認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 想念ケーキでteaするTOP未分類 ≫ 想念ケーキでteaする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

想念ケーキでteaする

今の自分の快・不快を丁寧にみてみようと思いついた

というのも、日常の「がっかり」が積み重なって

知らない間にかなりな量となり

パソコンの動作が遅くなってしまうみたいな

たまに情報を整理してみないと

どう動いていいのかわからなくなって

freezeしてしまいがちだからだ

「がっかり」というのは、何か「こうあってほしい」

自分の方向性を教えてくれそうなものだ

どうあってほしいから、自分はがっかりするのか

快についても、では自分はなぜそれを気持ちよく思うのか

そこに自分でも気がついていない

自分の「意志」が見つかって

その発見はきっと、意外な、面白いものではないかと思う

そのあたりを静かに楽しく

丁寧に、香りのよい紅茶を入れて

木の実や、ラム酒に漬けたドライフルーツたっぷりの

しっとりしたパウンドケーキでも切り分けるように

この「がっかり」や「いい気分」の混ざり合った想念の固まりを

お皿にのせてみるイメージで・・









関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。