認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 霊界の入り口はどこ?TOP未分類 ≫ 霊界の入り口はどこ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

霊界の入り口はどこ?

(注)以下、すべて空想レベルの話

思考は、一般的には一人の人間の頭の中だけで行われていると思われています
ですが、もし、霊というものが「ある働き」だと仮定するなら
それは、一般的に思われているところの「ある概念」と、一致する

概念は、現実世界に物質的な体を持っているわけではないけれど
ある概念から、いろいろなものが物質として存在する潜在性を持っています

概念というのは、霊なのではないか?私はそう感じています
霊の中でも、言い方は雑ですが高次な概念であれば、天使とか、神だったりする
それがもし感情であれば、たとえば動物とか,植物とか・・?

これは概念が先にあったので、それに対応するものがあるのであって
先に動物がいたわけではない・・みたいなもので
ある思考存在がいるから、ある概念が人間に浮かぶ・・とか
(思考存在くん、これ考えると不思議で楽しいです・・)

だから、言葉は、存在を概念化するものなので、霊の働きであるといえる
思考というのは言葉によって概念の世界に分け入ることなので
そのことですでに、ある程度霊的な世界に意識を持って分け入っていると言えるように思います

自分が、どんな言葉を使い、どんな概念に結びつくかというのは
どのような霊的存在と一体になるのかということでもある

私というものが無いなら、思考することは出来ないので、
霊の世界にそもそも入れないのではないでしょうか

あっと、そうではなくて・・人はどんなときも霊の世界の中に住んでいるのですが
自覚が無いときには、闇雲にいろいろな概念を抱き、いろいろな好んでもいない霊とつながってしまう

でも、そこに光を照らし、自分の心の中をのぞけば、おのずと自己チェック入りますので
なんでこいつがいるんだ!と、変な奴は追い出せるという・・

そして、もし思考そのものが霊的な世界への一歩だと知り
それから、霊的な世界の実在、またそこでの存在に出会ったなら
おのずと、自分というものも、変化せざるをえないのではないかと思います

その可能性に気がつかないうちは、
言葉が、いかに人間を導いてくれる働きを持つ「ある存在」であるかということも信頼できないですが、
いったん、少しでも気がつくと、どうしたって、すごいな~有難いな~ということになりそうです

そんなわけでシュタイナーは思考を重視するのではないかと思っています
自分なりな解釈・・というか、経験??と言えるのかどうかわかりませんが・・


ほんと、変な想像で・・何か、このイメージが、意味のあるものならいいのですが・・
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。