認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 自然エネルギー推進庁 ♪TOP認識のさんぽ ≫ 自然エネルギー推進庁 ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

自然エネルギー推進庁 ♪

色々なことが、次々とあって
ニュースを追うだけでも大変ですが
政治家の人は、いや菅さんは、
どれだけ精力的に動いてくれているか、よーくわかります

何と言うか・・菅さん大丈夫!?
心配になるほどです

まず、これはすごいです!
これはもう、猛反発覚悟!?

自然エネルギー推進庁構想、首相が表明「省庁横断で」

またこの記事も、逆にすごいです
でも記事の最後では、菅さんのせいとのことですね
しかし・・情勢を考えれば、急ぐしかないのではないでしょうか

原発事故調「骨抜き」の動き 経産省画策、首相が拒否
2011年6月11日3時0分
印刷

 東京電力福島第一原発の事故調査・検証委員会(事故調)について、政府の国家戦略室が経済産業省の影響下に置く構想を菅直人首相に提示していたことがわかった。首相の辞任表明後に提示したもので、首相は原発を推進してきた同省が事故調の「骨抜き」を画策したとみて拒否した。

 同戦略室は民主党政権下で新設された組織で各府省の職員が出向し、内閣官房に置いているが、エネルギー政策については経産省の影響力が強い。今回の動きは、経産省が事故調の調査結果に影響力を行使しようと巻き返しを図った形で、今後、新政権が事故調の中立性をどう担保するかが問われそうだ。

 菅内閣は5月24日の閣議で事故調の設置を決定。事故調は内閣官房に置いて独立性と中立性を確保し、東電の監督官庁である経産省から離れた形で検証させるようにした。

 だが国家戦略室は今月6日、「革新的エネルギー・環境戦略について」と題し、同室が事務局となる新成長戦略実現会議の分科会「エネルギー・環境会議」の指揮下に事故調や原子力委員会を位置づける――との構想を記した文書を首相に提出した。

 構想では、同会議の副議長に海江田万里経産相、メンバーに直嶋正行元経産相、近藤洋介前経産政務官らを起用し、経産省から出向した幹部職員が事務局を仕切るとした。事故調を経産省下には直接置かないものの、同省の意向が強く反映される仕組みだった。

 首相は枝野幸男官房長官、仙谷由人官房副長官らと翌朝協議し、「事故調が経産省の影響下に入ることは許されない」として提案を拒むことを確認。7日の新成長戦略実現会議の配布資料から事故調に関連する文言をすべて削除し、同日設置した「エネルギー・環境会議」のメンバーから直嶋、近藤両氏を外した。

 さらに、自民党政権時代の原子力政策を検証し、原子力安全・保安院の経産省からの分離を議論する「原子力行政・規制等のあり方に関する検討委員会」の新設決定を明記。検討委の議論に、東電に賠償責任を負わせるための「東電に関する経営・財務調査委員会」(委員長・下河辺和彦弁護士)の資産査定や財務内容の点検結果を反映させることも盛り込み、経産省を牽制(けんせい)した。

 ただ、新政権発足後、事故調への関与を狙う経産省の動きが再燃する可能性はある。首相が事故調の独立性を担保する立法措置をとらず、法的権限をあいまいにしたまま発足を急いだことが、経産省に巻き返す余地を与えた側面もある。(村松真次
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。