認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 海女さんになる、私の物語をみつけるTOP未分類 ≫ 海女さんになる、私の物語をみつける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

海女さんになる、私の物語をみつける

あーもうすぐ年末です

最近見た夢で面白かったのは
海の表面に、左目がついていて
波間にただよいつつ、何か見ようとしているようだった
しかし、何か生気の感じられない目で

あの目つきは、生きながら死んでるみたいでこわかった
あれは、スーパーで売られている魚の目のようだった
まぶたなんか固まっていて、あんな濁った水晶体の中から
何かを見ようとするなんて・・

わー!って思いながら起きたら、
部屋の中を見ている目の中に、
まだ、その漂っている目がこっちを見ている映像がしっかり残っていた

いつも素敵なアイデアをくれる友人に
「それどういうことだろ?その目の体はどこにいっちゃったのかな?」と聞いてみたら
「体が海に溶け込んでしまったことは明白ね」
「そーか、体は海なのかな?人体も塩水だしね」

その後また別の友人が
私のおすすめの、シュタイナーの「メルヘン論」を読んでくれて
「どうだった?」と聞いてみたら
「意味不明で字面を読んだだけだった。ただ、印象に残ったのはね、
 最後の訳者のあとがきで、メルヘンという言葉は
ドイツ語では‘小さな海’という意味だと書いてあったことね」って

それで、自分の中に生まれたイメージは
やっぱり人間は海なのではないか?というもので
なぜ海の外に向かう目が、魚の死んだ目みたいだったのかと考えると
そんな、外を見てみたいのもわかるけど・・
だいたいが、自分の大きな海の体、どうするんだよ!
外に向かってしか目がついていなくて
自分の中は、でっかいのに全然見えないじゃない?ってこと

自分という海
そこから泡のように生まれてくる物語は、小さな海

なんか、かわいいでしょう?

海の中にもぐって
物語を見つけてみる

うーむ、我ながらなかなかいい線行っている
(ん?夢と友人の話をくっつけただけ?






関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。