認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 光の柱って何?TOP未分類 ≫ 光の柱って何?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

光の柱って何?

昨日は歌のレッスンだった


レッスンの時には

先生ご自身もいっぱい声を出してくださる

その時に

先生の声の音が

急に、ある独立した存在として

一音ごとに「そこに在る」ということが感じられびっくりした

ファならファ

レならレ

その一音一音が

先生が発声するごとに

透明な空気のパイプみたいに

薄い色合いを伴って

音の柱として立っていたので

先生が話すことも上の空で

うっとりしてしまったのだった



レッスンが終わってから

「先生、私が言うのも変ですが

今日の先生の声は

音が一音ごとクリアに存在してる感じしました~」

って、言ってみた

すると、先生は

「最近、伴奏の方からも言われたところなの

音が変わったわね!って」

クリアな音は、空気と光の柱のようなものなのか・・

宇宙に存在する

惑星の精神を表現するファ音と

先生は

一続きなものになっていたのではないか?

あの柱の先をたどれば

火星とか水星に行き着くのではないか??

じゃ、たとえばクリアな思考は?

クリアな感情や意志は?

それは存在し、天につながる垂直な柱なのか??

これちょっと自分の価値観をくつがえす、というか

世界観を変革させる?

ぐらいな

それでいて

気のせいかもしれないような

微細なことでしかなく

だからこの印象を自分の中で大事にしてみたいと

思っています









関連記事

Comment

No title
編集
素敵な体験をされたのですね~♪
私も読みながら、ふへぇ~って感じになってしまいあした!(^^)!


>これちょっと自分の価値観をくつがえす、というか
>世界観を変革させる?
>ぐらいな
>それでいて
>気のせいかもしれないような
>微細なことでしかなく
>だからこの印象を自分の中で大事にしてみたいと
>思っています

ここのところが、あぁそうだよな~と感じ入ってしまいました。
微細であるようにも感じるけれど、とってもキラキラしていたりする・・・。

大切にされたら、どんな花が咲くのかなぁ?なんて想像してしまいました!

とても素敵な記事をありがとうございます!
2010年11月11日(Thu) 14:19
ありがとうございます♪
編集
いや~
実際、気のせいだと思うんですよね

でも、房さんに励まされて
気のせいの種を植えてみま~す!









2010年11月11日(Thu) 23:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。