認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ お猿の魔法で飛ぼう~TOP未分類 ≫ お猿の魔法で飛ぼう~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

お猿の魔法で飛ぼう~




曲が始まった瞬間から
空に抜けていく気がして
行って、そこで巡る~

彼らが連れって行ってくれる場所で晴れやかに解き放たれる

それは彼らが、ちゃんとその意味をわっかているから

この人たちは大人で、そして自由

カラオケで歌おうとしても間に合わないから悲しい・・
英語の目標はこれをかっこよく発音して歌うこと~

everybodies talking always up
and groovin' come on up
and join up with me yeah!


はい!お供させてください!ってもうお供しているんだけどね

英語が得意な娘に、意味を聞いたら
全部日本語になおしてからわかろうとするのは違う・・って
言葉から感じればいいの?

君はtake me homeって思えなくても

僕は

always on and dancing'
always on the move
won't you come with me?


だって

everybody needs to go beyound the seas

越えてゆこう

take me high
cause I wanna fly

君の声が僕の道にあるさ


もし空がhomeなら
そこで
出会える?

お互いがそうあれたならな

ほんとーに、さわやかな魔法をかけてくれる人たち!

※でもやっぱり、歌詞の訳がもっとちゃんとわかると嬉しいのにな・・



関連記事

Comment

これって・・・
編集
ゴダイゴ?でしたっけ?ちがうか。
2009年11月01日(Sun) 08:25
ちかい!
編集
MONKEY MAJIC という方々です♪
2009年11月01日(Sun) 09:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。