認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 年越しTOP認識のさんぽ ≫ 年越し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

年越し

一年の終わりに・・

振り返ってみると、今年ブログから得させていただいたものは
びっくりするほど大きいです

共感することもあったし、反感を持つこともありましたが
その両方から、見えてきたのは
自己中のようですが・・やっぱり自分自身だったと思います

そうして何かがはっきりすると
視点を、その前よりも深く広く持つことが出来る

なんだかアメーバみたいな・・意識の軟体動物?原始生物?
そいつをもっと成長させて、ちゃんとしたものに出来るかな?
人間の姿にしてあげられるか?

シュタイナー風に言うならば
私のアメーバみたいなアストラル体ちゃんを
よく見守ったりあやしたりしながら
しっかりとした霊人君へと成長させられるかしら?

こう書いてみるだけで、イメージは新たになり、変化していきます
それはただの空想ではなくて、実生活に現実の変化をもたらすものです
というより、その関係性の中でこそ
本来の現実を生きることが出来るのです

・・と、言い切ってみる

ところで

年を越す・・ある区切りを、静かに通り抜けることを
神聖な気持ちで、厳粛に行う意味は何だろう?

そもそも、時の、その区切りの仕切り板を立てて
数字を刻むことの意味は?

それはきっと、メトロノームのようなもので
宇宙のリズムを自覚して
その中で生きていることをちゃんと感じて

でもそれは、たとえば肉体の心臓のリズムも、
そこに参加しているのだろうけど
肉体を含めた、条件として外側からそう区切られるだけではなくて
自分の存在の、その内面、精神や、意識においても
その生成を、リズムを、宇宙に感じてみるとしたら
それはどういうことなのだろう?

その時、芽生える気持ちは・・
新しい年の円環運動に、その一員としての自覚、喜び、責任を持って
謙虚に、美しく参加できるといいな・・と

この時、外側から与えられるものとの違いは
強制されることではなくて、自分の気持ちから
能動的にそう思う・・ということで

このことには、大きな意味があるのかもしれない
この円環運動を、ただの機械的な円環としないものは
その円環の中心に、縦軸として、次元を付け加えるもの
神、信、心としての意識、霊を
自覚的に持つことなのではないだろうか?

古来、新年を迎えるにあたって、日本の人たちが感じてきた思いを
自分という個人の思いとして、ちゃんと重ね合わせることが出来るような気分
あ~~これって、歳なのかしら
そうではなく、神秘学修行のおかげということにしておきましょ

これ我ながら、なかなか良い年の締め方

この一年、ブログを通じて出会えた皆様に
神秘学修行、日々の生活ともに
たくさんの気づきやエネルギーをいただき
心からの感謝を申し上げます
来年も、ぜひ宜しくお願いいたします

皆様良いお年を~
  


関連記事

Comment

よいお年を!
編集
hasutamaさん、こんにちは^^

ahava@房さんは、どうしたのかしら。ちょっと心配
です。僕が水を差してしまったのかな。一緒に論じ
合いたかったのに・・・・・。

シュタイナー神秘学徒さんとして、まだお付き合い
は短いのですけど、とてもよい刺激と、思考鍛錬の
楽しい時間を過ごさせて頂きました。また、来年も
楽しみにしております。神秘学徒10級くらいには
なりたいな、と思っています。

世界中のアストラル体が、光の波動を放って、
様々な色で発光する虹が懸かりますように。
円環運動が、実生活の小さな選択と同調する
人間社会になりますように。
成長する子どもたちすべてが、霊の自覚をなる
べく早く持てますように。

今年はありがとうございました。
よいお年をお迎えくださいませ^^
2010年12月31日(Fri) 14:14
はなさかすー様
編集
こちらこそ、ありがとうございましたi-203

はなさかすー様のブログのリンクからも
素敵な方々のところにお邪魔して
楽しませていただいています

ちょっと、現実の世界での色々なことが
苦手な私ですが、このブログの世界で、皆様から実生活への勇気や励ましをいただいている気がします

きっと、祈りと現実はお互いに作用しあって、明日を産み出していくものi-189
心の芯に、信を強く持っていたいです
その力が、私たちをワープさせていく・・
って、楽観的すぎかしら?
そうですね、小さな選択のなかに、祈りが生かされていくのでしょうね

房さんは大丈夫ですよ♪
またきっと近々セッションできるのでは?
知性とパッションを兼ね備えた皆様においでいただき、身に余る光栄・・なような、恥ずかしくなってしまうような

ぜひ、来年も宜しくお願いいたします
2010年12月31日(Fri) 16:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。