認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 電気じかけの人生?TOP認識のさんぽ ≫ 電気じかけの人生?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

電気じかけの人生?

先日のデモに参加するときに
何かプラカードを持ちたいと思って
思い出したのは
ずっと前に
古道具屋さんで買った「ゲルニカ」のポスターだった

picaso.jpg

やっと探し出して見ると・・

実は、以前にはこの絵を
部屋にポスターとして貼ったら
カッコいいなと思っていただけで
絵の表わすところのものについては
あまりピンと来ていなかったの

でも、今回あらためて見たら
今の自分自身の気持ちの中に
この絵にすっと入って
共感できる部分があることに気がついた

うまく言えないのだけど・・

この絵の中の
バラバラになってしまったものたちに
すごく共感する

最も傷つけられたのは
肉体というよりも
脈絡なのではないかと思った

悲しみさえ、
部品ごとの叫びになってしまって
足は足で、電灯は電灯で、
それぞれに錯乱してしまったのだ

目だって
存在の意味を失ってしまって
焦点を合わせる意志も働かないのだから
ずれるのは必然だ

何にせよ、意味がないままに存在することは
なんというか・・
グロテスクなのである

世界が有機的に存在するためには
その有機性を見渡す視点としての
人間の意思が必要だ

人が、物質に脈絡を与える意志を浸透させないなら
世界の、それぞれの存在は
グロテスクになってしまう

グロテスクの象徴のように原発がそびえ立ち
利権をめぐる部品のおじさんたちが
マスコミの音頭でにぎやかに
ぐるぐると盆踊りを踊っている
ちょっとでもこの神に逆らうものは
いけにえに捧げられてしまうから
用心しなくてはならない

今の日本が
こんなにグロテスクなのは
人が、意味づけの意思の力を
失っているから
というより
そんなのはもう、とっくの昔の話で
今では
人間自身がまるで
ちっぽけな部品のように
電気が来ないと動かない
物のように存在しているからではないだろうか?

脈絡のある悲しみを
悲しむことさえ出来なくなってしまったことこそが
最低な出来事だということ

物質だけが存在し
有機的な価値付けを行う
人間の役割が放棄されている

だからこそ
電力会社が
日本の秩序付けを行っているのだと
納得できる

電気に動かされるのではなくて
電気が足りなくても協力し合えるとか
工夫できるのだと確認したり
電気を自分たちで選択していくなど
電気に人間の意思を浸透させていくことが
だからやっぱり
すごく重要なことなのである






関連記事

Comment

No title
編集
hasutamaさん、こんばんは^^

意思を反映させること・・・・

意思を浸透させていくこと・・・・

本当に仰るとおりだと思います。問題は、大人が
その能力を高めるには、どうしたらいいのだろう?
と考えますと、矢張りhasutamaさんのような方
でないと活かせないのでは?つまり、基本がない
と固い頭はなかなか・・・死ぬ覚悟がなければ、と
思います。

基本は、成人するまでの時期ですから、意思の教育
が必要ですよね。自分で問題を解いたり、創造したり
することが、意思力を育むと思うのですが、現教育は^^;

ゲルニカの解釈、素敵ですね。
スペイン人、魅力的ですよ。
ラテン的です。ゲルニカ!
2011年06月24日(Fri) 21:14
No title
編集
hasutama さん、すごい!
そういえば伝わりますよね。^^
私ね、今、ちょっと私事で心配ごとがあるものですから、なかなか
集中できません。twitterで、ひとの呟きを拾うだけになってます。
来週あたりからまた、書きます。
推進の動きが露骨なので、あまりうかうかしてられないんですけれど。
2011年06月25日(Sat) 22:48
はなさかすーさんへ
編集
コメント有難うございますi-228

えっとえっとi-201どうお返事していいのかと、失語状態でした 何しろ私なんて、何かを「思って」いるだけの人間で、はなさかすーさんのように、「行動」できていないですからね~

でも・・たとえばオリジナルな(私のは変てこなだけ)発想を、自信を持って大切に出来るようになるには?と考えてみて、思いついたのは、尊敬するオノヨ-コさんの言葉です

ジョン・レノンミュージアムがさいたま新都心に出来たときのインタビューで、「どうしてさいたま新都心にジョン・レノンミュージアム?」と聞かれて、「今ジョンが、宇宙の一点にいるとすれば、ミュージアムが、地球上のどの一点にあろうと同じことだ」とのことでした この言葉に、私はすごく感動しました つまりどこにいる誰であっても、その存在というのは宇宙の中心になりうる、中心なのだということを思います それをもし本気で思ってみるなら、すーすーしたものにも繋がるでしょうしi-229、また中心であることの責任にも気がつきそうです 与えられるものではなく、すでに持っているものを見つけ発動できればいいのかなと・・ 話がずれていたらごめんなさい

ラテンi-239・・どうりで、バラバラにも大胆な躍動感があります!
2011年06月26日(Sun) 21:28
彼岸花さんへ
編集
いつも有難うございますi-228

ここまで本気で、真剣に心配してくださる彼岸花さんがいる日本なら、必ず良い方向に向かう・・彼岸花さんの文章に触れると、そんな自信まで芽生え支えられている私です

なぜ今の状況があるのか・・ほんとに難しくて、マスコミは信じられないし・・意味不明なまま、最後は勘(菅)?なんて・・i-229命がかかっている非常に重要なことが、漫画みたいなドタバタ劇のなかでしか考えられない愚かさにがっくりです

でも目の前では、大切な家族が毎日色々な思いの中で頑張っているのですよね

彼岸花さんの心配事が、無事良い方向に向かいますように・・って、早く記事読みたいからi-179だったりして 来週が楽しみです!

2011年06月26日(Sun) 22:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。