認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ おさんぽと妄想TOP認識のさんぽ ≫ おさんぽと妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

おさんぽと妄想

昨日はお休みで、お昼にはお日様の光が暖かそうだったので
川べりを愛犬と一緒に散歩しました
小さな草が生え始めて、桜の枝には蕾の膨らみがありました

鴨の子どもたちがたくさんいて、
バッと音をさせて急に羽ばたいたり
水面滑走してみたり、かわいかった

途中しあわせな気持ちで歩いていたら
ふっと頭に浮かんだことがあって
このブログに書いたことから、
頭の中で刺激されたイメージが連なって
まるで、外側からこちらに向かってきたような・・

変てこな妄想たち↓

人間は言葉を持ったけど
言葉を持たない動物は、言葉からこぼれ落ちた思いが
存在化したようなものなのではないだろうか?
動物の思いが下等なものだとは思えない
そうではなくて、あるひとつの思いに
純粋に身をささげた姿なのではないかしら?
人間は、色々なものをバランスよく拾い上げ、
切り捨てて、今の存在になったのではないだろうか・・

とんでもない犯罪を犯してしまう人は
人間社会の文脈からはみ出してしまう
法律で、はみ出した存在として整理されるときには
裁判で色々なことが言われても、その人の物語の
一番初めから話が始められるのではない気がする
やったことに対して、きちんと罰せられて責任を取らなければならない
それはもちろんだけど
犯罪者は、どうして人間社会の脈絡からはみ出すようなことになったのだろう
厳密に見て、どこの部分がはみ出してしまったのだろう?
それがわからないまま、事件が終わってしまうことはないのだろうか?
その人は、自分のはみ出したところを自覚できるのだろうか?
その人の中で、その部分は独立した存在のように暴走して、
自分の力だけでは止められないものだったとか?

もともといがみ合っていた職場で
はじめにそれぞれが持っていた色々な思いは
言葉にならないくらい純粋な、何かしらの思いだったとか?
純粋培養の、愛だったかもしれないし、憎しみとか
妬みだったかもしれない
それが話し合いでちゃんと、仕事に沿って
必要なものへと整理されたのだが
そのときに、はじめあった思いは
いいものも悪いものも、過剰なものは捨てられて
規格品になった気がする

切り捨てられた思いの部分はどこに行くのだろうと思う

それが独立して一人歩きして
どこかで生き物のように動き出して
だれかを犯罪に走らせるとか・・?

太陽の光に照らされなかった部分は
月あかりの世界で生きはじめて
夢の中からこっそりと
人の中に入り込むのかもしれない・・??

な~んて、妄想していたら
あっという間に家についてしまった

久しぶりの運動で(歩いただけ
脳の変なところまで、血流が良くなったのかもしれません




関連記事

Comment

おさんぽ
編集
hasutamaさん、こんにちは^^

ちょっと体調を崩して、コメント出来ませんでした。

ゲーテの色彩論も学びましたけど、メタモルフォーゼ
などは生命誕生から想像しても楽しい世界です。
色相環も視覚科学とは違い、独特ですね。また
勉強してみようかな。

「おさんぽ」は、血流がよくなるからなのか、思考
することにはいいようですね。外界の環境から感じ
たものが、勝手に脳の中で言葉が歩き始めたり、
哲学者はおさんぽ好きが多いのでしょう。
ただ「初めに言葉ありき」というものの、言葉が世界
をつくり、同時に隔ててきたとも言えると思います。
他国の支配は、同化政策をする前に「言葉」で差別
用語を新たに作り出し利用してきましたから。
自分たちが優位に立つために、言葉で階級を表し
侮蔑する道具にしてきました。あ~あ、人間て言葉
に弱いんだな・・・と思ったのは若い頃でした。

今は、言葉で共同体を的確に表現できないか考え
ていますが、犯罪を生み出しにくい共同体って存在
するのだけれど、現代のキーワードは新たな共同体
の概念が必要だと感じていますので、僕も妄想も
含めて言葉を見つけていますが、やっぱり「お散歩」
しないと出てこないのかなぁ~^^;
2011年01月31日(Mon) 11:02
はなさかすー様
編集
いつもありがとうございます!

本当に寒い毎日ですねi-182
ゲーテのイタリア紀行を読むのにも、彼がどれだけ暖かい土地の陽気さに憧れているかを、今の季節なら理解しやすいです

近頃思っていたのは、これ、比較するようなことでもないのですけど、シュタイナーよりもゲーテのほうが偉大なのではないかしら?と・・やっぱり、アーティストは全てのものを生き生きとさせてくれる魔法使いのような気がします 宗教とか、思想とか、心理学とかも、アートにはかなわない!と思います
上手く説明できませんがi-201

言葉が何かを打ち立てると同時に、切り捨てる・・ 私は言葉に頼りがちなので言葉の暴力性には、今より注意深くなりたいですし、より包括的にものごとを把握することを考えてみたいです

共同体の概念・・難しそう!昔、社会の「社」を調べたら、全体の信奉する何かを祭る場所のことだったような・・それが概念ということになりますね?ブータンの幸福度指数でしったけ?あれはすごくいい考えだと思いました 私は、犬と散歩する時間がとても幸せ度高いのですが・・いろいろな種類の幸せがありますよね 効率とか経済だけでは計れないところでいろいろな発見をしたいです 受動的な幸福を買うのは面白くないですよね 

なんか話がそれてしまいました!花坂のようなところでは、自然がいつも見守ってくれていて、耳を澄ましたら、何か教えてくれそうですねi-190 
2011年01月31日(Mon) 22:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。