認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 賢者の石とは?TOP認識のさんぽ ≫ 賢者の石とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

賢者の石とは?

シュタイナーが、著書のどこかで
賢者の石とは、炭素のこと
と言っていたのを思い出します↓

北海道新聞2008/06/12 06:39

北大大学院工学研究科の水野忠彦氏(エネルギー環境システム)は十一日、 水素と炭素を簡易な反応容器(炉)で加熱する実験で、通常の化学反応では 起こりえない異常な発熱(過剰熱)の確認と、核融合反応を示すガンマ線を 検出したことを明らかにした。水野氏は「常温核融合」が確認できたとして、 八月に米ワシントンで開かれる国際常温核融合学会で報告する。

実験はステンレス合金製の炉(内容積八十八cc)の内部に、炭素を含む 多環芳香族炭化水素の一種フェナントレンを〇・一グラム投入した上で、高 圧水素ガスで満たし密閉して行った。

ガス中の水素原子などを規則正しく配列させて反応を促進する働きを持つ 白金とイオウを触媒に用いた。

水素を七十気圧まで加圧し、加熱器の設定温度を六六○度とした場合、設 定温度に達して加熱を止めた後も炉内の温度は約一時間上昇を続け、最大で 六九○度に達した。この過程で過剰熱の出力は六十ワット、発熱量は二百四十 キロジュールで、化学反応で得られるエネルギーの少なくとも百倍以上だった。

水野氏は同様の実験を三十回実施し、すべてで過剰熱を確認。また実験 後の炉内で《1》地球上の炭素の約1%を占めるにすぎない炭素同位体 「炭素13」が大量に発生《2》実験当初は存在していなかった窒素が 発生-し、いずれも化学反応で説明できない現象から、水野氏は「炉内 で水素と炭素の常温核融合反応が起きているとしか考えられない」と話す。

岩手大工学部の山田弘教授(電気エネルギー工学)は「通常の化学反応 では起こりえない過剰熱が発生している可能性が極めて高い。注目に値する研究だ」。

ある大手メーカーの有力研究員も「過去に報告されている常温核融合とは 全く異なる実験結果で、興味深い」と話している。




未来を築く常温核融合
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。