認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 「peer」・・生きる仲間として TOP認識のさんぽ ≫ 「peer」・・生きる仲間として 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「peer」・・生きる仲間として 

今日は職場で月に一度の会議でした
私はいつもの書記です

会議の中で私の好きなFちゃんが、研修報告をしました
それでやっぱり、この人はすごい!と畏敬の念を抱きました

その研修は、精神障害者福祉に関するもので
ピアサポートという考えが紹介されたそうです

その概念に沿って活動しているセンターの、実例、状況が
当事者、医師、ヘルプスタッフ等からじかに報告されたそうです
Fちゃんは、その方々の報告を素晴らしいと思ったと同時に
今、私たちのセンターで行っている障害者へのサポートを
自立を促さない甘やかし、あるいは病院に入れてしまえばいい等と
非難する人たちがいる中で、
当人の希望を重視しながら
今のその人の生活を、成り立たせる努力を
日々していることの意味を、再認識したとのことでした

Fちゃんが、研修の中の事例紹介で一番印象に残ったのは・・と
話してくれたのは
親と死別してから、症状がひどくなり入院生活をしていた方が
退院して普通に暮らしたいと希望されたため、
スタッフがサポートチームを組んで
ヘルパーが入るなどしてしばらく生活したが
その後また症状が悪化したため再入院となった

では、この経過は無駄だった
本人のわがままを聞いたのは、意味がなく徒労だったと
判断する人もいるかもしれないが
その研修では、医師から、
「皆でチームを組んで、その方の生活をサポートし
希望を叶えることができて良かった」
という価値付けが行われていた
そのことが本当に嬉しかったという話で

はー、なんと私たちの職場の現実と違うのだろう?
医師でさえ、病気の方と対等のつきあい、
一緒に過ごすことの大切さをとなえ
病気から回復した人も、一緒になって
スタッフとしてサポートするとか
全てをみんな(医師も、当事者も)の話し合いによって決めていくとか

ピアサポートという概念、理念が、名づけられることで
人の意識、価値観をこうも変えることができるなんてすごいと思います

職場での利用者への上から目線には、いつも違和感を感じて
人間ていやなものだな~と、がっかりしてばかりいるので
この話は本当に勇気を与えてくれるものでした

人が何かするときに、骨子となる概念が決まっていないと
その場はまるで「蝿の王」の島になってしまうし
弱者相手に「カッコウの巣の上で」の看護婦さんも登場する
実際今の職場はそれに近いと私は思います

ある理念を実現しようとする
それが上手くいかなくて
最後にはまた蝿の王の島になってしまったとしても
自分たちが協力して頑張っている間だけでもそれが成り立つなら
やってみたことに価値があると言えるのかな

理念は生き物であって、
いったん打ちたてたら永続するというものではない
そこに命を流入する人間がいなければ、
一瞬も成り立たないのではないだろうか

なにしろこの物質界は、理念世界ではないのだから当然だ
そこに自分の命を注ぐか、徒労と考えるかによって
その人の生息する世界は違ってくる

世界は層をなしていて、
同じ実質によって
それぞれに生きるものを存在させているとしたら?
物質界には物質素材の生き物
アストラル界には魂素材の生き物
理念界には理念素材で出来た生き物

もし人がその命を理念と同質なものとするなら
その人は理念界に生きている

その割合によって、それぞれの世界に同時に存在している

なんか・・宗教くさく、説教じみてきてしまったが
理念界に住むために理念に命を注ぐ
という気味の悪さではなくて
(そういう人は、きっと理念界からの上から目線になる
目の前の人を普通に友人と考える感覚で
日々のその人の気持ちに沿って
何か出きるならいいな
その時に、物質世界での効率、効果を
度外視する価値観が、理念なのではないだろうか?

ちょっと病気になるとか、境遇が悲しくなるとかは
誰にでもあることです
サポートを行う側と受ける側は
上下関係ではないはず
物質的な発想で、生産的かそうでないかによって
人の上下関係を計るなら
福祉など必要ないような気がします
何を生産的と判断するかによって
その場に内在する価値基準が
逆に計られるのではないでしょうか?

ちょっと偉そうになってしまったのですが・・
仲間という感覚の「peer」を、
うちの職場にももっと広められるといいなと思います

以前ミーティングで、さびしい価値観しかもてない人を
決して責めることがなかった代わりに
悲しいため息をついていた彼女が
この研修に参加したことは、偶然とは思えません
Fちゃんのことを、ますます大好きになって
彼女に出逢えてよかったな~と、心から誇らしく嬉しく思います
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。