶん…政治との結び付きは強かったと思います。
戦争中からもうずうっと、その関係は延々と切れずに続いて
いるんじゃないでしょうか。一部大企業とも。
右翼、やくざ、警察、時には法曹界までが…昔から、日本だけでなく、これらは時に、
政治家や官僚、大企業の配下、のような働きをしてきたんじゃないかなあ。
命令されなくてもいいんです。
勝手に、時の権力の思惑を汲んでやる。
古賀茂明さんの家への悪質な行為などは、誰かに命じられて
やったというよりは、跳ねっかえりの勝手な、誰かの意を迎える、
個人への脅迫行為だったんじゃないでしょうか。
マスコミもおそらくそうですね。
誰にも言われてないのに、自分たちで勝手に自粛したり、
真実を隠す報道をしたり、…ということがたくさんたくさんあるのだろうと思います。

これは教育の結果です。原発安全神話とまったく同じように、
日本は市民運動や組合活動をする者を忌み嫌う教育を、
(学校でではさすがになく)、各家庭の大人たちが、日常の会話の中で
子供たちにしてきていたような気がわたしはするのです。
「ああ、あいつは組合員だからさ!」とか、「ニッキョ―ソが何もかも悪ィよ」
とか、「NHKに受信料払うこたないよ」とか、「朝日はアカだからさ」とか
(そんなことわたしから言わせるとないんですけどネ。むしろいつも中庸すぎて物足りない!)・・・
まあ、そういった大人の会話を子供は自然に聞いて、インプリントされていく。
原発ないと困るんでしょ、電気が足りなくなくなって困るでしょ。
原発反対するなら電気を使うな!・・・

この、深く広く広がった偏見と無知と戦うのは大変なことだなあ、と思います。
結局、ろくな政治家がいないのは、国民がまだ練れてないからかなあ。
政治家の信条や生き方ではなく、お金の力や情実や権力の力に
集まっていく人々が多い限り、この国に本当の民主主義は育たないかな、
とちょっと絶望感。

でも、あきらめていられませんね。
菅さんの後をしっかり見ていないと、官僚寄りの政治家たちに、
国がどういう方向に引っ張って行かれるかわかりませんものね。^^



2011年08月14日(Sun) 23:13
彼岸花さんへ
編集
いつも有難うございます!

ネトウヨさんにしても街宣車さんにしても、暴力的な言動でしか何かが訴えられないこと自体が、思考や言語能力の欠如、仲間と一緒に威嚇しなければ強いと思えない小心ぶりを表明していて、すごくがっかりげんなりします

共通して根幹にあると思うのは、その人自身を含めた、一人の人間、個人の価値を信じていないということかなと思います

どんな人にも無限の価値があると同時に、その責任もある それを確信できるならな・・そういう意味では人間はまだまだ発展の余地があるけれど、地球環境はその試行錯誤をいつまで許してくれますかね~i-201 

2011年08月15日(Mon) 18:36
陳腐な時代劇
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

もう眠ろうかと思いましたが、面白かったので
拙いコメントをいつもながら・・・・。

時代劇の悪代官が出てくるシーンと全く変わらない
世界ですね。どうしたら軌道修正できるのだろう?
その上を行けばいいのでは?と思います。掌の上
でコロコロと・・・・あやしながら、光のある方へ導く
には、子どもたちをどう育てるか、それぞれの地域
の肩に掛かっていると思います。

幼い子どもたちは判っています。この世に産み落と
された意味を・・・・成長と共に忘れていきますけど。
その意味を気付かせることも大切なのでは?
いつの世も帝王学みたいなものによって、人心に恐怖を
植えつけて我が意に沿ってコントロールしたがるもの
でしょうから。肉体の恐怖、そんなものは大したこと
はないと自覚出来ればよいのですが。

立法、法が支配しているのでしょうね。
法と制度の在り方を変えることが現実的でしょうか^^
2011年08月18日(Thu) 00:04
はなさかすーさんへ
編集
はなさかすーさん♪、いつも有難うございます

そうそう!いつものパターンですよ~
正義の味方が、出てきてくれないだけでi-201 いったいどのぐらいの人が、自分の地域でこんなことがあると知っているのかなと思います 「疑問に思う」「知ろうとする」・・それさえあれば、せめて次の選挙には今までと違った視点が持てるのではないかと思いますが、案外無関心だったり、「先輩に楯突くからだ」みたいなな発想があったりi-232 丁寧に悪を見分ける自分自身の意識こそが、正義の味方として未来を変化させられる気がするのですが・・ 私としては、頑張ってくれているこの会派の方を極力応援していきたいです 

地域での教育、それすごく大事なことですね
子供の周りの大人たちが、どういう人のつながり方をして暮らしているかは子供に大きな影響を与えますね 子供って、ほんとによく見ているのですよね~

自称神秘学徒なせいか、すぐに個人の意識のあり方に興味が向かいますが、すーさんの言葉は、いつも私の視点を広げてくれますi-239

2011年08月20日(Sat) 08:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。