認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 憧れの力TOP声楽 ≫ 憧れの力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

憧れの力

次のイタリア古典歌曲は
「おお、私の優しい熱情が」になりました
またまた、すごい題名です

色々な動画を聞きましたが
この方の声が、とても素敵だと思いました
(音が高いとビリビリして・・音質は良くないです)




ああ私がやさしく熱く憧れる人よ、
あなたの呼吸する空気を、私はついに吸えるのだ。

私がどこに目を向けても
愛は、あなたの美しい姿を私の中に描き出す。

私の想いは、みずからにこの上なく喜ばしい希望を創りだす。

そして私の胸をこのように満たす希求のうちに
私は貴女をさがし、貴女を呼び、希望を抱き溜め息をつく。


はーそうですか・・っと
はじめに歌詞を見たときは
まるでストーカー状態の
この人の熱情に、かなりひいてしまいました

ま、しかし、
今自分は・・
自分こそが、憧れの力を必要としているのではないかと思います
自分だけの、ひそかな憧れであったとしても
それをここまで堂々と肯定し、歌にまでしてしまうなんて

もしかしたら、これこそ、
今の自分にとって
必要な力を与えてくれるものかも?

これは、イタリア人が能天気で色恋沙汰が好きという
ただそれだけのことではないのかもしれない!

今の時代の人にとってはバカバカしいほどの
一途な想念の強さをたたえ、浸りきって、共有しあう・・
ここに、自称神秘学徒として
この歌にめぐり合った意味を
発見するべきなのかもしれません!

そーか!そういうことなら、私が尊敬するあの方が
なぜすごいのか?ということにも
同じ答えが見つかりそう

その方というのは
唐突ですが・・
柿本人麻呂様です

実は先日、鈴木大拙さんの書かれた
「日本的霊性」について
ネットを見ていたら
こんなことが書かれていました

「霊性という文字はあまり使われていないようだが、
これには精神とか、また普通に言う「心」の中に包み
きれないものを含ませたいというのが、予の希望なの
である。

なにか二つのものを包んで、二つのものがつまるところ
二つでもなくて一つであり、また一つであってそのまま
二つであるということを見るものがなくてはならぬ。
これが霊性である。

霊性を宗教意識と言ってよい。
ただ宗教と言うと、普通一般には誤解を生じ易いので
宗教意識と言わずに霊性というのである。」


↑この中で、二つのものがそのまま一つでありながら
二つであることが霊性・・というところ
シュタイナーの「自由の哲学」で言われている
主題と同じじゃないかしら?面白いです

普通に言う、「心」のなかに包みきれないものも
その中に含ませたい・・というところにも
共通しているところがあります
大拙さんはそれを希望しているということですが
シュタイナーの場合には、それを現実だと言って
細かく解説し始めます・・

「精神には倫理性があるが、霊性はそれを超越している。
超越は否定の義ではない。
精神は分別意識を基礎としているが、霊性は無分別智
である。」


ふむふむ
無分別知ね

だからhasutama説による
個我にいきなり霊性が作用しやすい日本人は
思考力による論理性とか、精神による倫理性を
すっ飛ばしてしまって
無分別に突き進んでしまうこわさがあるのかも?

「精神の意志力は、霊性に裏付けられていることによって
初めて自我を超越したものになる。
いわゆる精神力なるものだけでは、その中に不純なもの、
即ち自我(いろいろの形態をとる自我)の残滓がある。
これがある限り「和を以て貴しとなす」の真義に徹し
能わぬのである。」


ここのところは、個人的にはあまり同意できないところです
自我を整え成熟させることによって
それぞれの違いを生かしながら
和に至ろうとするのではなく
実のところ自我を幼いまま残しているのに
不純と言って切り捨てたつもりになり、
霊性に裏付けられて自我を超越してしまった
精神の意志力があるから大丈夫
そしていきなり「和」と来るのは
ごまかしなのでは?と、思ってしまいます

↓万葉集のこと

「この本は・・・・
・・・
生まれながらの人間の情緒そのままで、まだ
これがひとたびも試練を経過していない。
全く嬰孩性(えいがいせい)を脱却せぬと
言ってよい。
・・・・
(男女の恋歌に関して)恋愛そのものからくる
悲苦につきての反省・思索などいうものは、集中
どの作にも見えない。子供らしい自然愛の境地を
出ていない。・・・これには成熟した頭脳がなく
てはならぬ。
人間は何かに不平・失望・苦悶などいうことに際
会すると、宗教にまで進み得ない場合には、酒に
ひたるものである。・・・或る意味で酒に宗教味が
ある。ところが古代人の日本人には、こんな意味の
酒飲みはいなかったようである。
・・・
「万葉」の歌人は宗教的な深さを示さぬ。
・・・
万葉歌人には、人間の心の深き動きにふれている
ものがないと言ってよい。」


ここのところも、納得いかないです
私的には万葉の人の想念の強さそのものが
霊性につながるもの、
霊性と言ってもいいのではないかと感じます
少なくとも、それよりもっと前の時代の人の
霊性を引き継いでいるから
そこまで想念を強く持てたのではないかと
万葉の人たちを尊敬したい気持ちです

大拙さんの言うことは矛盾していると思います
万葉の人たちの無分別知は
人を想う気持ちが自分の身体を超え出でて
宇宙的な霊的振動にまで達しているのであって
(これhasutama説
酒でごまかすとか、不平不満を反省、思索するとか
宗教的な解説なんて必要としていないほどに
すごいものなのです
大拙さん自身が
「精神は分別意識を基礎としているが、霊性は無分別智」
そう言っているのに、万葉の人たちが
頭が弱いみたいな言い方は残念です

かえって、宗教という枠でくくられた後の霊性というのは
個人的な霊的能動性、主体性、独立性が少なくなり
宗教的な偉人を奉り、形式を踏襲し
受動的なものになってしまったのではないでしょうか
そのかわりに、
個々の人間の人生の出会いや思い、
その脈絡から浮かび上がる深い意味合いに対して
下らないものと判断してしまっているのでは?
(まったく、そーゆーオジサン的な発想が
 今日の日本の状況を招いているのよね)

でも大拙さんの本を全部きちんと読んではいないので
これは部分的な感想です
また図書館で借りて、読んでみようかな

私はきっと、個人的に
宗教的な霊性よりも
呪術的?シャーマン的な霊性が好きだから
そう感じるのかもしれません
そもそも、霊性=宗教意識と言えるのかな?と思います
霊性は宗教意識を含んでいるでしょうが
もっと根源的なもの、ひとつの現実的世界でさえあって
万葉の人たちは、宗教を介在しなくても
その世界で呼吸する人たちだったのではないかと思います

そんなわけで・・(わけ長っ
柿本人麻呂さんの歌を味わってみると
たいへん強い想念の力を感じ
彼はシャーマンなのではないかしら?と思い
とても惹かれます

話はうだうだと、超長くなりました
とにかく!
このイタリア歌曲を歌うことで
私の心にも、熱情と言えるほどの憧れの力が
沸いてくるよう、頑張ってみまーす













関連記事

Comment

No title
編集
たしか「日本的霊性」では源氏物語や万葉集は日本の恥だみたいなことを大拙さんはいっています。私は随分悩みました。10年くらい前かな?そうこうしているうちに大拙を尊敬している河合隼雄さんが「紫まんだら」とかいう源氏物語の本を書きました。
おそらくこのあたりは河合さんも随分悩んで真実を追求したとおもいます。
2011年05月30日(Mon) 19:21
冬越しパパイヤ様!
編集
キャー、パパイヤ様i-233

なんというか・・私が思いますに、パパイヤ様などには完全に霊性が備わっていると感じるわけです 

霊性が個人的に備わっている人の場合、おしきせのスタイルは必要無く、それなのに日常の場にふいに磁場のゆらぎのような、異空間からの亀裂、風穴のようなものを出現させる能力があるわけです

まあそのように詩人は、「言葉の寺の人」と言うぐらいですから、二つでありながら一つ、一つでありながら二つを、その生命によって体現する存在です 

そうした作用こそが霊性なのですが、理屈つけて「ZEN」などと国際的に言わなきゃりっぱじゃないと思うようなおじ様には、わかりっこないのかもしれません あらかじめ、そんなこと認めたくない気持ち、日本の禅の文化、侍・・みたいなかっこいいものが好きで、大拙さんはそのスタイルが好きなのだろうなと思いますi-179

いったいどうしたのかしら?
思いっきり偉そうな私・・i-229
今回はなぜかこうなってしまいましたi-201
2011年05月30日(Mon) 22:43
No title
編集
hasutama さん。難しいよ~ぅ!(笑)

万葉集も源氏物語もいいと思うけどなあ…。

私自身はストイックな方だと思いますが(ん!ここでは迂闊にこういう言葉は
使えませんね。無知をさらけ出しちゃうぞ。汗!笑)、
万葉の大らかな恋歌などいいなあ、と思ってしまいます。
また、このイタリア古典歌曲もいいですね。歌も歌詞も、せつなくていいです。
もうはるかに時は過ぎてしまったけれど、私にもこういう熱い恋のときがあったらなあ!と、
ちょっぴり思う私です。穏やかに愛されるのもいいけれど、
こういうふうに熱く思われてみたかったかも。^^

なんか、通俗なコメントでごめんなさい。
2011年05月31日(Tue) 23:42
彼岸花さんへ
編集
知性的な皆様が来て下さることに緊張しないで、自称神秘学徒もしてみましょ・・て思うのですが、つい自己満足的な書き方になってしまいますi-227
それなのに読んで下さってコメントも下さること、嬉しいと同時に申し訳ないですi-201

好きになった人を強く想うということを考えとみると・・ただ人が「在る」とか、誰かに「会う」ことの中にある不思議さを感じ、宗教性というのは、個人の物語の中にこそ発見できるのかもしれないと思います

大拙さんは、大戦前の時代にいらして、列強の国々の力の論理の中で日本を文化的に打ち出すときに、武士的な「禅」を紹介したかったのかもしれません
でも今は特に、そういうオジサン的な発想のものを見ると、嫌な気分になります 大事なものを見落としたまま外国受けすることが大事なの?って・・「原発一神教」?も、その延長線上にあるような気がしてしまいます

はるか昔から、個々人の思いを大切にして、歌や文学にしてきた日本人の伝統が、どうしたら政治や経済や科学技術の活用に生かされるのか?ほんとに難しいです~



2011年06月01日(Wed) 22:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。