認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 空と海と、内に向かう無限のことTOP認識のさんぽ ≫ 空と海と、内に向かう無限のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

空と海と、内に向かう無限のこと

はなさかすーさんのブログが、終了されてしまうとのことで・・
わかっていても、そんなはずないのでは?と、どこかで願って
真剣に考えてみないでいるうち
ついにその日が来てしまいました
あまりに残念だと、何も言葉が思い浮かびません

空海か・・・
と、意味も無くつぶやいてみます

あたりまえだけど・・空も、海も、青いです
それはどうしてなのだろう?

科学的には、色々なことが言えるだろうが
青は、内面に向かう光、憧れの力、・・だと
シュタイナーや小泉八雲は言っていた

また、人間の認識には、限界がある、と思われているけれど
シュタイナーは、そう思うことが限界を作ると言った

でもって、空海は、どうして空海という名前なのだろう?

計画停電の夜、蝋燭の光で過ごしていたら
今まで、どこかでだれかに考えられたことのあることや
経験されたことのある出来事の記憶などが
蝋燭の光がゆれるごとに
あちこちから浮かび上がり、こちらに向かってくるような、
不思議な感覚がした

その時、感じたのは
虚空であるはずの場所に、存在する(?)
そうしたものたちの、実感できるあたたかさ、にぎやかさ
・・のようなものだったので
私は、まるでマッチ売りの少女のように嬉しくなった
(名付けて「蝋燭風呂のおばさん」?・・こわいですね

そうだ、そうだ、この感覚をたどってみたら・・
限界だと思っていたところより、もっと向こう側の
はるか昔や、未来や、死者や、宇宙人、妖精・・等々の
異次元からの道をたどってくるものと
仲良くできるのでは?と思った

科学技術によって与えられた便利な日常が、
人間の能力を、薄っぺらなものにするということを意識してみるとしたら?

地球上の大きな体積を占めている、空と海の青が
常に人間に教えてくれているものは何なのか?について
もし、具体的な言葉が思いつかなかったとしても
そのイメージは、いつも人間の内面を勇気付けてくれているのだろう

空海はきっと、そういうイメージを、
ちゃんと受け止め、深めることが出きる人だっただろうな
イメージの力や、認識の無限を、
きっと、はっきりと知っている人だったに違いないと、私は思います

とりとめなく、また意味不明ながら、
はなさかすーさんが、もし今、目の前にいたら
そんなことを、お話してみたいと思いました








関連記事

Comment

おはようございます。
編集
はなさかすーさん。
きっとまたなにか工夫して戻ってきてくださると思っています。
しばしのお別れということで、その日を待ちましょう。

先進国の人間は、なにか大きなものを忘れて言っているんでしょうねえ。
蝋燭の明かりだけの闇に身を沈めていると、本当になにか
ことばにできない気配というようなものを感じますね。
蝋燭の炎の揺らぎにつれて、心の奥深くに眠っている情動が、闇の中に流れ出し、
そこにある不思議な記憶の感覚と共に緩やかな踊りを踊りだすような。

私もね、はっとするような身体感覚を、ここ数日で経験しました。
と言ってもごく当たり前の日常の中でなんですけれど。
また、それについて書いてみたいと思います。

『特権と人権』、届きました。難しそう…(汗!)
楽しみです。
2011年04月29日(Fri) 09:18
彼岸花さんへ
編集
素敵なコメント、有難うございます!

ほんとにこのところ、ブログを通じてお会いできた皆さんから
今までの自分に無かった視点を、たくさんいただいています

ぼんやりと自分の世界にひたってしまいがちな私だったのに
社会の現実や、歴史、政治、科学、について調べてみたり考えたり
それから人との繋がりを持つことの素晴らしさに気が付いたり

まだまだ人間は未熟ですが、物質的に発展するだけでなく
内面的に成熟していく余地がいっぱいあると思うので
・・と言っても、スピリチュアル的な方向性というより
まずは、思考力や、論理性をもっと信頼していけるといいなと
私は思います

武谷さんは、科学者でありながら、
思考、論理を重んじているところが
すごいと感じました(まだ、読むの途中ですi-201
人間の意志を、科学の利用にきちんと反映させようとする
姿勢をきちんと持つこと、その点に意識的であることが
必要ですよね

シュタイナーは、思考を十分に鍛えた後に、
直感的に感じ取れる世界に進むのでなければ
たくさんの幻影、妄想に、自分を見失ってしまうと言っています

科学の力の中で、あるべき姿を見失う
自分の意思が何なのか、わからなくなってしまうというのも
それに似ているなと思います

彼岸花さんのように、思考力、論理性に優れた方の
身体的、直感的気付きのお話、ぜひうかがってみたいです!


2011年04月30日(Sat) 07:42
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年05月07日(Sat) 13:43
ありがとうございます
編集
丁寧なお言葉、恐縮です

また鮮やかな文を読ませていただいていいの?と思うと
とても嬉しいです

ブログをご紹介くださり、有難うございます
ぜひ遊びに行かせてくださいね
2011年05月08日(Sun) 10:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。