認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 児玉さんを知って嬉しかったTOP認識のさんぽ ≫ 児玉さんを知って嬉しかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

児玉さんを知って嬉しかった

放射能もストレスも、目には見えないけど
きっと積もっていって、
自分でも気がつかないうちに
気がつかないから余計に
何かに対する憎しみとなっていく気がして
それも嫌だと感じます

いろんなことががっかりで
何に楽しさを見つけていいのかわからないです
精神の健やかさを保つことが困難です

関東にいる私でさえそうなのだから、
原発にもっと近い方たちのご苦労は
まったく限度を越えているに違いないと思います

そんなことを感じつつ、今日はこの動画を見て
児玉さんという方に心から感謝したくなりました
たくさんの方がこの動画を見ているようですが知りませんでした



言葉の力を、強く感じます
本当に真剣ならばこうなるはずです
出来るなら、普通にこうあって欲しいです
大きなメディアでこうした方の発言をとりあげてもらいたいな
でもきっと取り上げないのだろう
利益にしがみつきながら過去を追及されることを恐れ
たくさんの策略をはりめぐらせて
人の責任だけを追及する・・
そんな人たちが、もしいるなら恥ずかしく思うことでしょう(?)
悪巧みはやめて、児玉さんを見習いなさーい!

関連記事

Comment

No title
編集
原発被害を受けておられる方々の痛みを思い、心からの叫びがほとばしり出ているようですね。
児玉さんの「重い十字架を背負っている」という言葉が響きます。
でも、政治家や官僚でそこまでの責任を感じている人は皆無に等しいのではないかと思えてなりません。
感じていないから、政局争いばかりしている。
自分たちの利権を守るために、多くの人に本来なら負わなくてもよかった十字架を背負わせてしまっている、そのことの責任をしっかりと感じ、責任をとってほしいですね。
2011年08月05日(Fri) 09:39
愛希穂さんへ(^^
編集
おっしゃるとおりです こんな出来事の責任は一体どのように取ることが出来るのでしょうね わかりませんが政局争いでないことは確かですね 

でも責任をとるどころか、今度は「防衛利権」だけは死守しようと、わざわざ中国や韓国との関係を悪くさせようとしているような、「国際的やらせ」までしているのではないかと・・そんな漫画の世界のようなことが、こんなときに虎視眈々と行われているのではないかと感じ、いったい奈落の底はどこまで続いているのかとびっくりします なんて・・つい愚痴っぽくなってi-201

私は高校は神戸で過ごしたので、帰郷のお話楽しく拝読しました ゆったりとした神戸の町や須磨海岸が懐かしく思い出されますi-239
2011年08月05日(Fri) 19:31
No title
編集
この演説は凄かったですね。
本当に胸に迫るものがありました。
同じ学者でも、こういう方もいらっしゃる。
救いを感じますね。
それに比し、委員会の議員たちさんでしょうか。
どよ~んとした話しぶり。がっかりです。
こういうお話を、普通のテレビでもノーカットで流してくれたら、と思います。
2011年08月07日(Sun) 23:25
彼岸花さんへ
編集
コメント有難うございます!
彼岸花さんのところにコメントしたくていつも書きかけるのですが、記事の内容が濃くて色々な印象で頭がグルグルしてしまい、途中で挫折してしまいますi-201
お美しい写真も、ちゃんと拝見したのにな(^^

児玉さん・・能動性の問題でしょうか 
責任を感じるとか何かをする意志を持つことを、受動的ではなく自分のこととして、自発的に感じることが出来ないと、他人事になってしまいますね どうしなくちゃいけないのかわからない、教えてもらえないと出来ないと・・もしかしたら現地のお役人の中にさえそういう方がいるのかな・・国任せにするなと安住さんが言っていましたが、国は国で、国会議員は菅さん任せで責任だけ追及・・その全体がどよ~んとしたものを作り出しているのでしょうか ぜひ、緊急に襟を正してほしいですねi-201
2011年08月08日(Mon) 19:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。