認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ あきらめなければ、負けは確定しないTOP認識のさんぽ ≫ あきらめなければ、負けは確定しない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

あきらめなければ、負けは確定しない

やっと、動画を見る時間が出来ました
「原発事故とマスコミ パート2」

印象に残ったところをメモ↓

資本主義の終焉?限界?

ジョージ・ワシントン・・原子力空母?

「日本人に選挙制度は高級すぎる」
その日本人て、私かも

反原発記者への応援 この記事は素晴らしかったとFAX

復興増税→景気失速に拍車

アメリカ国債の現金化は出来ない 相場に影響が出すぎる
(この経済政策をとってきた政府を支持してきたため)
日本は、アメリカの国債保持 世界第2位

日本の自衛隊は米軍化している(暗号が同じ)
被災地支援にも、その協力関係のアピールとしての性格 筋書きがある

中曽根さん  主計将校だった 日本帝国再建?

資本主義、景気、経済のことや、アメリカとの関係
全然興味持ったことが無いので反省です

世の中の出来事を見て、その本質を見通し
選挙のときに、その考察を反映させたり
駄目なことに対して、声をあげていくこと
震災前には全然考えていなかった私です




おまけ↓

現象をとらえ、その本質に迫る
「武谷三男 三段階論」

第一段階:現象の知識を集める

第二段階:現象が起こる構造を知る

第三段階:普遍的、本質的判断をする







関連記事

Comment

No title
編集
今晩は。
昨夜、この動画、見させていただきました。
取っても、とっても興味深かかったです!
もう、よくぞ言ってくれました!ということばかり。
そうして、これまでなんとなくもやもやと感じていたことの
証拠にあたるようなものを聞かせていただいたり。
原発利権というものの闇の深さを、これほどはっきり
映像で見られるなんて、感動です。

まえ私がご紹介した、原発の日本への導入のいきさつ。
そのあたりから、これが始まっているんですね。
中曾根さんは海軍主計局出身。このあたりもすごくよくわかります。
原発導入のもう一人の立役者、正力松太郎氏は
旧内務省、警察官僚の出身です。
このあたりの体質は、原発推進、大連立、憲法改正と再軍備、
アメリカ追従、そしてなぜか警察との結び付きなど、
…今の状況に延々とその地下水として流れて続いています。

脱原発の道は、なんと遠いのでしょう!
相手はなんと大きいのでしょう!

でも、ほんとう。
「あきらめなければ、負けは確定しない」ですね!

…菅さんにちょっとがっかりして悲しいです…
が。彼も負けないでほしいなあ…



(1)と共に、まだもう数回見直して、記事にさせていただいてもよろしいでしょうか?  
2011年06月20日(Mon) 02:09
彼岸花さんへ
編集
いつもコメント有難うございますi-80

こういうのを見ると、今まですごくぼんやりと過ごしてきて、原発からの電気を享受し、テレビのニュースを適当に受け入れてきた生活って、何だったんだ~!?とすごく反省します
また、たった数ヶ月間、ちょっとネットで調べてみてわかってきたことからの自分なりな判断にせよ、どう現実に反映させることが出来るのかな?と思います
きっと、もっともっと色々、知るべきことを知らずにすごしているのだろうと思うと、なんだか焦ってしまいます^^

何で見たのか忘れてしまったのですが、アメリカの過去の中東政策について書かれているのを見たら、アメリカはそれぞれの国に対して、良い悪いに関係なくとにかく共産主義的なものに敵対する勢力を応援する政策をとってきたとのことでした それって中東だけではなくて、日本でもそうだったのだろうと思いました

国民という視点より、共産主義的ではないなら何でもいいということでアメリカが肩入れしてきた政権が、もしかしたら今起きている北アフリカの市民革命で倒されているのかな?と感じます

日本に対するアメリカのあり方も同じだったとすると、一市民の願いを反映させるには、市民革命って言っていいぐらいの心構えを持っていかないと、築かれた壁は厚く高く、びくともしないのかもしれませんね 私たちの政治、自衛隊、労働組合、法律・・等々、そういうことを言うと左翼、アカ、過激派?みたいな見方がいまだにすごーくあるようですし

菅さん・・確かに段階的にとは言っていましたが、気持ちとしてはもう二度と稼動させてほしくないですね 娘の住む茨城でも地震が頻発しています 日本は地震列島なんだ~!と叫びたいですi-179 またなぜ、今まで原発反対、憲法を守ると言ってきた社民党などが育っていないのだろう?って思います あ~もうわからないことばかり・・i-201

でも今からでもあきらめずに自分を教育しますi-203彼岸花さんが頼りです!

動画は私が作ったのでもないですし、ぜひどんどん自由にご紹介ください!彼岸花さんの記事がいつもとても楽しみですi-239
2011年06月20日(Mon) 08:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。