認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ (??)最近気になる方、古歩道さんTOP認識のさんぽ ≫ (??)最近気になる方、古歩道さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

(??)最近気になる方、古歩道さん

下の動画ですが
扇動されやすい人は、見ないほうがいいかも知れません
(・・それ、私かも?)

でも私はこれは、一つの可能性として
シュタイナーの宇宙進化説ほどには
常軌を逸していない見方ではないかと感じました

シュタイナーは自分の言っている、霊的に洞察された内容を
妄信するのではなく
それぞれの人の人生の中で、丁寧に吟味して欲しいと
述べています

本当なのか、本当ではないのか
結論を出せるほど確かな情報が無いときには
いったい何をどのように信じればよいのでしょう?

このように見てみたら
いったい世界はどのように見えるのでしょう?

もし笑い話ですましてしまえるなら
いいと思いますが
私としては万に一つの可能性として
頭に入れておきたいなと考えています

なぜかというと
震災後、あまり見ていなかったニュースに注意していたら
日本人が原発事故で、本当にたいへんな真っ最中
あまりにもタイムリーに
米軍駐留への思いやり予算が通ったり
アメリカで、日本がアメリカからの牛肉を制限していることへの抗議が
行われたりするのを見ていて
おや?と不思議に思っていたからです

それとも、それは不思議でもなんでもなく
前からの予定通りなのか・・?
本当にわからなくて、本当だとしても
本当でないとしても
私には結局わからないのだと思います

たとえば、この方たちが右翼の方で
これはこれでまた
何かの利益を代表しているのかもしれませんし?

あ~、ほんとに霊視出来たら
シュタイナー、夢の中でいいから
教えてくれないかな~






関連記事

Comment

No title
編集
hasutama様へ。

 わざわざメッセージをくださり、ありがとうございます。実にいい加減なことばかり書き連ねてきましたのに優しいお言葉を届けてくださって、嬉しいやら恥ずかしいやらでどう表現していいものか分りません。ブログを始めてよかったと思いました。
 僕も同じような想いでブログを拝見させていただいています。シュタイナー理論については、本を充分に読み込めておらず、まだよく理解できていません。関係の本を五、六冊かもう少し所有していたのですが、92年頃に知人が全て持ち帰ってそのままになっています。ブログを拝読していると興味が湧いてきます。
 それから、フルフォードさんの著書も図書館から借りてきたりして読むことがあります。外国の政治や金融資本との緊張関係についてはよく知らないので、物事の見方の幅を広げるという意味でも参考になります。
 とりあえずお礼まで。ありがとうございました。
2011年04月06日(Wed) 23:20
No title
編集
コメントありがとうございますi-239

実は、シュタイナーが言ったことでずっと気になっていることがあって・・自分が獲得した何らかの力を、どう使うかによって、人の歩む道は「白い道」と「黒い道」に分かれるという話なのですが、黒い道を歩むものの霊的姿は毛むくじゃらな化け物だそうで・・結局、すごい力を持った動物に過ぎないということなのだと思いますi-230

技術力や、経済力、知力をいくら持っても、それを自分のためだけに使おうとするなら、それは大きな力を持った動物、人間の形をした化け物にすぎない・・

私の力など、世界にとっては無いも同然だとは思うのですが、厳密に考えてみると、私は興味本位にものを調べたり、考えたりするのが好きで、それを自分のためだけにしようとするところがありますi-201 自分が「白い道」を選択できる自信がなく、どうしたらそうできるのだろう?と考えています

そんな中でi-88・・その日暮らしさんのブログを読ませていただくと、心の中で大切にされているものが何なのか?ということが、小さなエピソードの中から伝わってくるように感じます

私自身が、もし何かの力を持っているとしたら、自分を支えてくれてきたものたちとの出会いの意味を改めて発見したり、心のつながりを大切にすることに使うのもいいなi-239と素直に思うためのヒントをいただいている気がします!

半日農家、のんびりとめざしてみたいですi-179
2011年04月09日(Sat) 14:49
No title
編集
はじめまして。

動画とてもおもしろく観ました。
折りしも昨夜、ダン・ブラウンの「デセプション ポイント」
を読み終わったところだったので、
すごいタイミングでした。
hasutamaさんのこのブログも何気なくたどりついたので
そういう偶然さもやはり必然だったかと・・・
ありがとうございました。
2011年04月10日(Sun) 17:26
No title
編集
ジェラミさん、コメントいただき嬉しいです

私としても、来て下さった事が偶然とは思えません!

なぜかといいますとi-88ほんとに個人的なことですが・・

計画停電の夜に、アンティークの蝋燭立てを引っ張り出して火をともしてみたら、とても幻想的な時間が過ごせて幸せを感じました そこで、やっぱりターシャ・テューダーさんのように暮らせたらな~と憧れがふくらみました ターシャさんは冬になると、フランスで過ごされていたとか・・いいないいな、でもフランス語が出来ない!

そんな妄想をする私のところに、ジェラミさんからのコメントが・・これは、どう考えても必然としか思えませんi-239(妄想話が長くてすみませんi-229

いつかジェラミさんのところに、絵本作家になった娘と行く日を夢見ることで、この現実をしっかり見つめ、陰謀?に押しつぶされないためのパワーを補給したいですi-232
2011年04月12日(Tue) 18:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。