認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 人を見ている自分を見てみるTOP未分類 ≫ 人を見ている自分を見てみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

人を見ている自分を見てみる

書くことが思い浮かばない
でも何か書かないと
ブログ上存在しなくなってしまふ~

えーっと・・
ではちょっと気になることを、言葉にしてみよう

「想念や、観念には、実質意味が無いのか?」
 について

意味といっても、どんな意味なのか?
言葉上のことだけではなく
現実の、物質の世界で、効力があるのか?

例えば、私は信仰を持っていないのだが
聖書で有名な言葉で
誰かに憎しみを抱いたら
その人を石でぶっているのとおんなじ
というのがある(あってる?)

そのことをどのぐらい本当だと思うか?

これは、教訓的な意味で言って、人をおどかしているというより
実際にそうだとしたら、どうなのだろうか?

心で思うだけで
人のことを、石でたたくことが出来るのなら
すごいのではないだろうか?
手を下さずに人に危害を加える
それ、超能力でしょー!

だったら実際に人をなぐって
警察に捕まるなんてまぬけで
こっそりと憎んでおけばいいの

そーゆー能力が、想念にあると思うのは
ばかげた、おめでたい発想で
また怠惰でもあり
たとえば会社で
言ったとしたら、社会人として
常識を疑われてしまう

しかし
自称神秘学徒としては
そこのところ、ポイントで
現代に常識と思われている考えを
とらない立場で
(・・つまり想念で人がたたける的な)
その可能性のなかで
この現実を再認識してみることが
テーマとしてあるのだと思う

「いかにして、そんなにおめでたい考えを持つに至ったか」
ブログ内に、以前書いたこともあったっけ・・

そんな価値観で自分が存在していて
その感覚で、あれこれ感じている自分自身が
他の方の記事を読ませていただくことによって
逆にはっきり見えてくる気がする
でもそれ常識的にはアホでしょ?って・・
そんなこと最近感じていましたよ





関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年11月26日(Fri) 22:53
ありがとうございます♪
編集
真剣に考えてくださり、そして言葉を尽くしてくださり
「ありがとう」という、この言葉のまったき意味において
(これシュタイナーの口癖ですi-179
ほんとにありがとーです

憎しみについてですが
私の実感としては・・これ言うとなんか変な気がするんですが
(まるで自分がそういう力を持ってでもいるような?)
自分自身の憎しみが、まじこわ~いi-282と感じたことがあって
でもこのとき自分では、憎んでいることにほとんど気がついていなかったのですよね
どちらかといえば、逆に仲良し♪なつもりでいたし
自分って無垢な親切な人・・ぐらいな感じで

でも、ある怖い出来事があってから、なにかすごく気になって
それからよーく考えたら、自分のなかに、すごく奥のほうに
すごくでっかい憎しみがあるi-204って気がついて、ぎゃー!!と思いました
ほんと、石をぶつける以上にひどい出来事で・・

それ以来思っているのは、何にせよ自分で気がついていない思いのほうが
より力を持つのではないか?ということで
でも、私は人に憎しみをまったく持たないほどにいい人間では全然ないので
反対に、自分のなかにある憎しみに気付いて、
時には、その気持ちを口に出すほうがましなのではないか?
と、思うようになりました
それに、いったいどうしたら、無意識の領域まで自分を掌握できるのだろ?と思ったり

とは言え、こんなの全て妄想だということも出来ます
そのほうが全然普通の発想です
でももし妄想でないなら
私は実質、極悪人ですよ~i-247
情けない話で・・なんかごめんなさいですi-230












2010年11月26日(Fri) 23:50
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年11月27日(Sat) 11:29
ありがとうございます!
編集
いつも丁寧に考えてくださり、有難うございますi-239

あらためて内観、瞑想、という言葉についての自分のスタンスを見てみると、そこのところ、けっこう面白いところだなーと思いました

同じように精神的、霊的なことに興味を持っている場合でも、そのあたりのとらえ方は少し幅があるのかもしれないですね

自分はどうなの?って考えると、う~んとえ~っと・・一言で言い切れないですi-201

いわゆる瞑想や内観と一般に思われているものがどういうものなのかが分かりませんが、そのことについて直接興味を持ったことは、恥ずかしながら無いといっていいかもしれませんi-229

でも広い意味で考えると、シュタイナーの言っている「認識の小道」というものを歩むことや、神秘学徒修行などというものも、実際にはその全体が内観、瞑想的なものと言える気もします

ほんと言葉って難しいですが、あらためて見つめてみるとたくさんの発見があるものですねi-185



2010年11月28日(Sun) 15:02
告白。
編集
hasutamaさ~ん

大好きだよ~v-433
2010年11月29日(Mon) 03:43
きゃ~ん♪
編集
e-328e-465e-266
2010年11月29日(Mon) 17:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。