認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 阿蘇びに行きたいTOP未分類 ≫ 阿蘇びに行きたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

阿蘇びに行きたい

昨日、阿蘇でお世話になった方たちへ、電話をかけてみた
自分の住んでいるところで唯一採れる果物である梨を
送らせていただいたことの連絡とお礼と・・

そうしたらまたまた、素敵なあたたかい言葉の数々をいただいて
すごくジ~ンときてしまった

あそ~と叫びたい
そのあとには
あそぼうよ~
と続けようかな・・
DSC00163_convert_20100818160220.jpg
↑駅舎カフェ 久永屋さんから見える風景

なぜ、阿蘇では、心があったまるのか?
なぜ心の熱が、阿蘇から流れてくるのか?

阿蘇に行ってから、私は変わったと思う
あんなに好きだったコーヒーを飲みたくない
これは相当重大な変化だ!

「阿蘇があなたを呼んだのよ」
「阿蘇には、地表近くにマグマが流れているから、その『気』の影響があるのよ」
と、素敵な方に言っていただいたら
普段はエネルギースポットとか、バカにする私ですが
すっかりその気になってしまった

熱ということをテーマにしていたので・・地熱が呼んでくれたのしら?
阿蘇の、地下を流れるマグマは
それは、地球のハートから運ばれる血液なのだろうか?

ガイアのハートエナジーでアセンショ~ン♪みたいな?
ちょっと神秘学徒とは毛色が違う気がしますけど・・

いったい阿蘇の何が、こんなに私は大好きなのだろう?と思います
土地に対してこんなふうに感じたことは無く

ほんとうに、今すぐにでも阿蘇に暮らし、阿蘇の空気を吸い
阿蘇の水を飲み、産物を食したいです!

熊本を含めた数県は
その実態はよくわからないのですが「えほんのくに」でもあるらしく
その「国」の図書館は有志による文庫なようです

阿蘇で「マグマ文庫」でも開こうかしら?
シュタイナーの本もいっぱい並べて・・

あ~憧れます!


DSC00170_convert_20100818164922.jpg
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。