認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ たまにはそうじだワン♪TOP未分類 ≫ たまにはそうじだワン♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

たまにはそうじだワン♪

日記的なこと書いてみようかと思います

気持ちが何となく焦っています

何をやらなければならないのか?

きっとあるのですけど

はっきりとしてこないので

もやもやとしているところから

つかんでこなくては~~!と

じたばたします

(これは神秘学的な時限の話)

シュタイナーの本に書かれていることにしても

ほとんどわけがわからないので

こうかな?ああかな?的な

妄想が膨らんだところだけ

少し自分の中に取り込めた気がしてくる・・

そして一人合点している

というだけのことです

妄想遊び的な・・

でもそれにもかかわらず、

なぜかすごく面白いので

なぜ面白いのでしょう??

それでけっこう真剣に遊んでいます

ヘッセの本に「ガラス玉演戯」??とかいうのあったな

読んでいないけど

どんな話なのだろう?

ガラス玉遊戯の達人が出てくる?

これは超高度に精神的な遊戯であり

この遊戯で達人の域に達したものには

名誉ある称号が与えられる・・

みたいなの、面白そ!

そばに横たわる犬が呆れている気がする・・

部屋は本が散乱・・庭の草も木も伸び放題!

魔女の家っぽくていいような気もするけど?

たまには掃除でもしようかしら・・?




関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。