認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 「木漏れ日の家で」TOP映画 ≫ 「木漏れ日の家で」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「木漏れ日の家で」

映画を見てきました



私としてはとてもお奨めです
でも、客席の中には大いびきで寝ている方もいました
退屈に感じる人もいるかもしれません

アニェラという主人公と、愛犬フィラの
廃屋に近い、古い家での生活

モノクロの映像が美しいです

私は古い家が好きなので
家の映像を見るだけでも嬉しかった
朽ちるものの美しさというのもあると思います

物が燃えるときには、それは一瞬で行われてしまうけれど
時をかけて滅びていくときにも、その炎は
物のまわりに少しずつゆらめいているのかも
きっと・・それがとても美しく、心惹かれるのです

今職場で、私よりずっと年上の女性の先輩と
過ごすことが多いのですが
若い人に負けないくらい、純粋で、負けず嫌いで、
情に厚く、チャーミングな方で・・

実は、最初は、大喧嘩をしたことが何度かあったのですが
今ではすっかり仲良しで
どんな時でも、絶対に理解してくれて、
守ってくれる、頼もしく尊敬できる大先輩です

その方のこととだぶって、
思いというのは、年齢と共に
現実から遊離するほどに
深まり高まって、それだけで独立した生き物のように
肉体とは別の意思さえ持っていくのかもしれないと
想像してみました

アニェラの思いが現実の受容力を超えて
突き抜けていくときにまわりが
形骸化していくのは
彼女がまゆから抜け出す蝶なのだから
かえって必要なのではないか?とか・・
最後には少し干からびたからが残ることになるけど
それは尊いことだと思います

その入れ物が朽ちていくときに
命は少しずつ分離して
白の、光の中に溶けださなければならなくて
逆に私たちは黒の、死の世界に本当はいるのではないかとも感じます

光が無いなら、暗黒の世界
それがここなのであって

家が新しい命を受け入れるときに
彼女は肉体からも家からも
抜け出していったのだと私は思いました

あとでネットで調べたら
ハンガリー田園幻想曲という曲が
ずっと流れていたそうなのですが
ストーリーに夢中になっていたのか
まったく気がつきませんでした
予告編では、フルートがとても美しく響いています
CDを注文したのでじっくり聞いてみたいです


関連記事

Comment

美しい人生
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

岩波ホールへもよく出掛けました。最期に観たのは
確かベルイマン特集だったような・・・・。

ジャンヌ・モローさんの美意識に驚いた若い頃、
それもひとつの理想也、と考えたことを思い出し
ました。hasutamaさんもスローテンポでも主人公
の内面の動きを見れるから、眠らずに楽しめるの
ですよね。ウチのカミサンは、岩波ホールで、達磨
は何故東へ行ったか、という映画を観ていたとき、
爆睡していました^^;それも突然後ろに踏ん反り
返るので、目立っていましたね。おー、恥かしい。
今では得意技として認めていますが。

蝶ですか。素敵ですね。きっと、親しい年配のご婦人
の方と、いつか蝶になって宇宙旅行をされるのでしょうね。
どんな色の蝶なのでしょう。見てみたいような。

アンジェイ・ワイダは大好きでしたが、晩年はどうも・・・。
hasutamaさん、劇場では見れませんが、レンタル
されたら必ず観たいと思います。楽しみ^^
2011年07月30日(Sat) 19:46
はなさかすーさんへ
編集
ありがとうございます^^

なぜでしょう、とにかく古い家には魅惑されます 子供時代に新興住宅地みたいなところを転々として、何の陰影も無い土地や建物に囲まれていたせいかもしれません 新しいものには歴史や物語が感じられず、どれも一緒でつまらないですね 人生まで薄っぺらになってしまうよう・・

映画にも疎い私ですが、今回ポーランドのこの映画を見てみようと思ったのも、すーさんから東欧に興味を持つきっかけをいただいていたからですよ~ 達磨さんの謎はともかく、これはきっと奥様も気に入られると思いますi-179

 
2011年07月30日(Sat) 22:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。