認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 次は踊りか?TOP音楽 ≫ 次は踊りか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

次は踊りか?

昨日は、ついに歌の発表の日でした~

全体としての感想 ↓

舞台で誰かが何かをする、そのことで

いろいろな人がいろいろに想ったり行動したり失敗したり

その反応や言葉・・とにかくやることなすことの全てが

ステージ人間ドラマを見ているようで、本当に面白かったです

自分が歌うということよりも、それに付随して繰り広げられるたくさんの思い

「歌う」ということだけのために、人間が悲喜こもごもしつつ右往左往する

人って、なんて面白く、そしてかわいい生き物なのでしょう!?

静かに日常生活を送っているときには

人間がこんなにチャーミングな生物だということに気付かなかったな

自分的にテーマとしていた、

・人の想いへの共感=労苦を共にする=ルシフェル君を救済する
 =蛇女さんの相談事への解答=自分自身の自由
 
 (獅子座の瞑想の言葉の実現)

・一見バカバカしいと思われるようなことに激しく集中し、人に向かって公開する

これらが、はからずも、一つのこととして出来るのだという

方向性を見つけることが出来た気もします

人生は楽しい・・何でもやってみよう、人と関わろう

強くそう思うことが出来て

今まで、そういうこと思えるような私ではなかったのですが・・

これから自分、人間として成長してしまうのではないか?

そんな予感です












関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。