認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 天気予報より放射能拡散予報TOP認識のさんぽ ≫ 天気予報より放射能拡散予報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

天気予報より放射能拡散予報

放射能拡散予報

追記

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

読売新聞 4月4日(月)14時30分配信

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。

 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1~2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。





関連記事

Comment

No title
編集
参考になりました。ありがとうございます。ちなみに、モンテッソーリ教育・シュタイナー教育に興味を抱いた時期があります。次に、ニールの自由学校の考え方に共感するようになりました。
2011年04月05日(Tue) 17:05
その日暮らし様
編集
コメント有難うございます!
教育や学校のことでは、自分の子育ての中で迷いもあり、どんな教育がいいのだろう?といつも考えさせられます 一番感じるのは、世の中の状況と子どもの生活は切り離せないというか、色々な難しさ感じることが多いですi-201 私もその日暮らしさんを見習って、もっと教育理念に興味を持ってみますi-228
2011年04月06日(Wed) 06:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。