認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 学習している場合かどうかわからないTOP認識のさんぽ ≫ 学習している場合かどうかわからない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

学習している場合かどうかわからない

ネット上のニュース記事から

福島・飯舘村の雑草から高濃度セシウム 採取場所の違いが原因か

2011/3/29 13:04

福島第1原発から北西に約40キロ離れた福島県飯舘村で2011年3月26日に採取された雑草1キログラム当たりから、これまでで最高値となる287万ベクレルのセシウム137を検出したと、文科省が28日に明らかにした。
北西約45キロの川俣町でも、最高値57万1000ベクレルのセシウムが検出された。半減期の短い放射性ヨウ素は放射線量がかなり減っており、土壌の採取場所がまったく同じではないことから、新たな汚染ではなく、観測地がたまたま高濃度だった可能性がある。


2011年3月29日19時(文部科学省まとめ)
大きな変化なし。各都県ともに健康への影響はないとしている。

文部科学省がまとめた「各都道府県の環境放射能水準調査結果」のうち、首都圏1都7県の大気中の放射線量を以下の地図で確認できる。ただし茨城県北茨城市については、同県の発表に基づく。
文部科学省が作成した資料によれば、胸部X線コンピュータ断層撮影検査(CTスキャン)1回の放射線量は6900マイクロシーベルト。観測地によっては過去の平常値の範囲を超えるものもあるが、各都県は健康への影響はないとしている。

<放射性物質>ヨウ素、福島で2万3000ベクレル
毎日新聞 3月29日(火)20時46分配信
 文部科学省は29日、福島県(福島市)の雨などの定時降下物1平方メートル当たりから、放射性ヨウ素2万3000ベクレル、放射性セシウム790ベクレルが検出されたと発表した。東日本大震災発生以降、福島県では水道水や土壌などの放射性物質測定のため計測機器が足りず、定時降下物の調査ができていなかった。高木義明文科相は「直ちに原子力安全委員会で分析するが、茨城県ひたちなか市でヨウ素9万3000ベクレルが検出された際は健康に被害はないと判断された」と説明した。

 都道府県に設置するモニタリングポスト(自動観測局、MP)も、震災で計測機器が破損していた宮城県で28日夕から調査を開始。29日午後5時時点での1時間当たりの大気中放射線量は、通常値を超える0.103マイクロシーベルトだった。他の7都県でも通常値を上回った。

 28日に採取した水道水1キログラムでは茨城、栃木、埼玉、東京など10都県で放射線ヨウ素0.77~33ベクレル、栃木、東京など5都県で放射性セシウム0.32~4.9ベクレルが検出された。数値は低下傾向。

 一方、原発から20~60キロ離れた福島県内の45カ所の屋外で、29日午前6時~午後5時6分にモニタリングカーで調査したところ、1時間当たりの大気中放射線量は0.3~73.5マイクロシーベルトだった。【篠原成行】


今までと違うのではないかしら?と思うのに
値がよく分からない

実際どう考えればいいのでしょう?

以前の記事では・・

【放射能漏れ】
放射線を知る(下)100ベクレルの空気で内部被曝は0・045ミリシーベルト
2011.3.23 20:18
 目に見えない大気中の放射性物質は、知らぬ間に呼吸をするだけで体内に入ってくることもある。呼吸による内部被曝(ひばく)は、人体にどれぐらいの影響があるのだろうか。

 これは大気中にどれぐらいの濃度で放射性物質が浮遊しているかによって変わってくる。 

 22日に日本分析センターがある千葉市稲毛区で計測された放射性ヨウ素は1立方メートルあたり33ベクレル。震災発生以降で最高値を記録したが、これは雨により、上空を漂っていたヨウ素が、雨水について落ちてきたことが影響していると考えられる。

 そして、この千葉の濃度の空気を1日吸うと、0・015ミリシーベルトになる。仮に、より福島第1原発に近いところで、千葉の3倍にあたる1立方メートルあたり100ベクレルの濃度のヨウ素が検出されていたとしても、0・045ミリシーベルトだ。

 人体に影響が出るとされている100ミリシーベルトに体内被曝が達するには、100ベクレルの濃度の空気を2千日以上継続して吸い続けることが必要になる。

 もっとも、ヨウ素の半減期(半分になる日数)は8日と短い。今後、原発からの新たな放出がなければ、大気中の濃度も急速に低くなっていくことは間違いない。

 さらに、ここにきて福島第1原発では電源が回復、原子炉や燃料貯蔵プールに給水するポンプの復旧作業も進んでおり、放射性物質の放出は収束方向に向かっているようだ。

 大気中の放射性物質について、今後大きな不安を抱えつづける必要はないと考える。

 ■池内嘉宏(いけうち・よしひろ) 理学博士、財団法人日本分析センター理事


100ベクレルの空気で内部被曝は0・045ミリシーベルト

とすると?

10、000ベクレルでは、4.5ミリシーベルト?

一万で4.5ミリシーベルト
二万で9ミリシーベルト

100万とすると450ミリシーベルト

wikiによると

実効線量(mSv) 内訳

1.0  一般公衆が1年間にさらされてよい人工放射線の限度(ICRPの勧告)。
 
50  日本国原子力安全委員会の指針では一般人の「避難」

250  白血球の減少。

500  リンパ球の減少。



草一キロから、セシウム287万ベクレルのところで、空気中はどうだったのだろう?

雨などの定時降下物1平方メートル当たりから、放射性ヨウ素2万3千ベクレルの場合は?

それにプルトニウムは?

耐震性のことを明らかにしてくださった武田邦彦教授は
その後、どんどんたくさんの役に立つ情報をネットに発表して下さっているが
なぜかプルトニウムについては、安心と考えるのが科学的としている
もしかして結局それが言いたいのかしら?と皮肉な見方も出きる

失礼かもしれないが、もしそうだとしたら
そしてもし、プルトニウムが安心でないのだとしたら?

武田教授はニコニコと役立つ情報を開示してくださりながら
実は違った意図で
プルトニウムは安心ですよ!信じさせたいのかも?

人を疑うのは良くないことなのかしら?

しかしそう考えると
なぜ今この方がこんなにたくさんの整った情報を
次々と流してくださるのかしら?
そしてその以前には流してくださらなかったのか?
ということに答えが与えられる気もします

素人の私には、ほんとになにもわからないけど
この方が、出来ればテレビに出てきて
自由な質問に答える形で
情報を知らせていただきたいです

なにしろ原子力安全委員の、専門委員という
責任もある立場にいらっしゃるのなら
ぜひそうされるべきだし
なぜメディアも、そういう企画を立てないのかな?

芸能人ネタや個人の犯罪は、すごくしつこく追いかけるのに
こういうときに、みんなが知りたいことを
追いかけてくれないように思います

感動の物語だけを知らせるのではなく
事実を追ったり伝えようと意思しないのはなぜなのでしょう?
金八先生とかてっぱんとか・・気持ちをやわらげることも大事ですが
今もっと知るべきこと、知らされるべきことがあるのではないかしら?と思います

    




関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。