認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 原発のことを学習する① 原発を作ることを決めたのは誰なのか?TOP認識のさんぽ ≫ 原発のことを学習する① 原発を作ることを決めたのは誰なのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

原発のことを学習する① 原発を作ることを決めたのは誰なのか?

そもそも、福島原発は、どのようにして作られたのでしょう?
いったい、どのような手順を踏み、
その恩恵とともに、危険性についての情報が知らされて
どのような経過、どのような人たちがその判断に関わって
建設への運びとなったのでしょう?
大変興味のある、というより知っておくべきことのように思います

今更、という気もしますが
電気を使用している自分の責任としても
もっと大きく言えば、未来を子どもたちに引き継ぐ大人として
いくらのんきな主婦の私でも
もう少し興味を持ってみることが、すごく必要だと思いました

もし、自分や家族が、放射能の影響を受けてしまうのであれば
というより、もうすでに原発の不安の影響を受けていると言ってもいいと思いますが
何しろ、原発次第で、生活も生命も、未来も激変してしまうに違いないのですから
公式、非公式問わず、いろいろな立場の方からの発言に、耳を傾けてみたいです

そこで、いろいろ見ていたら、
原発建設時の知事が、原発建設への成り行きを振り返って発言されているものがあり
とても難しそうですが、頑張って見てみることにしました

原発の学習 その① 福島前知事インタビュー

うむ~、大変考えさせられる内容です
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。