認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 目標をたててみるTOP未分類 ≫ 目標をたててみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

目標をたててみる

目的とか、成功とか
私にとって、それは何だろう?
そんなことを、このところ考えていた

なぜそのことを考えたかというと
目的、成功に向かっている人がいて
その人と時間をともに過ごしたところ
私にとっては
その時間が
目的であり、成功であり
夢の実現であり
幸福である
とまで言っては大げさかもしれないが
突き詰めればそうだと、思った
でも、
その人にとっては
その時間が、ある目標に向かっての
過程であり
手段であるということが
はっきりと感じられたので
ちょっと頭がクラクラとし
まるでそれが自分に対する暴力でもあるかのように
もちろんこれもすごく大げさな言い方だけど
そんなことを思った
もし私がすごく幸せな瞬間が
いっしょにいる人にとって
くだらないものなら?
いったい、何が足りないというのだろう?
このことを考えてみたかったのだ
その時間のことを
なんと思おうと、それはその人の自由だ
高い目標というものは
目の前のものの価値を低くするのだろうか?

気がついたのは、自分にはとくに目標とか理想が見当たらない
いろいろなことはおっくうで
家で、でろーんとしていられればいいのかもしれない

そうだもっとまったきデローンてものを追求してみよう
もっとその場に流れ出して漂い、染み入ることを目標とする
何かをしないことを目指してみる
小さなことが大事件
愛犬が、寝息を立てているよ!!と
すごくびっくりしてみる
その神秘学的な意味が
流れてこないかと息を潜めてみる
・・とか・・?

関連記事

Comment

高い。低い。
編集
こんにちは~(^^♪

>高い目標というものは
>目の前のものの価値を低くするのだろうか?

どうなのでしょうね。
う~ん、私はそんなことないような気がしますかねe-420

高い目標、それが霊にとっても善き目標ならなおさら・・・ですかね。
頑張って進もうとしている人がキラキラして観えるのは、霊が力をたくさん届けているからなんだろうなぁって、キラキラしている人を見かけるたびに、そんなことを感じている私です。

ちょっとズレたことを書いているかも?知れませんね(^_^;)

またうかがいまぁ~す。
いつもありがとうございます(^^♪
2010年11月19日(Fri) 14:56
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年11月19日(Fri) 18:12
房さん♪
編集
房さん、ありがとうございます!
日増しに気温が低くなりますが、お元気ですか?

このところ多様性に凝っているので
高き善きということの方向性が、もし多様だとしたら
どうなるんだろう?って興味があります
キラキラもいろんなキラキラ・・?

霊界とこの世では、すべてがさかさまだと何かで読んだ気もします

どうさかさまなのかとか・・

小さきものほど大きく、大きなものほど小さい・・みたいな?

そんななぞなぞのこと、ぼんやり考えてi-239

それこそ、そんなことこそ、実質価値が無いことの見本かもです~i-229
2010年11月19日(Fri) 18:33
No title
編集
高い目標というものは
目の前のものの価値を低くするのだろうか?
私も読んで考えさせられました。考えてみると今まで目にしたことがないのが不思議なくらいな言葉です。
2010年11月19日(Fri) 22:34
はじめまして♪
編集
コメントいただき、とても嬉しいです!

こんな、あまり深く考えないで記事を書いてしまって
それなのに、いっぱいのお心遣いの感じられる
とても言葉をつくしてくださったコメントをいただいて
めちゃくちゃ恐縮です~

読ませていただいて、いろいろ感じることがありました
でも一言で書ける自信が無くて・・

ひとつ、すぐに思いつくのは
「多元的な世界」みたいなもので
前後、上下、とか、その軸がぐにゃぐにゃ曲がって
前に行っていたはずなのに
気がつくと後ろの場所にいたとか
メビウスの輪のように
表と裏が結びついたり
二つの点に、同時に存在してみるとか
そういうことも、もしかしたら自由なのではないか?みたいな・・
可能性は無限なのか、それとも方角があるのかな?って

何か、はぐらかしているみたいでごめんなさい!

たしかに、隣人を愛す、その愛し方は
自分を愛すのと同じようにという、前の句があるって聞いたことがあります
何が難しいって、自分のことを愛すほど難しいこともないですね
私は、どのように自分を愛せばいいのか、また隣人を愛せるのかわかりません

いろいろなことを感じたり考えたりしながら
愛を受け入れること、愛の謎を解くことが
人生なのでしょうかね

よかったら、ぜひまた遊びに来てくださいね


2010年11月19日(Fri) 23:09
パパイヤ様
編集
わー憧れのパパイヤ様!

またそんなお上手なお言葉・・i-232

また冬を迎えますが、あのパパイアたちは元気ですか?
でも農園を借りられたから、今はもうたくさんの植物を育てていらっしゃるのでしょうね
私は植物の不思議さ、それこそ「多様性」を見るにつけ、それぞれの子達の個性や頑張りに厳粛な気分がしてきます
今日も新しい仲間を買ってきたので、明日植えてみようと思います

・・て、いただいたコメントと、関係なくてごめんなさい

もう一度よく考えてみると、今は微細なことの価値に興味があるので、それを擁護しようとしているのですが、以前には、そういうことをひどく馬鹿にして踏みにじっていた自分だったと思い出しました

 でもそれはそれで生命力というか、人生に勢いのあるときには、そんなふうで、近頃は年をとってしまって、生命力が衰え小さいことに過敏になって、「若いもんは乱暴じゃ」と言っているだけだったりするのかもですi-229









2010年11月19日(Fri) 23:51
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年11月20日(Sat) 00:07
こ、こちらこそですよ~
編集
ん?こちらこそ、すみませぬi-58←まぬけな私

きっと、ぼけてるお返事で・・

何も無理していませんし、楽しく自分勝手に書いているのですよ♪
その分、気遣いにかけている私かもしれませんから、どうかお許し下さいませ

シュタイナーは、自慢じゃありませんがたいへん怪しい世界ですi-201

でももしよかったら、気が向いたときにはコメント下さると嬉しいですよ
ぜひぜひ、気にされずにお願いいたしますi-80

2010年11月20日(Sat) 00:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。