認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 空間と時間以上のものになる!TOP未分類 ≫ 空間と時間以上のものになる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

空間と時間以上のものになる!

Lafcadio_hearn.jpg←かつて、人間であったときのハーン氏
hasutama note
「異国風物と回想」におさめられている「月が欲しい」より
 
「少年の頃、草原に仰向けに寝転び、夏の青空を見つめながら、自分があのなかにとけこんで青空の一部になれたらなぁと考えたことを今でも覚えている。・・・ほどなく私の想像力はふくらみ、私は大空を駆け巡りたいと思うだけでなく、その一部になりたいと思うようになった。・・
 当時私は、ある大きな真理に近いところにいて・・(省略)・・それに触れさえしていたのである。・・
 ここで言う真理とは、なりたいと望む願望のことであり、この願望はその大きさに比例して合理的なのである。換言すれば、なりたいと望めば望むほどその人間は賢明になる。・・・
 この小さな地球上で十等級の黄色い太陽に照らされている間は、おそらく我々が神になる時間は無い。しかし、我々の人間の願望が、より巨大な太陽に照らし出された地球とは別の世界へ投影され、そこで再生して、人間に神の姿と力を与えることが無いと誰が断言できるだろうか?・・・
 人生の悲哀の大部分は、明らかに間違った願望と卑小な願望に起因する。絶対的支配と全地球の所有を願う願望ですら、卑小でつまらぬ願望だった。・・
われわれは、そんなものよりはるかに大きな願望を抱くことを学ばねばならない。
 私の信念はこうである。人間であるなら、何千億という世界を持った宇宙全体になりたいと望まねばならない。否、宇宙以上のもの、百万の宇宙以上のもの、さらに言えば<時間>と<空間>以上のもの、になりたいと望まねばならない。」

ハーンの著作からnoteしていたのをさがしてみたら、そう!これこれ!
最近∞(無限大)に興味を持って、宇宙を旅できるのは質量0の人間の意識なのではないか?とか・・科学知識「0」のまま空想に突入していたら、この文章のこと思い出しました
はじめてこれを読んだときはしばらく呆然としてしまった・・
改めて読んでみて新たに感動~・・そうか人間の意識は無限大なんだ・・試しにでもいいからそう望んでみよう!(単純そのものだって望むのはタダだし~)
そう思いながら娘を駅まで送って行ったら、外の景色がまるで自分の一部なような不思議な感じが・・こんな感じかな~?シュタイナーが言っていたのは??せめてそのヒントにはなるかも?(※自然界の本質は、その世界の内側に入り込んで知ることが出来るとシュタイナーは言っています)

「ハーーーン!」って空に叫んでみたい・・・ハーンは必ず答えてくれる!
だって少なくとも今、「空全体」はハーンの「一部」になっているに違いないです♪
関連記事

Comment

ハーンの文章・・・
編集
不思議な世界だね!ここのブログで、色とりどりのカラーが見える。
2009年10月18日(Sun) 12:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。