認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 自然→超自然・・その媒介者としての人間と象徴TOP未分類 ≫ 自然→超自然・・その媒介者としての人間と象徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

自然→超自然・・その媒介者としての人間と象徴

「Simbolism The Universal Language 」 J.C.Cooper

象徴は、理性と感覚の有限界から
それを超越した無限の「超」自然界へ
秘儀を授けられた人を導くのに重要な役割を演じた

言語自体、その起源は象徴的なものである

思想と感情を表現するために
詩が散文よりも先に興ったのはこのためである

詩が主として取り上げる題材は
宇宙における人間の観応
そして人間が心に抱く驚異の念である

それがワーズワースの
「心の中へ深く浸透したものに対する認識」であり
媒介者としての人間の機能にたいするブラウニングの洞察である

    ひとたび、姿を見せた人間は
    無生物に、自分の存在を永遠に刻み込む
    その後、風は泣き声、叫び声、
    不平、生き生きとした陽気な笑い声となる
    人間がこの世に現れれば
    無意味な風は決して存在せず
    『われわれは、人間への関心をひたすら向け
    人間の現在の価値を充分認識し
    人間の本来の姿を理解し
    人間の地位と最終的な位置を確認したい』と思う

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今朝、この詩の意味が少しわかりかけた気がして
昔のノートを、また引っ張り出してみた

後半の訳はほんとに意味通じてるのかな?
よくわからないから
原文をさがしてみたい

この文を書いたクーパーさんは女性です
学者のような、物静かな方を想像していたら
偶然 YouTube で映像を見つけることが出来ました
すごく元気なおばちゃまで、話し方からエネルギーがほとばしっている~
象徴から元気もらってるのかな?

前にシュタイナーの「治療院」?の写真を見つけたら
たくさんのあやしいマークが部屋中に貼られていた

シュタイナー教育でも「土星封印」とか
数学?美術?かなにかで作ったりするようです

いったいどんな意味があるのか・・興味は尽きません~

※詩の意味わからない気がしたけど、風さんとかの思うことのとこに『』つけてみたらちょっとわかりました~訳が固いけど・・そうか!それなら自然と人間て、同じようなこと思い合っている・・相思相愛?

関連記事

Comment

「風・・・」
編集
聖書では、「風」は、「御霊」とか、いろいろな意味として使われている、と、本で読んだことが記憶にあります。
2009年10月21日(Wed) 10:41
メッセンジャー?
編集
・・みたいなものかな?
神様の?
2009年10月22日(Thu) 06:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。